« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月27日 (金)

「第554回 グリーンジャンボ宝くじ」

Photo
216 月曜から全国一斉発売。枚数限定発売のため売り切れ次第終了!!

一首献上

■「“当たらぬ”を 覚悟の上の3000円  夢を買いましょ沖縄永住  グリーンジャンボは売り切れご御免!!」

■「“当たらぬ”を 百も承知の3000円  二億もスタートラインの一歩から  夢を買いましょニューカレ(ドニア)マンション最上階!」

■「二億でね? マンション売って南国へ! 夢はビーチでごみ拾い ニコニコニコニコ青い空」

  

Dscf17451等・前後賞合わせて2億円!
115,000万円は17本、1等の前後賞2,500万円は34本)

**「グリーンジャンボ宝くじ」発売概要**

名称:「グリーンジャンボ宝くじ」(第554回全国自治宝くじ)

発売期間:2009216 月曜日~200936 金曜日
(最終日を前に売り切れとなる場合もございますのでご了承ください

発売額:510億円

発売元:全国都道府県および17指定都市

発売地域:全国

価 格 :1300

抽せん日:2009311 水曜日

会 場 :山形県県民会館大ホール 〔アトラクション付き〕

当せん金の明細下表のとおり

等級:当せん金:本数

1

150,000,000

17

1等の前後賞

25,000,000

34

1等の組違い賞

100,000

1683

2

10,000,000

170

3

1,000,000

1700

4

100,000

17,000

5

1,000

5,100,000

6

300

17,000,000

春のおとずれ賞

10,000

510,000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

「第203回 二ツ目勉強会」2009・2.24

場所:池袋演芸場
http://www.ike-en.com/info/index.html#guide

24日? あれ?もしかしたら今日or明日が二ツ目勉強会か?」と思い、
すかさずPC検索。
何と!ぴったり本日だった。

早速朝から定時退社モード。Nからクラッチ踏み込んで即トップギアへアクセル大全開!てなことで、昨年11月以来、3ヶ月ぶりに木戸をくぐりました。

そんなこんなの昨今ですから、落語を聴いて無理やりにでも笑わないと毎日が暗くてやってられません。
さて、早速、噺家&演目を

    柳家喬の字「家見舞」:
この噺家さんは、多分2回目かな? 「新築祝いに水がめを」のお噺。
噺は面白く、聞かせ方もまずます良い。但し、口が回らずとちりが多かったですね、本人も自覚してか、そそくさと舞台を下りていった感がありました。自分でも悔しいことでしょう、それが伝わってきました。次回期待しています。

    林家きく麿「暴そば族」:
一瞬客席が唖然としました。凄い場面に遭遇しました。これは凄い!今日のお客様は皆貴重―な目撃者です。
実は、噺始めの「枕」に乗り過ぎて、本題の噺(新作)をすっかり忘れてしまったのです。始めはとぼけているのかなーと、思ったのですが、いえいえ、慌てちゃいました。思い出そうとあせればあせるほど、全く噺の切っ先が出てこない!「ちょっと、ちょっと、カバンから噺ネタのノート持ってきて!!!」と、凄いことになっちゃったんですー。それで、楽屋から舞台にノートを届けさせぺらぺら捲って、さて、始まり。
新作(暴走族の掻き揚げ蕎麦)は、実に面白かった、発想が実に面白い。もう一度聴きたいですね。しかし、貴重な体験でした、やー実に凄かった!


    三升家う勝「はてなの茶碗」:
初めてお目にかかります。
上手い、上手い、お見事でした。今日で名前を覚えました。次回も楽しみです。しかし、京都弁が実に流暢でした。やー素晴らしい。噺も面白かったし。

    **お仲入り***

    古今亭朝太「崇徳院」:
このお噺、私大好きです。前に風車さんがやったような記憶がありますが・・・。
せをはやみ いわにせかるるたきがわ われてもすえに あわんとぞおもう」*川瀬の流れが速いので、岩にせきとめられる急流が、別れてもやがては落ち合う

「恋煩い」の噺ですが、何回も聴きたい噺です。実に面白い。
朝太さん、今日は口が上手く回っていませんでしたね、でも聞かせ方は好きです。次回に期待しています。

    鈴々舎風車「二番煎じ」:
さて、本日のメイン
「よっ!寅っ!待ってたぞ!!」てな感じで、風車さん登場。
私、風車さん大好きですから。
しかし、この方は本当に上手いね、安心して聴けるし、実に噺が上手い。
特に酔っ払いが上手いし、酒の飲み方、食べ方が抜群です。
私今回の「二番煎じ」前にもどなたかの噺で聴いたことがありましたが、何度聞いても面白いです、しかも今回は風車さん。
やー、最高でした!やっぱりこういう方が最後を締めると、気分良く演芸場を出ることが出来ます。

それがしが会社の社長なら、おひねりを差し上げたり、スポンサードしたいところです。
いつ真打ちでしょうか?頑張ってくださいね。2/28の「鈴々舎風車勉強会」は行けませんが、3/20の「かざぐるまの会」森下文化センターは是非伺わせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

本日 上洛!

Photo

太閤(豊臣秀吉)を謁見に参ったのでは御座らん。
馬や駕籠で10日もかかって参ったのでもござらん!

仕事で御座る!

新幹線で“ビュッ”と、日帰りで御座る!

bullettrain

17:00には江戸に戻り、悲しきかな小藩の机のパソコン、パチパチで御座る!

しかし、上洛しながらも日帰りとは、直江兼続も驚くであろうのーeye

おたべも買わずに飛び乗ってしまったで御座る

Photo_2

「桃山御陵前駅」trainで降りたのであるが、ここが地図上で何処らへんなのか江戸侍にはさっぱり解かり兼ねまするhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

「トウキョウソナタ」 再び

Photo_2

TOKYO  SONATA

監督・脚本:黒沢清
出演:香川照之/小泉今日子/小柳友/井之脇海/井川遥
邦画  2008年 2008927日公開
公式サイト:http://tokyosonata.com/index.html

全然笑えません!!

まったく笑えません!!!!

昨年11/23に観た映画ではあるが、再度観賞。
同じ映画ではあるが、全く違う映画の様だ。


そうです。環境が一変したのです。


生活環境が変わると同じ映画でも見方が変わる、感じ方も全く違ってくる。


今回はものの見事に笑えなかった。
香川照之さん役は、明日の自分を見るようだ。
今の世の中、一寸先は闇&谷底。全く笑えない!

みなさん、この映画を笑えるうちは華です。
笑えた人はいま置かれている自分の立場に感謝しましょう。

しかし、昔の侍は城が崩壊しつつあるときどうしたのだろう?
崩れる城を見ながらそれでも皆戦い続けたのか?
潔く脱藩する侍はいなかったのか?

それがしは脱藩組だ! 浪人でもなんでも小銭を稼がねばなるまい!
しかし、「侍魂」は存在していて 毎日葛藤でござる!

◆感想:
・香川照之さんは、実に上手い役者だ。
・ドビュッシー「月の光」にはどっぷり浸りました。劇場後はウォークマンで、更に浸りました(初回鑑賞後、即購入したので準備万端!)Photo_3 Photo_4

■ストーリー:
ごく普通の家族が父親のリストラをきっかけに崩れ始める。借り物の価値観に流されて生きてきた男が、会社からオミットされた時、自分に何もないことに気がつくのだ。

健康機器メーカーの総務課長として働く佐々木竜平は、リストラを宣告される。しかし、妻にはそのことを言い出せなかった。翌日から、会社に行くフリをしてハローワークへ。
大学生の長男は、世界平和のためにアメリカの軍隊に入りたいと言い出す…。
6
年生の次男は、突然ピアノを習いたいと言い出す。
鬱積したものを感じながらも、いびつに崩れかけた家族を大きな愛情で包む母親

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月20日 (金)

「WORKING ON A DREAM」 BRUCE SPRINGSTEEN

Ss ブルース・スプリングスティーン「「WORKING ON A DREAM」

Import, from US
発売:2009/1/27
価格:1,715



前作「MAGIC」から1年。

「もう新譜発売するの?」と、期待と不安

しかし、タイトルが「working on a dream」じゃ、

買わざるを得ないでしょ!

タイトル見た瞬間に、「amazon」クリックしちゃいました。

 

こんな世の中だからこそ、ブルースの「working on a dream」が聴きたい。

しかし、このタイトルsong、意外でした。もっと・・・・だと思ったが。
でも、これはこれで。

 

全曲を通し、当初結構意外だったが、購入から既に1週間、ずーと聴きっ放し。

聴けば聴くほど味が出る。
やっぱりブルースは、スピーカー全開、大音量で聴くのが一番!

ちまちまウォークマンじゃ、この良さは味わえない!

 

 

全13曲の中では1曲目の「OUTLAW  PETE 」が最高です。

Im  OUTLOW  PETE. 
Can you hear me

You
re OUTLOW  PETE. 
Can you hear me

Can you hear me

 

この歌詞だけで泣けちゃいます。
これをハードなリズムで、腹の底から高音を絞り出されたんじゃたまりません!

 

「音楽」は生活の一部。

10年後、このアルバムを聞いた時、今の状況を想いおこすのか?
PETE .Can you hear me
? Can you hear me

Im  OUTLOW  PETE  Can you hear meCan you hear me

あー・・・・・・、しかし、何と言う世の中じゃ!

 

◆曲目リスト

1.        Outlaw Pete

2. My Lucky Day

3. Working On a Dream

4. Queen of the Supermarket

5. What Love Can Do

6. This Life

7. Good Eye

8. Tomorrow Never Knows

9. Life Itself

10. Kingdom of Days

11. Surprise, Surprise

12. The Last Carnival

13. The Wrestler (Bonus Track)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

「イエスタデイズ」

Yesterdays170

  YESTERDAYS -

監督:窪田崇
出演:塚本高史/國村隼/和田聰宏/原田夏希/カンニング竹山

邦画 : 2008年  119分 2008111日公開
公式サイトhttp://www.yesterdays-movie.com/

綺麗な映画でした。さすがですね。

実際、結構ありがちなストーリーで泣けます。

ってか、泣いてしまいました。

誰でも死ぬときは1つくらい悔いがあって、遣り残したことがひとつ位あって
「出来るなら生きているうちにあの人に逢いたい・・・・」なんてのは、有りがちだ。

それも若いときの、果せなかった悲しき恋・愛の結末なんてのは・・・

さて、それがしが死ぬ時には誰に会いたがるのか?????
そう思うまもなく、討ち死にか?

     内容:
しばらく疎遠になっていた父と息子。余命わずかな父から連絡を受け病院へ駆けつけた。久しぶりに会った息子に、父は心にしまってきた大切な願いを話す。画家を志望していた父が学生時代に描いたスケッチブックのなかの女性を探してほしいとのこと。その彼女のお腹には・・・。父の想い、そしてそれを知った時、息子は…?

新世代作家 本多孝好のベストセラー短編集「FINE DAYS」に収録された一篇を、ミスチルやスガシカオなどPVの演出を手掛けてきた窪田崇監督の手によって映画化。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか?」 山田順子

Photo_2

時代考証でみる江戸モノ65の謎
新書: 212ページ

実業之日本社 新書: 212ページ
2008/2/25
初版第1
2008/4/26
初版第3

 

先に読み終えた新刊「本当に江戸の浪人は傘張り内職をしていたのか?」。
その後、前作のこの本を購入し、即日読んだ。


面白かった!

 

いろいろなことを学べた。
・「そうか、TVの時代劇が何でも正しいわけじゃないんだー」。
・「TVや映画には諸々の事情というものがあって、ああなっているんだな」 
など。


しかし、中でも
・お歯黒
・眉毛そり,
・刀の置き方の作法

・血刀を拭いた紙の始末
・時代劇の言葉は現代語
・江戸のお洒落
などは、実に興味深く勉強させていただいた。
とても矯めになった。実に満足!

 

内容紹介(「BOOK」データベースより)
一概に江戸時代といっても、約二百六十年の治世の中では、文化も街並みも様変わりしている。家の造りやちょん髷ひとつでも、江戸時代前期と後期では違う。しかし私たちが時代劇で観る江戸は、いつも同じ。果たして本当の江戸とはどのようなものだったのか?
時代考証家である著者が「たった一人の将軍様のお食事に二百人」「お辞儀だけで48のパターンがあった武士の作法」といった“面白雑学”から、「ねずみ小僧は盗んだ千両箱を担げたか?」「江戸時代の鍋料理に白菜が入っているウソ」といった時代劇の検証まで、やさしく解き明かす。将軍の一日、大奥の真実、武士のしきたり、庶民の暮らしぶりなど、時代劇の見方が変わります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん

Photo_2

文春文庫 543
2009/ 1/ 10 1 135回 直木賞受賞作

 

「三浦しをん」さんの本を初めて読みました。

面白いですね、この方の本。

癖になっちゃいそうです(おもわず既刊本を揃えたくなった)。

これなら「直木賞」をとってもまったく不思議はありません。

 

展開が上手く、面白さテンコ盛り。
さらに、切換えしが巧みで、思わず「上手いなー」と関心。

面白楽しいんだけど、ところどころの言葉がズシリと重く、ジーンときます。


また、多田と行天のやり取りや行動が、何とも微笑ましい。
二人とも心に傷を負いながらそこを見せない、無視を決めながらお互い心で寄り添う。
その他ここに登場する人物が皆いい人ばかりで、チンピラの星も憎めない。

 

ハラハラさせながらも、心地よく温かな気持ちで迎えるEND。穏やかな心で余韻に浸れます。

 

◆評価:★★★★★(満足しました!)

◆調べて見ました:
135回の直木賞は2006年だったのですね?同時受賞の森絵都著「風に舞いあがる・・・」は文芸書版でそれがしの本棚にしっかり納まっています(*かなり前に買った記憶有り)。題名が良かったので先にこの本を買ったのでしょう。「まほろ駅・・・」は全く記憶に無かったなー、失礼しました。

135 (2006)

三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒

文藝春秋

135 (2006)

森絵都

風に舞いあがるビニールシート

文藝春秋

 

 

■内容(「BOOK」データベースより)
まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、納屋の整理etc.―ありふれた依頼のはずがこのコンビにかかると何故かきな臭い状況に。多田・行天の魅力全開の第135回直木賞受賞作

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

「週間 名将の決断NO.1 織田信長/坂本竜馬」

Photo_2

本日(2/12) 創刊!

吉川晃司の「織田信長」ときたら買わなきゃ駄目でしょ?!
てなことで、心もとない財布から大金を出しました!

織田信長/豊臣秀吉/伊達政宗/武田信玄/直江兼続/上杉謙信/石田三成/明智光秀/真田幸村
ここらあたりは、揃えたいところ。

ただ、坂本竜馬・西郷隆盛・勝海舟・高杉晋作なんぞは、
それがし 全く興味がござらん!!!!

http://publications.asahi.com/original/hyakka/meisho/naiyou/

週刊 朝日カルチャーシリーズ「名将の決断」(全50冊)
○創 刊  2009年2月12日(木)
○発行形態  毎週木曜日発売・全50冊
○定 価 580円(税込)創刊号のみ350円
○体 裁  A4判変型・逆中綴じ
オールカラー36頁(創刊号は40頁)

Photo_3

■名将たちの壮大な決断ドラマを読む!
知略・謀略を駆使して戦いに挑んだ名将のストーリーは、人生のあらゆる場面で決断を迫られている現代人にも通じる所が多く、幅広い年代に興味深いテーマです。本シリーズでは、毎号、時代の異なる2人の名将を特集。「勝者」はどんな戦略を立てたのか、「敗者」は何を見誤ったのか、彼らが残した言葉からその分かれ目を読み解きます(朝日カルチャーシリーズより)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「本当に江戸の浪人は傘張り内職をしていたのか?」 山田順子

Photo

 

実業之日本社 762円 
2008/12/16 初版第一刷

 

面白いなー、実に面白い!

How to本で「面白い!」と思ったものは数少ないが、
これはいい!
内容がものすごく興味深くて知らないことばかり。
しかも解かり易く解説。

「やー、面白かった、一気に読みました!」。

 

更に、すかさず同著書前作「なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか?」を買ってしまった。

 

しかし、「時代考証」という、そういう仕事がこの世にあったとは、恥ずかしながら知りませんでした。

 

 

◆書籍紹介: 江戸時代は士農工商と固定された社会で、職業選択の自由がなかったと思われがちだ。しかし公家や大名以外は、本人の努力次第でかなり自由に職業が選択できた。中にはコンビニや百円ショップ、メイド喫茶のようなものもあったという。時代考証家である著者が御庭番や呉服屋といった時代劇の定番職業から、町道場主や花魁といった江戸ならではの職業まで、やさしく解説。職業から江戸の世の中が見える(yahoo bookより)
 

1章 江戸時代でも公務員は憧れの職業?
第2章 粋で、いなせな生活が見える!?庶民のお仕事
第3章 時代劇では描けない、その職業の裏の裏
第4章 一攫千金を狙って!知恵を絞ったアイデア系お仕事
第5章 周囲から尊敬を集める「先生」と呼ばれる職業
第6章 江戸百万人の腹を満たす、フード産業
第7章 江戸の庶民を魅了した、ファッションリーダー的職業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

「直江兼続と妻お船」 近衛竜春

Photo
PHP文庫 800円
2008/12/17 第1版第1刷

最近の文庫本は本当に高くなりました。価格を見て購入している訳ではないので、こうして文書にまとめてみるとあらためてその高さに驚いている次第。確かに厚さ(20mm)はありますが・・・。

さて、内容です、が、
はっきり言って「・・・・・・」。
ちょっと期待外れでした。

ここしばらくは、上杉家&直江兼続関係の火坂雅志著「天地人」上・中・下はじめ、「密謀」上・下 藤沢周平著ほか、多々読んでいる為、おさらいのつもりで読みながらも、「妻お船」とここではあえて記載してあったため新しい情報を期待していた。

しかしながら前半~中盤は、先の夫:長尾景孝を蕗姫と争ったことを詳しく掘り下げ、これに終始(ちょっと幼稚なハーレクイーンを思わせる)。
その後は、景孝を養子にしながらも直江の影の軍団:軒轅を切り回し、更に景孝死後、与六を夫にしたことなど実に淡々と、淡々と綴っている。
それこそ後半は、歴史的な事実を悪い言葉で言うなら「端折」って書かれ、この本を最初に読んだ人には何が何だか解からないのではないかと不安にさせた。

あらためて考えてみると、この本を私の年代層では読んではいけないのではないか?NHK[天地人]のキャストに合わせた20代の女性、あるいはハーレクイ-ン好きの奥様方に読ませるための本ではないか?


更に、今更ながらよくよくこの本の表紙イラストを見て、上記を確信した。

そうか、それがしの判断ミスだったか・・。
確かに、この本を買う際、このイラストには違和感があったのだ、情けない!

       書籍紹介: 上杉家の重臣・直江家には一粒種の娘“お船”がいた。のちに北条政子にも比肩される器量をもった聡明な女性である。謙信亡き後の跡目争い「御館の乱」で愛する夫が暗殺され、再婚相手に三歳年下で幼馴染の“兼続”が選ばれたことから、二人の運命は大きく動き始める-。天下人の秀吉・家康に対抗し、内紛で弱体化した上杉家の危機を救った男と女の物語を描いた力作小説(yahoo 本より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

「幕 末」 司馬遼太郎

Photo

2001/ 9/10  新装版第1
2008/ 5/15 16
文春文庫 667
本書は19771月に刊行された文春文庫「幕末」の新装版。
 

思い起こせば昨年2008/ 6/16、藤沢周平著「回天の門」で清河八郎(1830~1863 幕末尊攘派志士、回天の魁士)に、非常に興味を持った。

http://www.navishonai.jp/hachiro/zukan/index.html
そこで、「回天の門」を読み終わった後、即この本「幕末」を購入し、12短篇の中のたった1篇「奇妙なり八郎」を読んだ。
言うなれば、藤沢周平さんのおさらいであった。Photo  

あれから、かれこれ半年強。やっと残りの11篇を読んだ。

 

こう言うと司馬遼ファンは大いに憤慨するであろうが、あえてはっきり言いましょう

「つまらない!」

「非常につまらない!」



半年がかり、やっとの思いで667円分を取り返した。 しばらく(あと10年くらいは)司馬遼は遠慮しておきます。

 

確かに、それがしの幕末の知識の乏しさが原因かもしれない。しかし、ページをどんどん読み進めていくような、駆り立てられる面白さが全くなかった。

これは、「残念!」のひと言である。

 
■内容:

大老 井伊直弼襲撃から始まった幕末狂瀾の時代を、12の暗殺事件で描く連作小説。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

「禅 ZEN」

Photo 
監督・脚本:高橋伴明
原作:大谷哲夫
出演:中村勘太郎/内田有紀/藤原竜也/村上淳/笹野高史 2009110日より 全国にて公開 2009 日本 128 公式サイト:http://www.zen.sh/

 

なんとも、心が穏やかになる映画。

恥ずかしながら、学が無く、「道元」の知識が全くない。が、

この映画は非常に良い映画である。

どんな言葉でも表現しきれないが、今まで観た事もない、とても不思議な映画。

このままずーとENDが来ることなく見続けていたいと思った。

 

この「道元」を少し勉強して、再度観る事にしよう。

 

しかし、良い言葉を説く方だ。

「もっと知識があれば・・・」と自分を恥じた。

 Photo_2 

 

 











春は花
夏ほととぎす
秋は月
冬雪さえて
すずしかりけり
 

 

 

「あるがままに」
「あるがままでいいのです」
 

 

 

「あなたは救われたいと願いながら、何ひとつ捨てる勇気がないのだ!」
 

 

ただひたすらに座る「只管打坐(しかんたざ)」
「8つの人生学」を掲出いたします!

■ストーリー:

鎌倉時代に生きた、座禅を行じる曹洞宗の開祖・道元禅師の伝記映画。

その生涯や人物像が門徒以外にはあまり知られることがない曹洞宗の開祖、道元。その道元の生涯を追いながら、彼が説いた「禅」とは何かを描いた伝記映画。

 

 Photo_3 

      余談:
ちなみにそれがし、禅寺で座禅を4年位やっていました。
1回、4年座り続けても「無」には行き着きませんでした。常に「雑念」が頭をよぎる。
「何も考えない」と言うことは難しい。常にろくでもないことを考えてしまう。


背筋を伸ばし、腹で呼吸し、半眼で、
ゆーくり、1.2.3.・・10。
次にまた、1.2.3.・・・10.

ただひたすらこれを繰り返す。

しかし、出来ない。
こんな簡単なことが出来ない。

 

 

それがし、修行が足りませんから、
気が付くと120まで数えていたりするのは、しょっちゅうで
眠ってフラフラしたり、足が痺れたり、お腹が鳴ったり、
そんな4年間でした。

ただ、その中で一番若かったので随分可愛がってもらいました。
4
年で止めたのは、あの少林寺の和尚さんが急に亡くなってしまったからです。座禅の後は、よくお寺の大きな温泉でみんなで湯に入りました。お供えのお茶菓子を沢山食べました。お寺さんは檀家さんからいろいろなものを貰っても食べる人がいないと困るのですね。住職からよくマッサージもしてもらいました。「これも修行だから。揉ませていただいているんですよ」と言っていました。

 

ちなみにそれがし、その当時からプロテスタントのクリスチャンでした。こんな人間も受け入れてくれました。禅は深いなー。

さればそれがし、「物欲」だけはなくなりました。
「おかげさんで・・・」

 



      役者は凄い!

しかし、
・中村勘太郎さんの演技はさすがでした。非常に安心して浸れました。これぞ歌舞伎役者!ものが違う!

・中村勘太郎さん、笹野高史さん、役者ってホントに凄いですね。あの難しい中国語を、しかも台詞が長い長い、よくぞ覚えました。感心しました、頭が下がります。役者は頭が良くなきゃ出来ません、なー、助さんや!

禅 ZEN - goo 映画
禅 ZEN - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

「いいかげんがいい」 鎌田實

Photo 
2008/10/29 第1刷
集英社 1000円

タイトルを見た瞬間、ピン!と来た。
え? それがしのこと???
買わなきゃ
 

しかし、
間違えた!
てっきり「求めない」の著者:加島祥造さんの最新刊かと思った。
あの本はすばらしい本であった。
Photo_2 

いつもの如く、昼休みふらりと本屋さんに入った。面白い題名の本があった。
奥付のプロフィールに、「東京出身、長野、・・・、先生」となっていたので、確信した。
自宅に戻って本棚を見た。名前が違っていた。

あらら・・・。

 

 

さて、内容である。
思っていたものとは違っていた。

もっと、“詩的”な、抽象的な本かと思った。
「いいかげん」が、「いい加減」ではなく、「良いかげん」であった。
内容が、病院の出来事を主としたしっかり読ませるものであった。
 

でも、「いいかげん」に引きつけられて一日で読んだ。
たまには、こういう本も良い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »