« 捨ててきたもの | トップページ | 「長門守の陰謀」 藤沢周平 »

2008年8月18日 (月)

過ぎてしまえば 僅かでも

**武士の一文** 2008/8/17篇

「およそ人の一生は苦しいことばかりだが、なに、過ぎてしまえば僅かでも楽しかったことが思い出される」

乙川優三郎「生きる」文春文庫p83

|

« 捨ててきたもの | トップページ | 「長門守の陰謀」 藤沢周平 »

心に沁みる「武士の一文」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/42199727

この記事へのトラックバック一覧です: 過ぎてしまえば 僅かでも:

« 捨ててきたもの | トップページ | 「長門守の陰謀」 藤沢周平 »