« 「海坂藩大全 下」藤沢周平 | トップページ | 「桜開花情報3/27 江戸川公園 桜並木」 »

2009年3月22日 (日)

「なんと!一声 ▲160,000両」

恥部を自らさらけ出すことはないのだが、
今の世の中、こういうことが事実としてあることを是非知って頂きたい。
そう思い、恥を忍んで記す事とする。
知識はあっても損することはない。と、いうか、知らないと確実に損をする事例です。

さて、本題
何の話かというと、「市民税、県民税」の話し。
ずーとサラリーマン、OLをやっている人には関係のない話しですが、一旦会社を辞めた事がある人は「うん、うん」とうなずいてくれるはず。
通常会社勤めをしていると、この「市民税、県民税、都民税」は給料天引き。しかし、個人事業主や会社を辞めた人は自分自身で払うことになりますね。
実は結構な金額を払っているのですが、普通は給料明細を気にしていないのでその高額に気がつきません。しかし、自ら払う立場になるとびっくりします。

さてさて、それがし、
15年前? 悲しきサラリーマンの宿命「転勤」で とある地方都市で働くことになった。
それから8年半、とある考えからサラリーマンを辞め地方の素浪人になったので御座る。剣の技はあれど天候と貧乏には勝てない4年間。そこで「市民税、県民税」を滞納するので御座る。
催促物は来るものの、そこは天下の貧乏侍、斬っては捨て、斬っては捨て、何のこれしき恐いものは御座らん、いつかは煙に巻いて進ぜよう、と思ったので御座る。



しかし、さすがに幕府はしつこい。江戸に返り咲いたそれがしを、いともたやすく見つけたので御座る。それも、嫌がらせの極地、それがしの城主にで御座る。これには参りまして御座ります。
それからというもの、100万両以上なる大金を、毎月定額お返し差し上げ申していたので御座る。黙って4年間も。

ところが、先日気がついた。
「いつまで、それがしは払い続けるのか?」

「あと、残金はいくらなのだ?」


詳細を取り寄せる。そして、見、唖然とする。

「未納額」より「延滞金」が遙かに超高額なのである。
計算してみる。街金よりは遙かに高い金利。これには驚き憤慨した。
そこで、一言文句を言って進ぜようと電話をする。要するに、日頃の鬱憤で御座る。


「これはどう考えてもおかしい。“払わない”のではなく、“払えない”人間にどうしてこんなひどい金利をかけるのか?今の世の不況風を貴様ら役人はぬくぬく知る由もなかろうが、それでも毎月定額払い続けている平侍の生活はこの冬の如しだ。この延滞金はどうにかならぬものか?未納額は既にもう見えている、あと2年で完済。しかし、この延滞金はどう考えてもおかしかろう?如何なものか?」と。

*所謂、知っていて駄々をこねているのだが、それでもこれで23万両でも負けてくれればこっちのもの。それがしだってそうは簡単にまけてもらえるとは思っていないのでござる。

ところがで御座います、お奉行様!
その後届いた文書で、びっくりし腰を抜かしたのでございますeye

何と!! 何と!一声 dollar162,300両マイナスになっているではありませんか!
これにはさすがにそれがし、びっくりした

「へー、言わずに払い続けていたら馬鹿じゃん!」


しかし、幕府もたいしたもので御座る。

てなことで、
何れの世も、相手が誰あれ、主張せねば負けで御座る。


さてさて、
当然のことながらこのご沙汰、即刻完済を済ませたのは言うまでも御座らん。
そうこうしていると この不況下、幕府は気が変わるからのー。まして城主の基礎も危うい昨今。
しかしあやつ、 暴利を貪り何に使いおった? 残業の弁当代でもしていたか? 許せん!

と、言うことで、
・税金の未納は絶対逃げられません、必ず捕まります。更に嫌がらせ。

    未納金の利率はものすごい! こつこつこつこつ返しましょう。

    駄目もとで、言うことは言ってみましょう。大阪人と異なり江戸ものは気前がよ過ぎるからして、損をします。

所謂、実数を交えた教訓でござった。
しかし、言ってみるべきだなー、ほんと笑っちゃいます!happy01

|

« 「海坂藩大全 下」藤沢周平 | トップページ | 「桜開花情報3/27 江戸川公園 桜並木」 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/44434820

この記事へのトラックバック一覧です: 「なんと!一声 ▲160,000両」:

« 「海坂藩大全 下」藤沢周平 | トップページ | 「桜開花情報3/27 江戸川公園 桜並木」 »