« 「画家と庭師とカンパーニュ」 | トップページ | 気分は既に オ・キ・ナ・ワ okinawa »

2008年9月 4日 (木)

何を幸せに思うかは、

**武士の一文** 2008/9/3篇

「人にはそれぞれの生き方がございます。わたくしが家を出たのも、父が保身にこだわるのも、人それぞれに物事の値打ちが異なるからにほかなりません。何を幸せに思うかは、その人の目指すもの次第でございましょう」

「目指すもの・・・・」

何かを目指したことがあるとすれば、それは遠いむかしのことである。

乙川優三郎「屋烏」内「竹の春」p106 講談社文庫

|

« 「画家と庭師とカンパーニュ」 | トップページ | 気分は既に オ・キ・ナ・ワ okinawa »

心に沁みる「武士の一文」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/42373573

この記事へのトラックバック一覧です: 何を幸せに思うかは、:

« 「画家と庭師とカンパーニュ」 | トップページ | 気分は既に オ・キ・ナ・ワ okinawa »