« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月29日 (水)

「どう転んだところで 与えられた人生」

*** 武士の一文 ***2008/10/29 NO.2篇

 

 
これまでの人生が喜びに満ちていたとは言えないものの、いままでの自分を不幸だとも思わない。

さきのことを案じはじめたら切がないのは若いころも同じで、上を見ても下を見ても切がないものだ。

どう転んだところで終わることに変わりない人生の、終わり方を案じてもはじまらないし、安らかな死を求めて怯えるくらいなら、与えられた人生を楽しく生きたほうがいい

乙川優三郎 著「夜の小紋」内、“虚舟”p100 講談社文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「じたばたしても はじまらぬ」

***  武士の一文 ****   2008/10/29篇

「じたばたしたところで 物事はなるようにしかならんさ」

 「屋烏」乙川優三郎著  講談社文庫 内 「禿松」 p30 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ミステリー“北京”行き 前夜の大大一揆!」

今年の「夏休み」、会社no.2が急遽海外出張となった。

その際、それがしが代役となり、夏休み前日

予定を全てキャンセルし、その業務にあたった。

その経緯もあって、「2ヶ月遅れの夏休み!」を会社に公言していた。

それがです、お奉行様

なんと!その前夜、その前夜ですぞ!?

起こったのでござる。天下分け目の「大大一揆」!

敵が大群をなして攻めてきたのでござる

それがし、一瞬 正直揺れたでござるthink

「北京」airplaneか、「城」riceball

しかし、

悲しいかな   

それがし 薄禄を食めど「一侍」

下級なれども 武士は 武士!

名刀を振るわぬまま 致死するわけにはいかぬdash

しかも、それがし

剣では知れたrock流 師範免許取りでござる。

さらなれば、

いくら北京行きの「航空チケット」が、目の前をちらつこうとも

「万里の長城」が ちらつこうとも

ラストエンペラーの「故宮」が ちらつこうとも

この大小両刃を振るわねばなるまい。

これぞ、武士道、侍魂 大全開!

「精神一到(一刀)何事かならざらん」

とばかりに

24(金)から4日間(土、日、月)

昼夜

来るもの来るもの、斬っては斬られ、斬っては斬られ

最後は3本の剣を振り回し、もー、身も袴も ズタズタhospital

但し、どうにか一命はとりとめ 這いずりながら無事帰宅

しかし、こんなことがまたこの身に降ろうとは・・・・

決戦のま朝まで、航空チケットがチラつき、

背に括る 風呂敷荷が 拙宅前に今が遅しと待っている

それを押して、刀を差して登城

殿は、この精神の戦いをご存知か???

そんなこんなの「大大一揆」

結果は、 大砲一発ドーン!

城跡だけ?残ったのは?

しかし、

「武士の魂 ここに未だ健在!」を、自ら知ったこの4日間

武士は潔く 神妙に、切腹?? 

あ・・・・・・痛たたた・・・

駄目だこりゃ!

修行が足りんのーweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

「これぞまさしく ミステリー」

ただ今、 10/26()am130

それがし、eyeeye

10/2410/27「海外ミステリー・ツアー3泊4日」「北京」。

に居る。

はず・・・・。

?????????????

ところが、どっこい。

in JAPAN    eye   eye   crying  !!!!!!!!!!!!

これぞまさしく、

ミス テリー weep punch bomb

しかし、

「人生いろいろ」

やたら

 ながく

生きているわけでもないなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

「だから大好き BIC カメラ」

Photo 自室に音楽を聴けるハードが欲しかった。
リビングには、確かにいい音で聴けるオーディオも大きなスピーカーもある。
しかし、一番長く居るこの部屋には何もない。落ち着かない。


そうこうしているうち、安くていいものがあることを教えてもらった。そうか、世の中にはこういうものがあったのだ。私の知識にはこのハードはまったくの皆無であった。

更に、

何と!BIGカメラのポイントがいつの間にか溜まっていた。
何-んだ?いつでも買えたんじゃん????

そうこうして、GETした。念願のCDラジオとやらを。
全然OKじゃん! 部屋が白だから、丁度いいや!

Oh- 何と快適なんだ、この部屋は!?
やっぱ、音楽は最高だ

さて、先ずは、
ベートーベンのピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27の2「月光」
私のお葬式に流す曲と決めているもの、実に落ち着く!
自室はこうでなければならない。

「ハ・ハ・ハ、それがしは実に満足じゃ!」

TY-CDL5-W(ホワイト) CDラジオ

メーカー/型番 TOSHIBA/TY-CDL5-W
金額 4,980円(税込)

サイズ : 325×奥行き68×高さ169mm
重量 : 1500g
音源 : CDCD-R/CD-RWCD-DAフォーマットで記録された音楽ディスク)、AMラジオ(525KHz~1635KHz)、FMステレオ(76MHz~90MHz、アナログTV音声1ch~3chk、外部入力端子に接続した音声機器(LINEIN
操作ボタン・つまみ・スイッチ : ロータリーつまみ/音量調節つまみ・選曲つまみ、スライドスイッチ/ファンクション切換(電源切/CD/ラジオ/外部入力)・バンド切換(AM/FM/FM-ST)、プッシュボタン/再生/一時停止・スッキプ/サーチ・リピート・プログラム・ランダム、ピアノキー/CD蓋開きつまみ
ディスプレイ : 電源入力表示/電源入インジケータ(LED赤)、CD再生表示(液晶2桁、20Hx40L/総曲数(2桁)・再生曲番(2桁)・再生中(プレイマーク)・一時停止(曲番停止(曲番点滅)/プログラム演奏(RANDON)、一曲リピート(REPEAT1)・全曲リピート(PEPEATALL)・選曲リピート(REPEATPROGRA)、読込中(--点滅)・読込めず(Er)・CD無し(1no)・CD蓋開き(--)、ラジオ受信表示/FMステレオ受信インジケータ(LED、緑)・ダイヤル(選曲つまみ周囲印刷)
音響 : スピーカー/76mmフルレンジコーン型(x2、バスレフスピーカーシステム
入出力端子 : 外部入力(LINEIN35ステレオミニジャック、ヘッドホン出力/35ステレオミニジャック
定格 : 実用最大出力/1W1W、総合2W
電源 : AC100V50/60HzDC12V、単2乾電池x8本(別売り)
消費電力 : 11W
電池持続時間 : 東芝アルカリ乾電池使用時、CD再生約20時間、ラジオ受信約50時間
付属品 : 電源コードセット(コード長約18m)取扱説明書(保証書付)

VAIO

くんは即 熱くなるし、部屋でウォークマンは寂しすぎる。
とにかくクラシックを漠然と流しておきたいのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

「夜の小紋」 乙川優三郎

Photo講談社文庫 448円
2007年9月14日第1刷
2000年9月 講談社刊行「芥火」の改題

表題作含める全5篇。
中でもやはり「夜の小紋」がずば抜けている。男の女々しさが非常に良い。共感します。

■「芥火」:
   
“女の強さ、たくましさ”という以外に言いようがない。

       ■ 「夜の小紋」:
「男の未練と女の強さ」とでも言おうか・・・。今も昔も男はだらしがない。そうは言いながら、解からぬではないが・・

        「虚舟」:
老後はこうありたいものです。

        「柴の家」:
武士と陶芸家。地位と名誉を捨てても自我を貫き通す勇気を貴方は持っているか?

        「妖花」:
なんら不安のない生活でも簡単に家庭は壊れるもの。

*お薦め度:★★★☆☆(気軽に読めます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「趣味の歯医者 10月編」

4ヶ月ぶりに歯医者さんへ行きました(ここ2ヶ月はおさぼり)。

いつもの事ながら特別悪いわけではありませんが、何せ「歯磨き」と「歯医者さん」は趣味なもので・・・。でも、4ヶ月もあけると何となく気恥ずかしい。

そこで、

「こんにちはー、ご無沙汰していますー」と受付のお姉さまにご機嫌とって
「お久しぶりですね、お仕事忙しかったですか?」と先生に問われれば、
「いえいえ、超暇でしたー」と笑いを取る。

さて、今回も定期検診30分 ¥3000コース

歯石・歯茎・虫歯のチェック、機械で歯石除去、歯磨き(ブラシをあてる、という専門用語)、表面の汚れ除去、コーティング、歯間ブラシ

終わって一言
「あー、やっぱり気持ちいいなー、歯医者さんは」

何が好きかって、毎度の事ながら、「ブラシあて」。
人に歯を磨いてもらうってのは本当に気持ちが良い。まして相手は若き女性の歯医者さん、やはり磨き方が上手い。痒いところに手が届くって感じ。


さて、今度は12月。クリスマス・プレゼントを持っていこう
え?って思うかもしれませんが、それがし毎回お土産持参ですー。お付き合いは何処でも大切ですから、て言うか、趣味ですから、趣味、歯医者さんは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

「BusinessでGO!沖縄3」

Pa0_0000前日に引き続き土曜も仕事、その後、琉球王家最大の別邸「識名園」を見たまでは 前回「B**でGO! 沖縄2」。

さて、本来なら1泊2日 土曜中に東京へ戻るところだが、ここはサラリーマンの強み、自費延泊で沖縄満喫。てなことで、安いホテルを東京で予約。
前から気になっていたあの全国チェーンの「スーパーホテル」だ。今じゃいたるところにあるってことは悪くはないってこと。
試してみた。シングル、禁煙、朝食バイキング付き ¥5000。以外に悪くない。まして、新しいので綺麗。「ヘー、プライベートで、一人で泊まるならこれで十分じゃん!下手なビジネスホテルより全然ok!」 

さてさて、
今回延泊の2つ目の目的が、「林賢バンドの地元沖縄 カラハーイコンサート」。丁度タイミングよくこの日、土曜の夜。早速netで予約済。P1010020料金¥3500 今年7月の日本青年館大ホールが¥6000でしたから断然安い。しかも2階席の最前列だったので上から全体が見渡せた。1Fは臨場感だが、2Fは構成が観れる。実に満足。

しかし、トークでびっくりしたことだが、来場者のほとんどが初めて林賢バンドのコンサートを観るとのこと。そのわりにはみんなカチャーシーで盛り上がって踊っていたぞ?? 凄いなー 沖縄音楽のパワーは!これじゃ、林賢バンドのファンが増えるわけだ。P1010013

ともあれ、沖縄ミュージック+三線にバンド構成、且つ、エイサーの演舞を組み込んだ、「観せて、聴かせるパフォーマンス」は凄い。
更に、上原知子さんの艶姿もその島唄独特の声も美しく、老若男女、まさに大人から子供まで家族全員が楽しめるライブであった。次回はティンク・ティンクをカラハイで観よう。

 

つづいて、3つ目の延泊目的:「沖縄県立博物館」

日曜の朝から行きました。モノレールのおもろまち駅から直ぐなので徒歩。2007年に出来たらしいが、充実度100%、3時間居ても足りない、実に満足。それがしは沖縄の歴史について非常に興味があるので疑問を解決したり、沢山の知識を得たりした。美術館も観ようと思ったらまる一日コースです。企画展は「相田みつを展」をやっていました。見たかったのですが、さすがに時間が無かった。P1010012

しかし、この施設は素晴らしい、沖縄へ行ったらしっかりここで勉強しないとね!

ちなみにそれがしの興味の対象は、
アメリカ時代の沖縄、返還前後、琉球時代の文化、薩摩の侵略、第二次戦、本土とナイチャー、沖縄と福州(中国)の関係。これらのことがこの施設で結構勉強できた。

最後に、沖縄土産であるが、空港で買うのはど素人さん。金額が違いすぎますから。ちなみにそれがし、今回は北谷町のジャスコでまるまる買い揃えた。安いし品揃え豊富だし夜中までやってるし、沖縄コーナーがあるから楽々。さすがに何度も行くと要領がよくなる。

てなことで、今回をもって「BusinessGO! 沖縄」は終了!
さて、次回は2009年 2月か3月だな、今度は何処へ行こうかなーbleah ナイチャーから「近くの離島は綺麗ですよ、是非!」とお誘いも受けている、また勉強して考えることとするhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月16日 (木)

「海外ミステリーツアー 続」 日程詳細着

続報詳細が届いた。

出発の9日前になる。

先日の一報は、行き先が「北京」まで

本日は日程詳細。Photo

さて、内容だ

2008/10/24(金)~10/27(月)3泊4日

■行き:10/24  成田17:20~20:10北京着(半日もったいないな)
■帰り:10/27  北京 8:45~13:05成田着(げっ!朝はやっ!)
 まー こんなもんでしょう。

でも、飛行機は往復ANAで先ずは安心。

*一日目:初日は移動のみ。北京空港からホテルまで案内アリ

*二日目:自由行動

*三日目:自由行動

*四日目:朝一で空港まで送りあり

        ホテルは3泊とも同じホテル。★★ホテル。調べたら所謂ビジネスホテル。但し、場所が良い。北京市内中心の故宮、天安門広場から南、「天壇公園」の近く。ここなら交通の便がいいし、駅が近い。

さて、困った。
初日&最後は移動のみ。残りの二日は全くの自由ときた。要するに「自分で勝手にやれ」ということだ。予想どおりで大変有難い。しかし、勉強せねばならない。二日間を無駄にせぬように。さーて、いかがいたそう。

と、いいながら、早速勉強に取り掛かってる。

北京は世界遺産ばかりだ。まる二日自由となれば、「故宮」と「万里の長城」でしょう。
わー、しかし、勉強も大変だ、しかも日が無いし・・・。
仕事どころじゃないなー、勉強、勉強!

*ちなみに、それがし、
「夏季休暇」なるものを取っていないので、秋に”暇喜休暇”でござる。「沖縄?京都?三重?」あれはみな仕事でござる!bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

「イントゥ・ザ・ワイルド」

Photo

INTO THE WILD-

監督・脚本:ショーン・ペン
原作:ジョン・クラカワー
出演:エミール・ハーシュ/ハル・ホルブルック/キャサリン・キーナー/ウィリアム・ハート/ヴィンス・ヴォーン

2007      アメリカ 148分 2008/ 9/ 6公開

公式サイト:http://intothewild.jp/top.html

日比谷シャンテ・シネ

まさにwild ワイルド! その一言に尽きる。

自分に厳しすぎ、正直すぎて観ていて痛々しい。だが、その一念さが観客を引き込む。

この 物が溢れた時代に、何もかも捨てて、ただ自然に還るためにアラスカの台地に向かう。

その間、いろいろな人と出会い友情を深めるも自分の目指すものは揺るがない。

一時どこかの番組ではやった海外ヒッチハイクものとはまったくことを異にする。

Photo_2

何が起ころうとも、自分の意思を貫き通すことに共感する。

男たるもの こうでありたい。

監督のショーン・ペンらしい映画であった。

また、音楽が非常にマッチしていた。若き日の荒々しいブルース・スプリング・スティーンを思い出した。

■ストーリー:
ほんとうの自由と幸福を求めて彼は旅に出る1990年夏、大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは旅に出る。アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続ける。自由に生きようと決意した彼が最終的に目指したのは遙か北、アラスカ。

1992年にアラスカの荒野で死体となって発見された若者クリストファー・マッカンドレス。その生と死に迫ったジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」をショーン・ペンが監督18キロもの減量に挑み孤独と飢餓に陥って行くクリスを演じたエミール・ハーシュは圧巻もの。

Wild

■クリスが旅したアラスカ

http://intothewild.jp/report/2008/08/001.html

イントゥ・ザ・ワイルド - goo 映画
イントゥ・ザ・ワイルド - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月11日 (土)

「海外ミステリー・ツアー」 行き先決定!

再来週 10/24~27日の 海外ミステリー・ツアー(3泊4日)

出発2週間前の本日、連絡が来た。

今回の「海外ミステリー・ツアー」 行き先は・・・?

→「北京!」

:

「おー、北京」か?

「台湾」に行きたかったのだが・・

まー、「北京」には行ったことがないので「良し!」とする。

さて、北京と言えば「鳥の巣」?

いえいえ、今調べたら、北京には世界遺産が6つもあるらしい。

「万里の長城」へは行けるのかな?

何れにしろ、広大な中国を体感できることでしょう

さー、行く前に「北京」を勉強しなきゃ! happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

「静かな木」 藤沢周平

Photo新潮文庫 362円

平成12年9月1日発行
平成19年9月25日22刷

著者は69歳で亡くなられたが、最後の長編は私の好きな竹俣当綱の「漆の実のみのる国」。そして短篇は、この中に収録の「最後の短篇」と銘打たれた作品「偉丈夫」。

短篇3編

・「岡安家の犬」:h5年週刊新潮発表

     「静かな木」:h6年 小説新潮

     「偉丈夫」:h8年 小説新潮

この著者の数ある文庫の中で、一番薄く、一番安い文庫本。
その理由から読むのを長年躊躇っていた。そして
、まさかこの中の「偉丈夫」が最後の短篇であったとは知らずにいた。

しかし、中身は素晴らしい。文学は原稿の枚数ではない。たかだか50ページの短篇でも、さらに「偉丈夫」など12頁しかない。それでも内容が濃くしっかり感動させられる。素晴らしい本であった。

あらためて、「そうか、これが藤沢周平さん最後の短篇かー、感慨深いな」think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

「BusinessでGO!沖縄2」

Pa0_0006 

今回の宿泊先は、地上24階 280室全てオーシャン・ビューのリゾートホテル

「ザ・ビーチタワー沖縄」http://www.hotespa.net/hotels/okinawa/index.html
*沖縄で一番高い階数らしい。

Pa0_0007

ちなみに、サンセットビーチのリゾートホテルですから、ビジネスマンはぐるっと見渡したところ私だけ。優越感といか悲壮感というか、表現のし様がない(まー、年に2回仕事で沖縄にこれるだけ大変贅沢ではある)。

また、夜チェックインしたので、朝カーテンを開けたら目の前が海でびっくり!

10/4(土)、朝食は屋外のガーデンテラスでバイキング。その後白い砂浜をてくてく散歩30分、部屋に戻ってビジネスマンに変身!
ホテルから相手の会社まではお迎えを断り徒歩10分。なんとも悲しき性で、東京での颯爽とした歩き方が直らず、途中自分で気付き笑ってしまった「どうしてそれがしはこんな沖縄に居てまでもシャカシャカ歩かねばならないのだろうか?」と

さて、仕事の後は琉球のお勉強。
それがしは、毎回訪沖するごとに1箇所は必ずどこか訪れることにしている。
今回の研究テーマは「識名園」。P1010015

琉球王家最大の別邸。ユネスコ世界遺産 国指定特別名勝。ウチナー曰く「え?何処にあるか知らないですよ、超マニアックですね」と言わしめた場所。P1010014

その後、映画「涙そうそう」で妻夫木さんが働いていた市場の中にある揚げ物やさんで、揚げたてサーターアンダギー(¥50)を購入し頬張りながら、目指すは喉から手が出そうな三線やさんへ。あれやこれや話をし、触らせ、弾かせて頂き6万円のものに目をつけた。「そうか、三線も安いものは海外品なんだー」、また、「やっぱ沖縄の職人が作る三線は音が全然違うなー」と知識を付けた。

P1010016
新しい携帯に¥50000出すなら、一生ものの三線買ったほうがいいなー

さて、今日はここまで。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

「BusinessでGO!沖縄1」

東京ではスーツのジャッケット無しでは寒いというのに、飛行機で2h半Pa0_0004
ここ沖縄は30℃、日差しが強く暑い! 浜辺ではまだまだ水着。
しかし、「10月でも沖縄は夏」とは知らなかったなー、日本も広いやー

さて、今回の沖縄日程(2泊3日)
10/3(金)JAL911 Jクラス 東京羽田10:25~12:55沖縄  ¥22,900(先特割引)
10/5(日)JAL914 普通    沖縄    15:00~17:20東京羽田 \23,400(先特割引)
     帰りはJクラス取れず。しかも普通席なのに来る時よりも高いときたー!

P1010019        昼の14:00まで移動,その後は仕事。で、即 夜の話。

写真は沖縄の三日月と海。空は真っ黒(東京の夜空とは全く違う)、
夜の食事会は北谷町アメリカンビレッジ沖縄料理店「南ぬ天」

店内で、林賢バンドの林賢さんに会ってしまった(明日、カラハイでライブですからここに居てもおかしくはありません)。

Photo

沖縄料理を片っぱしから注文。日頃飲まない私でも、さすがに沖縄に来て飲まないわけにはいきませんから、地元ORIONビール&泡盛。

昼は移動の途中で、沖縄そば。夜も締めは沖縄そば。
初めて沖縄に来た時には「沖縄そば」に違和感を覚えたが(何これ?)、さすがに、年に2回づつ来ていると、この味が解かり始めてきた。Orion
「沖縄そば」は、ラーメンや日本そば、うどんと比べてはいけないのです。「沖縄そば」は「沖縄そば」。こういうことです。

そうそう、「沖縄そば」と「ソーキそば」の違いを教えていただきました。私は肉を受け付けませんから、「沖縄そば」になるわけです

まずは、沖縄で書いた原稿をup。
と、言うことで無事 本土復帰

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月 1日 (水)

「分相応の幸せ」

** 武士の一文 2008/9/30篇 **

「生まれた家、生きてきた世間が違えば、食べるものも親しむものも違う。人は自ら経験しないことには鈍感だから、頭で思うほどには分かり合えない。結局は分相応に暮らすことが互いの幸せにつながる。」

乙川優三郎「夜の小紋」P53 講談社文庫

thinkこれは歳を重ねないと解からない。結局人間ていうのは、持って生まれた原点に自然と戻るものなのであろう。戻るところが「分相応」の場所、居心地のいい場所なのであろうか?
「分相応」、「分相応」、あー なんていい言葉なのだろうthink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »