« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

「桜開花情報3/31 江戸川公園 桜並木」 

Photo

さて、ここ文京区は「江戸川公園」の桜並木

本日3/31()晴れ

開花状況は???

「おーお???」

確実に開花が進みピンク色の面積が増えています。

5分咲き?と言っていいのかな?

川面に接する下枝はきれいに咲いています。

が、中段から上段はまだまだ咲いておらず、つぼみが膨らんでいる状態。

Photo_2

今日の昼は少し奥まで散歩してみました。
この奥が「椿山荘」なので旗を持った団体さんも結構います。

近くに来て解かりましたが、アジア系の外人さんのツアーでした。

Photo_3

さて、明日は雨予想。どうなることやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜開花情報3/30 江戸川公園 桜並木」 

Dscf2559 

さて、週明けの月曜3/30の朝一
ここ文京区は「江戸川公園」の桜並木

「おーお??? すごいすごい!きれい綺麗!!」
窓から見下ろす桜並木は、4分咲きか?

Dscf2555 昼の散歩、桜並木をぷらぷら
学校が休みとあって、子連れの奥様方のにぎやかな姿。

Dscf2557
中には、まっ昼間からお酒の老年おじさん、おばさんの姿も。

しかし、こういう風景は日本独特ですなー、

なんとも長閑で世の不況はどこへやらDscf2562

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

「桜開花情報3/27 江戸川公園 桜並木」

Long  

さて、今年もここ文京区は「江戸川公園」から、
神田川の水面に枝垂れる桜並木 両岸500m 250本の桜の開花情報をお伝えします。



毎年この時期、左岸にある城の机から桜並木を見下ろせる環境をこの上ない贅沢と実感し、

毎朝の登城時まずはじっくり花見eye、その後Pc疲れにhappy01、 はたまた気分転換には珈琲片手cafe、 昼にはパンbreadを片手、苛立つときには仁王立ちpout、鬱憤晴らしに白湯を飲みhappy02、青い空と神田川と桜並木。

Photo_2

昼の散歩はカメラcamera片手にハラハラ桜の下cherryblossom
昨年は、桜の下のベンチでパンを食べていましたが、今年はさすがに花粉がひどくマスクを外せない。
Photo

さてさて、
本日3/27()の桜開花状況:

2.0~2.5分咲き

明日、明後日のお花見は、まだまだ早いでしょう。

ちなみに、上の看板のピンク色が桜並木。途中に椿山荘あり。

来週4/1()~3()が見頃で、来週末の土・日4/4~5が満開でしょう(雨が降らなければ)

Up

桜並木に提灯が今週月曜に付きました。
夜桜も綺麗そうです。

Photo_3

では、来週また

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

「なんと!一声 ▲160,000両」

恥部を自らさらけ出すことはないのだが、
今の世の中、こういうことが事実としてあることを是非知って頂きたい。
そう思い、恥を忍んで記す事とする。
知識はあっても損することはない。と、いうか、知らないと確実に損をする事例です。

さて、本題
何の話かというと、「市民税、県民税」の話し。
ずーとサラリーマン、OLをやっている人には関係のない話しですが、一旦会社を辞めた事がある人は「うん、うん」とうなずいてくれるはず。
通常会社勤めをしていると、この「市民税、県民税、都民税」は給料天引き。しかし、個人事業主や会社を辞めた人は自分自身で払うことになりますね。
実は結構な金額を払っているのですが、普通は給料明細を気にしていないのでその高額に気がつきません。しかし、自ら払う立場になるとびっくりします。

さてさて、それがし、
15年前? 悲しきサラリーマンの宿命「転勤」で とある地方都市で働くことになった。
それから8年半、とある考えからサラリーマンを辞め地方の素浪人になったので御座る。剣の技はあれど天候と貧乏には勝てない4年間。そこで「市民税、県民税」を滞納するので御座る。
催促物は来るものの、そこは天下の貧乏侍、斬っては捨て、斬っては捨て、何のこれしき恐いものは御座らん、いつかは煙に巻いて進ぜよう、と思ったので御座る。



しかし、さすがに幕府はしつこい。江戸に返り咲いたそれがしを、いともたやすく見つけたので御座る。それも、嫌がらせの極地、それがしの城主にで御座る。これには参りまして御座ります。
それからというもの、100万両以上なる大金を、毎月定額お返し差し上げ申していたので御座る。黙って4年間も。

ところが、先日気がついた。
「いつまで、それがしは払い続けるのか?」

「あと、残金はいくらなのだ?」


詳細を取り寄せる。そして、見、唖然とする。

「未納額」より「延滞金」が遙かに超高額なのである。
計算してみる。街金よりは遙かに高い金利。これには驚き憤慨した。
そこで、一言文句を言って進ぜようと電話をする。要するに、日頃の鬱憤で御座る。


「これはどう考えてもおかしい。“払わない”のではなく、“払えない”人間にどうしてこんなひどい金利をかけるのか?今の世の不況風を貴様ら役人はぬくぬく知る由もなかろうが、それでも毎月定額払い続けている平侍の生活はこの冬の如しだ。この延滞金はどうにかならぬものか?未納額は既にもう見えている、あと2年で完済。しかし、この延滞金はどう考えてもおかしかろう?如何なものか?」と。

*所謂、知っていて駄々をこねているのだが、それでもこれで23万両でも負けてくれればこっちのもの。それがしだってそうは簡単にまけてもらえるとは思っていないのでござる。

ところがで御座います、お奉行様!
その後届いた文書で、びっくりし腰を抜かしたのでございますeye

何と!! 何と!一声 dollar162,300両マイナスになっているではありませんか!
これにはさすがにそれがし、びっくりした

「へー、言わずに払い続けていたら馬鹿じゃん!」


しかし、幕府もたいしたもので御座る。

てなことで、
何れの世も、相手が誰あれ、主張せねば負けで御座る。


さてさて、
当然のことながらこのご沙汰、即刻完済を済ませたのは言うまでも御座らん。
そうこうしていると この不況下、幕府は気が変わるからのー。まして城主の基礎も危うい昨今。
しかしあやつ、 暴利を貪り何に使いおった? 残業の弁当代でもしていたか? 許せん!

と、言うことで、
・税金の未納は絶対逃げられません、必ず捕まります。更に嫌がらせ。

    未納金の利率はものすごい! こつこつこつこつ返しましょう。

    駄目もとで、言うことは言ってみましょう。大阪人と異なり江戸ものは気前がよ過ぎるからして、損をします。

所謂、実数を交えた教訓でござった。
しかし、言ってみるべきだなー、ほんと笑っちゃいます!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「海坂藩大全 下」藤沢周平

Photo_3

文芸春秋 1,524
2007
115 1

藤沢周平著 海坂藩(架空の藩)を題材にした大全の「下巻」、11作品集。
「東北の小さな藩の中で、男たちは志を貫こうと苦悶し、女たちは胸に熱い想いを秘める」

何度読み返しても感動する作品ばかり。
不器用で、けなげで、痛々しい侍。それを陰で支える母・妻・娘・女。
このような「侍魂」をそれがしも引継ぎ、今の世でも持ち続けていきたいものでござる。

この「大全 上・下巻」は、文庫本1冊1冊を読むのとは明らかに異なる。話が変わっても海坂を継続しながら1つ1つの作品を堪能できる。
更に、書棚に藤沢作品がまた2冊増えたことが、なんとも嬉しい限りで御座る。

    「梅薫る」 S53.4月:
何とも、男気、侍を感じさせる。こういう肝の据わった大きな侍でありたい。

    「泣くな、けい」 S53.8月:
この作品、この上なく大好きです。
武家の主と奉公人の強い絆。この結末、けいでなくとも、恐れながらそれがし泣いちゃいます。
「こういう作品はいいな-・・・、人間こうありたい!」

    「泣く母」 S54/4/27
まったく! 人が良過ぎて泣いちゃいます。

    「山桜」 S55.2月:Photo_2
これは昨年映画になりました。あの映画は結構原作に忠実です。
そういえば、最後あのシーンには泣かされました。原作も、映画も最高です。
多分これは、世界広しと言えども日本人にしか解からない感情・感覚かもしれない。
こういう心を持ちたいものです。

    「報復」 S56.4月:
そうだ、そうだ、やれやれ!!やってしまえーっ!!! 
(本文より)「下男には下男のやり方がある。足をふみしめると、最後の一撃を木に打ちこんだ。」
出来ることなら、そのまま逃げ去って欲しかったが・・・・
これも、主と奉公人の深い絆。泣けます!

    「切腹」 S58.2月:
悔しい!しかし、悔しい。まったく悔しい。
ああ・・、侍のなんとも潔さよ。そして、絆の深さよ!

(本文より)
「さればといって、見殺しにしては武士の一分が立たぬ」
甚佐衛門はきっぱりと言うと、呆然と立っている作蔵を見た。
「わしにも、握り飯を馳走してくれぬか」

*この一文に「ぞくっ」とさせられる。
我もこうありたい!

    「花のあと」 S58.8月:
これは面白い、そして如何にも寛大である。男子たるものこうありたい!
(本文より)
「この際だから聞いておくが、・・・、・・・・・。」
「あの男と、何かあったのか?」
「何にも。ただ一度、試合をしていただいただけでございますよ」
「ほう、一度だけ?試合を?」
「どうせ、そのようなことだろうと思った」
「・・・」
「では、行って来る」

*このやり取りが、なんとも面白いのである。侍・夫の見栄と、実直な剣士・妻、笑っちゃいます。

    「鷦鷯(みそさざい) H2.6月:
討手として現れたのは憎まれ金貸しの倅、そして先日出遅れた娘にちょっかいを出していた若侍。
これから踏み込もうとする際、娘の父親に向け一言、
「品どのはお変わりありませんか」
「そのふやけた顔をひきしめろ」と叱咤。

このなんともいえないユーモアは、藤沢作品ならではのもの。面白いよなー


    「岡安家の犬」 H5.7/22
それがしなら、何があろうと絶対許さないけどなー。
さすがに110石を頂く家柄、それがし 平侍とは心の広さが違う。

    「静かな木」 H6.5月:
これは年齢を重ねないと書けない作品ですね。
ふと気になり調べてみた。著書67歳の作品。「やっぱり・・・」。
実に説得力がある。
(本文より)
福泉寺の欅も、この間吹いた強い西風であらかた葉を落としたとみえて、空にのび上がって見える幹も、こまかな枝もすがすがしい裸である。
-あのような最期を迎えられればいい。
木の真実はすべての飾りをはらい捨てた姿で立っている、今の季節にあるという感想を捨てきれない。ただしそれは老年の感想というべきものかも知れなかった。
この後3年で、著者は亡くなっている。合掌

    「偉丈夫」 H8.1月:
これ、面白いなー、そして、実に奥深い。
著者 亡くなる1年前に書いた作品。
自らを投影しているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

「ブーリン家の姉妹」 3rd

Photo_6

監督:ジャスティン・チャドウィック
原作:フィリッパ・グレゴリー
出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン/エリック・バナ

2008  アメリカ=イギリス  115
20081025日公開

公式サイト:http://www.boleyn.jp/

実は、今回が3度目。やっとまともに鑑賞。

st:公開まもなく鑑賞、しかし、思いっきり寝てしまった。
nd:上海行きの飛行機。最後、良い所で着陸。

rd:今回。

実にいい映画でした。更にもう1回、じっくり吟味しながら観たい映画です。

「そうか、英国エリザベス1世はこうして生まれてきたのか?」と、理解した。

国家、一族繁栄、策略などまさに江戸時代の大奥と同じ。華やかな世界の裏の女の戦い。最後に残ったのは・・・・。

容姿、性格のまったく違う姉妹。
差し出され野望を持ったのが姉、王が選んだのが既婚の妹。世継ぎの男子を生んだのが妹、嫉妬し王の心を奪ったのが姉。そして姉が産んだのは女子。

関係が複雑でありながら、嫉妬、葛藤、人間模様をよくよく現わし好演しているナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン、キャスティングが抜群!

Photo_7

しかし、
人間の「欲」とは実に醜いものだ。
ナタリー・ポートマンは綺麗この上ない。
スカーレット・ヨハンソンは、一歩引いた演技が素晴らしい(まさに江戸時代の女性でしょうか?)

多分この映画は後世に残っていく名作映画だと思います。

Photo_9 

■ストーリー:

孤独な王が愛した光と影のような2人の女

16世紀のイングランド。男子を産めない王妃、世継ぎの男子を望む国王ヘンリー8世。
新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンをの愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのは妹のメアリーだった。
一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。一方、妹に栄誉を奪われたアンは一時フランスへ追放されるが、やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らす。

さらに、王の心を奪った後、国王を離婚させるためにローマ・カトリックと決別させ、自らが王妃となりを産んだアン・ブーリン。
歴史上は無名だった妹メアリーの関係にスポットを当てたフィリッパ・グレゴリーの同名ベストセラー小説の映画化。演じるのはハリウッドの若手トップ女優ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソン。

ブーリン家の姉妹 - goo 映画
ブーリン家の姉妹 - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「宮廷画家ゴヤは見た」

Photo_3

監督:ミロス・フォアマン
出演:ハビエル・バルデム/ナタリー・ポートマン
2006年  アメリカ
公式サイト:http://www.beltek.co.jp/goyasghosts/

2008104日公開

そうか、こういう映画だったのか?
機会があればもう一度観たい映画である。

美しきナタリー・ポートマンが、あそこまでさせられちゃうとは・・、観ていて辛い。

また、ゴヤの絵画を観たくなった。
人間の本質を描いているのだな?
インパクトがありすぎて普通は避けてしまうのだが、そういう考えで描いているのならじっくり鑑賞したいものである。
ゴヤを知るいい機会となりました。

Photo_4

■ストーリー:

欲望に翻弄される人間の愛と無垢な魂の真実

18世紀末のスペイン。宮廷画家に任命されながら、権力批判と社会風刺に富んだ作品も精力的に制作し続けるゴヤ。彼が手がけた2枚の肖像画の人物―裕福な商人の娘で天使のように美しいイネスと、異端審問を強硬するカトリック教会の神父ロレンソ―が運命的に出会う。異教徒の疑いで捕えられたイネスを救ってほしいとゴヤに頼まれたロレンソは、拷問を受け牢に繋がれたイネスに面会し、思わず抱きしめるのだった。

国王から貧しい人々まで、あらゆる人間の真実を描き出す天才画家ゴヤの目を通して、権力に執着することの愚かさと、いつの時代にも逞しく生き続けようとする人間の力強さがスクリーンに映し出される。ノーブルな美しさが光るナタリー・ポートマン。

Photo_5

「宮廷画家ゴヤは見た」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

宮廷画家ゴヤは見た - goo 映画
宮廷画家ゴヤは見た - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「18年ぶりの再会」

Photo

18年ぶりに会いました。

人生は実に不思議で、面白い。
昨年からこんなのばかり、30年、25年、20年ぶりの再会

さて今回は、
中部地区に住む、夫、子供に恵まれた幸せな家庭のMADAM

若かりしころ英国で知り合った当時学生の女性。

仕事の関係で横浜に出て来るという。

これまでも、伊賀あたりでかなり接近しながらなかなかお互い都合がつかずにいた。

今回の機会を逃すと、今度いつ会う機会が訪れるかわからない。

と、言うことで、

会社を定時に切り上げ、いざ横浜。さらに「みなとみらい駅」へ。

さすがに、18年ぶりはドキドキ。

改札口を出た瞬間、スリルとサスペンス!

mailto「今 着きました」

loveletter「私も居ます」


え????coldsweats01

ってなことで、中華街へ移動し、ワインボトルを空けました。

ん・・・、終始ドキドキ&照れ。

Photo_2

しかし、実に不思議。
その昔同じ時間を共有しているという事実が、長い時間を超越。
そして、昔の話ではなく、今と、これからの話になったのが以外だった。


でも、ロンドン市内を昼夜遊び回ったり、スコットランドのネス湖の景色は、語らずともお互いの心の中にはある。

実に不思議なひと時でした。

だから、人生は面白い。
人との繋がりを大切にしないと。貴重な財産ですからbleah

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

Photo

THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON-

監督:デビッド・フィンチャー
脚本:エリック・ロス
出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット

2008年 アメリカ 167
200927日公開
http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/

ブラッド・ピット&ケイト・ブランシェットだから、ハズレはない!と踏んで足を運んだ。

まずは、何といってもこの件の話をせねばなるまい、
「映画の長さ」だ。
何と!167分。予告を入れてjust3時間!
これは長い!

始まる前に先ずは、トイレ。

映画を観ながらコーヒー、ジュースは禁物。
途中、何人もトイレに立っていましたねー。

これから見に行く人、十分気をつけてください。

Photo_2 

さて、中身ですが、
・「ここまでお金をかけるのは、さすがアメリカ!」
・「どうやってこれを撮ったんだ?」

・「ブラビの若い容姿は、美しいなー」

    「反対に、生まれたてのブラビの年寄り姿は辛いなー」
感想は、こんな感じ。

正直、「もう一度観たい」とは思えない作品でした。

しかし、確かにお金がかかっている。

と、いうか、見終わって既に1ヶ月経っているのであまり感想が思い浮かばないのが正直なところ。
申し訳ない

■ストーリー:Photo_3
1920
年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆。
80歳で生まれ、0歳で生涯を終えた1人の男の物語

主人公、ベンジャミンが触れ合う人々や場所、愛する人との出会いと別れ、人生の喜び、死の悲しみ、そして時を超えて続くものを描きあげた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

「海坂藩大全 上」 藤沢周平

Photo

文芸春秋 1524
2007
115 1
2007
2  5 2

著者数多ある著書の中で、「海坂藩」ものを取り集めた大全 上・下本のまずは「上篇」10作品。

そもそもこういう本があること自体知らなかったので驚き、喜んだ。当然ここまでマニアックなものは書店の棚には並んではいない。

皆懐かしい作品ばかりであるが、あらためて読むと結構忘れていることに気がつく。特に結末を。
全て珠玉作、ひと時その時代と世界に浸れ幸せを感じるhappy01。藤沢ワールドに感服。

その後、「下」をamazonで購入したのは言うまでもない。

    暗殺の年輪  (初出:S48.3:

「これぞ 直木賞受賞作!」。これを読むと、近年の受賞作が物足りなくなるのはそれがしだけか?
しかし、これでも本人は作品に納得いかず、「今回の受賞は見送らせていただきたい」と言いたかったらしい。
凄いなー。深みのある作品です。

「誰の差金だ? 葛西だと?知らんな」
「ごめん」(*父の仇、ぶすりっ!)

    相模守は無害  (初出:S49.1)
それがし、この作品大好きでござる。
武士道、忠義、孤独、情、一途、女、全てを網羅した作品。

「名前をお聞かせ申そう。お庭番明楽箭八郎と申す。石切人足の弥之助と言わぬとお解かりにならんかな? よくも公儀隠密をお嬲(なぶ)りなされた」(*ぶすりっ!)

    (そそのか) (初出:S49.8)
「人は日常の規矩で自分を縛るかわりに、その代償として平穏な暮らしを保障されている。だが、一度保障された平安を捨てる気にさえなれば己を縛っていたものを捨てることに何のためらいも持たない・・」(本文より)
うーん、見に詰まる思い

    潮田伝五郎置文 (初出:S49.10)
この女を愛したことはなかった。
「そなたは、七重どのを憎んでいるのだな」
「はい」。
幼い時から慕い愛した女を妻が悟り憎んだ。そして、その愛した女の命を救いながら、死しても憎まれつづけた。決闘で相手を倒し、その後、自ら腹を刺し自害。置文で全てが明らかになる。

いと悲し。これほど悲しいことがあるものか?ここまで純粋な愛が届かない・・・

    鬼気      (初出:S50.10)
所謂「能ある鷹」ですな、それがしもそうありたい。

    竹光始末    (初出:S50.11)
映画「たそがれ清兵衛」の重要どころで、この小説の一部分が使われている。
これも武士特有の「情」という意味で、いい作品である。

「何か武芸の嗜みは?」「は。いささか小太刀を嗜みます」
*それがしも、このように全てに謙虚でありたいものだ。

    遠方より来る  (初出:S51.1)
「“人”としてこうありたいものでござる」と思わせる作品。

    小川の辺    (初出:S51.5)
「新蔵、それは何の真似だ?」。新蔵は脇差を抜いていた。田鶴を斬ったら、俺に斬ってかかるつもりだったか?

    木綿触れ    (初出:S51.7)
この作品には泣かされました。憎き中台、「あなたは、人間の屑だ」(*シャキーン)
それにしても、最後が悲しい。

    小鶴      (初出:S52.12)
「かぐや姫」を思い出させます。ずっとこの家の娘で居てくれればよかったものを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

「椿 山」 乙川優三郎

Photo_2

文春文庫 ¥448
2001
1110日第1
2005
625日第9

道理すら曲げてしまう「身分」というものの不条理を知る、下級武士の子。

生きることの切なさを清冽な筆で描ききる表題作など含む全4編。

■「ゆすらうめ」:
6
年の年季を終え再び色茶屋に戻らぬように心を砕く番頭。しかし、家の為に堅気の世界からまた戻ってきてしまったおたか。喜んだのも束の間、真に美しいおたかに涙・・
Photo_3

■「白い月」:
賭博好きのぐうたら亭主と別れることの出来ないおとよの愛憎。
どこかで読んだことがあり様な内容だった。

■「花の顔」:
老人介護問題は、今も昔も大変です。

■「椿 山」:
さすがに表題作、力のある作品でした。
下級武士の子として理不尽を味わい、出世に賭ける覚悟をした青年。家族にも心を閉ざし、孤独に生き、手段を選ばず藩政の中枢にまで登り詰める。が、最後思い切り泣かせてくれる。
「何と申されました?」 この言葉には、涙・涙・涙・・・

子供のころの無二の親友、その百姓の親友に憧れの女性を奪い取られ絶縁していた。が、最後は二人の為に死を覚悟で剣を抜く。

これは良い小説です

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

「さすがに限界 耳鼻科へGO!」

Photo

昨日は終日花粉大全開でした!
特に夜は最悪!

自宅の自室にも関わらず、ましてマスクをしているにも関わらず、鼻が流れっぱなしでまったく止まらない。

「今季は薬に頼らず出来るだけ頑張ってみようか」と思い、病院には行ってなかった(表向きにはそうだが、実際は経済的理由だ。そうそう、我が城がねー、城が・・・)。

しかし、ここまでひどいと限界です。

と、言うことで、朝一で耳鼻科へ。

「昨年は強い薬を飲んでいましたねー、今季はどうですか?」

「先生、今季は最低ですよー、鼻がまったく止まりません!早く来たかったんですがねー」

そんなこんなで、「花粉症は、早期飲薬が大事」。

鼻のかみ過ぎで鼻と鼻の下がヒリヒリ。
これも限界で、今更「花粉用ティッシュ」を購入。

Photo_2 

通常は「スコッティ カシミア」であるが、

「おっ??何だか凄いの発見!」

*最上段写真:クリネックス「ローションティシュー エックス」

●“しっとり感を全面に出した新ローションティシュー。まさにプレミアム しっとり
お肌の弱い方や敏感肌、デリケート肌の方に最適。
高級感あふれるパッケージデザイン。


入数:360枚(180組)
サイズ:248×90×121mm
希望小売価格:オープン

「へー、さすが高いだけある!全然痛くないやー、会社は会社、自宅用も買わなきゃ」

さて、お薬:
・エバステルOD錠10mg(夕食後)
・フルナーゼ点鼻液(一日2
)
・パタノール点眼液0.1%(一日4回)


耳鼻科が¥1000。薬が¥1200&BOXティッシュ。
「あらら、出費、出費!今日は喉の奥も痛いし、最悪だ! くわばら くわばら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

「ゼラチンシルバーLOVE」

Up

監督:操上和美
出演:永瀬正敏/宮沢りえ/役所広司/天海祐希

2008  日本  87 主題歌:井上陽水
公式サイト: http://www.silver-love.com/index.html

200937日より公開
in
銀座テアトルシネマ

久々に怒り爆発!

声を大にして言ってやる!!!

こんな映画、「NO!」だ!!

ふざけんな!!

映画関係や業界の人間ではなく、1映画ファンだからお世辞なんか言わない。
映画ファンははっきり言うべきであろう。こういうのを許しちゃいけない、

「馬鹿にするのもいい加減にしろ!」。

いくら有名な写真家でも、これは単なるあなたのエゴそのものだ。
出演者(永瀬正敏さん/宮沢りえさん)&音楽(井上陽水さん)に釣られ行ったが、見事大ハズレ。
怒り爆発!

映画ファンは、駄目なものは「駄目だ!」とはっきり言おう!

Photo

確かに、さすが写真家、「絵」は綺麗だ、文句はない。如何にも芸術的だ。もちろんプロだから。
でも、映画でしょ?映画を作りましょうよ!?
単なる「動く美しい芸術写真」じゃないんだから!

まったく、あきれ返ってものが言えない!

「くそったれ!」*おっと下品だ、失礼!

それに比べ、2007年公開 同じ写真家の蜷川実花 初監督作品「さくらん」、低予算ながら、内容も映像も素晴らしかった。

ただし、
これがDVDになってこ洒落たバーで環境ビデオ的に流れているのなら、それはそれで良い。

宮沢りえさんの美しく、セクシーな映像は酒の席には合うであろう。

しかし、大劇場で単に動く芸術写真は、いただけません!

これから劇場に行こうと思っている人、出演者に惑わされないで!

■ストーリー:
女をビデオカメラで盗撮する男。女はひとり本を読み、ゆで卵を食べ、外出し再び戻ってくる。男は撮影済みのテープを依頼人に渡し、報酬を得ている。あるとき、得たいの知れない魅力に抗えず、女の跡をつけてしまう。いつしか男の行動は依頼された仕事の領域を逸脱して行く。
写真家・操上和美、満を持しての映画監督デビュー作。“見る男”に永瀬正敏、“見られる女”に宮沢りえ。演技陣の色気を存分に引き出し、セリフを極力排して、凝った?映像と音で観る者をミステリアス?でエロチック?な世界へ誘う。


ゼラチンシルバーLOVE - goo 映画
ゼラチンシルバーLOVE - goo 映画

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年3月 8日 (日)

 「Au by KDDI W64S」

W64s2

SONY ERICSSON

http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/cdma1x_win/w64s/index.html

携帯を4年ぶりに買い換えました。
2008
年秋冬モデル(11/1発売品)が¥30,000下がって2万円台に。これでやっと薄給武士にも手が届くというもの。

機械音痴のそれがし、さすがに、いまどきアンテナ付きは恥ずかしくなってきていた(SANYO A5505SA)

A5505b 年も共にしていると、手に馴染んでその重さが心地よいのだが、アンテナはさすがにいただけません。
前々から、物色はしていたものの、如何せんいまどきの携帯は高すぎる。

携帯なんぞは何でも良いのだ!
電話、メール、写真。それに、海外で使えて、更に薄くて軽ければ、もうこれで十分。


テレビ、音楽、ゲーム?ビデオ? 何おかいわんや
お財布携帯? LISMO? ナビウォーク? ふざけんな!!!

与六の言葉を借りるなら、
「ワシは、携帯なんぞ替えとうなかったのじゃ!!」と、言うことになる。

と、言うことで、
二代目:次郎くんの時代は終わり、三代目:三郎くんの世代に代替わり。
さて、4年後の四代目:四郎くんの時代はどんな携帯になっているやら・・・・

■スペック:

·                    欧州や北米・中国など世界181ヵ国・地域でつながる (1)「グローバルパスポート GSM」に対応。普段日本で使っているケータイのままで、海外でも通話できます。

·                   

グローバルパスポート GSM

·                    Eメール・EZweb等も、世界約122ヵ国・地域 (1) でご利用可能。

 

サイズ&重量

50 (W) × 106 (H) × 14.9 (D) mm (閉じた状態) /

120g

連続通話時間(音声通話時)

240 (日本国内使用時 (1)

)

連続待受時間

350時間 (日本国内使用時 (1)

)

ディスプレイサイズ
(
メイン/サブ

)

2.7インチ /

ディスプレイタイプ
(
メイン

)

TFT

液晶最大表示色数
(
メイン/サブ

)

6.5万色 /

カメラ機能

有効画素数/撮影素子

319万画素

/ CMOS

撮影ライト

オートフォーカス撮影

フォト機能

最大撮影サイズ

2,048×1,536ドット

連写撮影

9 / 4連写

ズーム機能
(
最大ズーム/調節段階

)

3 / 17段階

ムービー機能

長時間録画
(
最大サイズ・最大時間

)

QVGA=30 (2)

ズーム機能
(
最大ズーム/調節段階

)

4.9 / 24段階

Eメール

受信メールの保存件数※

1

4.0MB または 1,000

送信メールの保存件数※

1

2.0MB または 500

データ容量

データフォルダ容量※

1

70MB または 2,000

外部メモリ
(
対応カード最大容量)

2

2GB microSD / セキュア対応

 

·                   

外部メモリ

ワンセグ連続視聴時間
(DBEX
ON/DBEXOFF)

3

4時間40 / 4時間50

LISMO 音楽連続再生時間 (DBEXON時/DBEXOFF)

3

21時間50 / 27時間00

アドレス帳登録件数
(
電話帳/Eメールアドレス

)

1,000 (3 / 3

)

赤外線通信

PCドキュメントビューアー

バイリンガル機能

<bilingual>

オリジナル機能

防犯ブザー
イルミネーション&おしらせアイコン
デコレーションエモジ1,000
POBox Pro 3.0E (
英字予測入力

)
TalkManFlash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボーダータウン 報道されない殺人者」

Photo_6

監督・脚本:グレゴリー・ナヴァ
出演:ジェニファー・ロペス/アントニオ・バンデラス/マヤ・ザパタ/マーティン・シーン
2006
年 アメリカ 20081018日公開
公式サイト:http://www.bordertown.jp/

とても衝撃的な問題作である。
観ていて非常に辛く、悲しい。
これは本当に事実なのであろうか・・・・

そうそう、ジェニファー・ロペスが別人に見えた。しかし、ここまで変われるか?女性は凄いなー。

■ストーリー:

この15年間で、500件にも及ぶ女性殺害事件がメキシコのとある町で起きているが、実際には5000件に及ぶと推計されている…そんな、闇に葬り去られようとしている真実を表舞台に浮かび上がらせた問題作。サンディエゴ出身でメキシコと縁の深い監督、グレゴリー・ナヴァにとっても見過ごす事のできない事実だったのだろう。これまで明朗活発でセクシーな役が多かったジェニファー・ロペスがイメージを一変、作品の内容に共感し出演を快諾するとともに、自らプロデュースに参加したという。それに加えアントニオ・バンデラスの共演が、重いテーマの作品に華を与えている。

シカゴの新聞社で働く記者ローレンはアメリカ・メキシコ国境の町・フアレスで起きている連続女性殺害事件の取材を命じられる。フアレスに着いた彼女は、かつて仕事を共にしていたディアスが経営する新聞社、エル・ソロ社を訪ねた。当局の圧力から、なかなか真実を報道できないメキシコで、エル・ソロ社は弾圧に負けない内容の新聞を発行し続けていたのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カフーを待ちわびて」 原田マハ

Photo_4

- waiting for good news -

宝島社文庫 457
2008
526 1刷発行
2009
3 4 2刷発行
2006
年4月宝島社より単行本として発行
1回日本ラブストーリー大賞受賞作

映画を観てから購入し、即読み終えた。
「あれ?随分と設定が違うものだなー」が、最初の印象。
・明青の火傷の手が、左右逆

     エンディングがそもそも違う。
は、ほんの一部でいろいろな部分が違っている。

映画、原作本のどちらが良い?ということではないが、足して2で割った感じがいいのであろう。

主人公はあの二人(玉山鉄二、マイコ)でバッチリ。物事の細部は原作本で意味を理解し、納得。

「そうか、マイコさんはそういう状況であそこに行き絵馬を見つけたのか。それでそうやって手紙を出したのですね?おお母さんは、そういう風に流れて、そうなった訳だ。」
などなど。

しかし、最後がこうも違うとは思わなかった。
映画を観てる分にはああいう風に終わってもらえるとすっきり、さっぱりしますね。


映画を観られた方は、どうぞ本も読んでみてください。詳しいことが解かります。

さて話しは変わって、
この文庫本のカバー写真(shigeyuki uenishi)は素晴らしい。ベストアングルである。

Photo_5

海、空、雲、一本道、ブーゲンビリア。
上手いショットだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カフーを待ちわびて」 再び

Photo_3   

公式サイト:http://kafu-movie.jp/index.html

in:有楽町スバル座

公開初日2/28に引き続き、翌日の3/1も訳あって観にいった。
所謂、連チャンですが、またもマイコさんに魅了され、泣くところで泣かされました。
しかし、マイコさんの立ち姿は実に美しい。
姿勢のいい人は実に気持ちがいい、綺麗だ。

さて、その連チャンの訳とは:

実はそれがし、有楽町スバル座「株主招待券」を持っている(言うまでもなく株主ではござらん)。
この株主招待券は、半年間毎月2回映画が無料で観れるもの。前に有楽町の安売りチケット屋さんで大お徳の¥3000?で購入した。前日の公開初日(2/28)2月分を使用。

そして翌日の3/1。有楽町駅前のBICカメラで携帯電話を購入し、その際データをコピーするのに2hかかるとのこと。「2h」時間を潰すとなると手っ取り早いのは「近くで映画」、それもお金がかからないのがいい。と、なりゃ「スバル座株主招待券」の登場である。

そんなこんなで、連チャンで「カフー・・・」を観る事になった。
こういう映画はきれいでくどくないから、そして何といっても「美しい映画」だから2回観ても大満足なのである。

さて、この映画で登場する「与那喜島」、場所が解からないので検索した。が、出てこない。
調べてみたら架空の島らしい。で、沖縄の離島「伊是名(いぜな)島」が本来の舞台であることが解かった。「へー、そうなんだー、架空ねー。まー架空にしておかないと話の内容から大変なことになるからなー」と、納得したりして。

原田マハさんインタビュー(架空の島のこと)

http://www.haramu.net/main/archives/2006/07/post_74.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

「 I’m Free」

Free

実に良い言葉で、良い響きです。大好きですこの言葉。

さて、四年ぶりにFreeになりました!

それがしの仕事、その性質上、土・日・祝祭日がなく1年362日働いていました(さすがに正月三が日は休み)。

この度、わが城の経費節減、外注費大幅カットの一環として、外注稼働日数の縮小・短縮を提案したところ、スルッと通ってしまいその提案者自身がびっくり!

晴れて、今週末から完全に土日祝祭日が休みになった。これで、5年目にして休みの日が「完全なる休み」となり、

休みの日にも朝の9:00から携帯の電源を入れることもなく、

その呼び出し音にびくつくこともなく、

土日に全国津々浦々飛び回ることもなく、映画の際、不安と共に電源を切ることもなく、安心してゆっくり休むことが出来るようになった。

あー、土・日に仕事のことを忘れることが、こんなに精神的に楽とは知らなかった。

あー、祝祭日に携帯を意識しないでいい事が、こんなに楽なんだと。

世のサラリーマン戦士よ、土日は仕事を忘れよう。
そして、土日に休めることを感謝しよう。

土日の十分な休暇は、週明けに向けての心身の貯蓄だ。
どうかその家族は、孤高の戦士に休暇を与えてください。
休暇こそが明日への活力です。

Photo_4

I’m Free. I’m Free」「I’m Free

あー、「自由」を実感!

やっぱり男は自由でなきゃいけない!!

さーて、沖縄でもいこうか?!
ん?違う???

これは失礼!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「カフーを待ちわびて」

Photo  

監督:中井庸友
出演:玉山鉄二/マイコ/勝地涼
2009
 邦画 121 
公式サイト:http://kafu-movie.jp/index.html

2009228日より全国公開

in:有楽町スバル座

*「カフー」:果報。与那喜島の方言。良い知らせ、幸せ

公開初日(2/28)に観て来ました。

公開している劇場が少ない映画ではありますが、是非に!とお薦めしたい一本。
「沖縄病」のそれがしが言うと全く説得力がないのですが、沖縄映画ながら「洗練された都会向けの沖縄映画」といった感じで、是非、是非お薦めします!

「如何にも沖縄!」ってな感じのゆったりした映画。
ただし、普通の沖縄映画と違うのは、「観光らしい観光スポットは出てこない」と言うこと。これがいいんだな!
沖縄は、単に蒼く綺麗な「海」と、真っ青な「空」があればそれだけでいい。あとはゆったりした時間。観光名所は必要ない。

Photo_2 この映画の魅力は、“ふらっ”と沖縄にやってくる不思議な女性「マイコ」さんに限る。
どこぞの有名な女優さんではない、こういう自然な女性が沖縄映画には似合う。

背が高く、すらりとした、白色の何気ない洋服が似合う女性。
バレエをやっていたらしく、立ち姿がやたら美しい。背筋がきちんと伸びた人はいまどき珍しい。
とは言うものの、それがし全くこの女優さんを知りませんでした。

帰宅して即検索。
「へー、モデルさんだったんだ、へー、草薙さんの按摩さんの映画にでていたんだー」と。
今後、注目!(*yahoo映画「お気に入り人物」に登録したのは言うまでもない)

主演の玉山鉄二さんは、映画「手紙」の囚人役、NHK「天地人」の長尾影虎役が印象深くあまり好きではない俳優さんではあったが、この映画で一変した。あのずぼらな感じが新鮮である。

また、観終った後解かったことだが、
この映画、終始、携帯やらパソコンの電子機器は勿論、テレビまでもが全く出てこなかった。あるのは沖縄タイム。「あ・・・いいなーこのゆったり感が・・・」。

また「沖縄病」がむくむく目覚めてきた!
JAL
のマイルは既に沖縄分は溜まっている。さて、夏の前に行くか???

*映画館鑑賞後、即、原作本「カフーを待ちわびて」宝島社を買ったのは、言うまでもない。
さて、さて、湯船に温泉の素(出来ればブルー)を入れて、ゆーっくり「原作本」の続きをでも読もう。

Photo_3

■ストーリー:
美しい沖縄の海と空を背景に描くラブストーリー

ゆるやかに時間が流れる南の小さな島で、雑貨店を営みながら、愛犬・カフーと暮らす不器用で地味な青年のもとに、ある日1通の手紙が届く。その手紙には「あなたのお嫁さんにして下さい」。やがて一人の美しい女性が訪ねてくる。そして何の説明もなく、明青の家に住み付いてしまう彼女だったが、彼女のことを“カフー”(=良い知らせ)として受け入れ、明青は幸と共に暮らし始める

恋愛小説を対象とした公募型新人文学賞「日本ラブストーリー大賞」の第1回受賞作の同名小説を映画化したピュアなラブストーリー。不器用な青年といわくありげな美しい女性が、困難を乗り越え、互いにかけがえのない存在となっていく姿を、沖縄の碧い海と空をバックに描く。主演は玉山鉄二と、『山のあなた 徳市の恋』で鮮烈な印象を残したマイコ。中井庸友監督が陽気で明るい沖縄を描いた。

「カフーを待ちわびて」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

カフーを待ちわびて - goo 映画
カフーを待ちわびて - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 4日 (水)

「江戸の“雪”」

本日、新幹線bullettrain 浜松駅下車、
「やっぱ静岡は暖ったかいなー」

■その夜の20:00

「このまま帰ったら やっぱ東京は雪snowかな??」

■東京駅22:00
「おーっ、 お江戸は寒いぞー」


■最寄駅23:00

「ゲッ?! 雪じゃん!eye
*先週と、今日で今季2回目

*こんな情緒の夜には、何故かふと「氷雨」rainを思い出す

notes「外はふーゆーのー雨 まーだーやーまぬ このむーねーを濡らすーよに、傘がなーいわーけじゃーないけーれど・・・」

かなり昔の歌だなー、もうかれこれ20年は前の歌だ。やけに懐かしいbleah

しかし、いまどきの「天気予報」はよく当たる

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »