« 「ブーリン家の姉妹」 3rd | トップページ | 「なんと!一声 ▲160,000両」 »

2009年3月22日 (日)

「海坂藩大全 下」藤沢周平

Photo_3

文芸春秋 1,524
2007
115 1

藤沢周平著 海坂藩(架空の藩)を題材にした大全の「下巻」、11作品集。
「東北の小さな藩の中で、男たちは志を貫こうと苦悶し、女たちは胸に熱い想いを秘める」

何度読み返しても感動する作品ばかり。
不器用で、けなげで、痛々しい侍。それを陰で支える母・妻・娘・女。
このような「侍魂」をそれがしも引継ぎ、今の世でも持ち続けていきたいものでござる。

この「大全 上・下巻」は、文庫本1冊1冊を読むのとは明らかに異なる。話が変わっても海坂を継続しながら1つ1つの作品を堪能できる。
更に、書棚に藤沢作品がまた2冊増えたことが、なんとも嬉しい限りで御座る。

    「梅薫る」 S53.4月:
何とも、男気、侍を感じさせる。こういう肝の据わった大きな侍でありたい。

    「泣くな、けい」 S53.8月:
この作品、この上なく大好きです。
武家の主と奉公人の強い絆。この結末、けいでなくとも、恐れながらそれがし泣いちゃいます。
「こういう作品はいいな-・・・、人間こうありたい!」

    「泣く母」 S54/4/27
まったく! 人が良過ぎて泣いちゃいます。

    「山桜」 S55.2月:Photo_2
これは昨年映画になりました。あの映画は結構原作に忠実です。
そういえば、最後あのシーンには泣かされました。原作も、映画も最高です。
多分これは、世界広しと言えども日本人にしか解からない感情・感覚かもしれない。
こういう心を持ちたいものです。

    「報復」 S56.4月:
そうだ、そうだ、やれやれ!!やってしまえーっ!!! 
(本文より)「下男には下男のやり方がある。足をふみしめると、最後の一撃を木に打ちこんだ。」
出来ることなら、そのまま逃げ去って欲しかったが・・・・
これも、主と奉公人の深い絆。泣けます!

    「切腹」 S58.2月:
悔しい!しかし、悔しい。まったく悔しい。
ああ・・、侍のなんとも潔さよ。そして、絆の深さよ!

(本文より)
「さればといって、見殺しにしては武士の一分が立たぬ」
甚佐衛門はきっぱりと言うと、呆然と立っている作蔵を見た。
「わしにも、握り飯を馳走してくれぬか」

*この一文に「ぞくっ」とさせられる。
我もこうありたい!

    「花のあと」 S58.8月:
これは面白い、そして如何にも寛大である。男子たるものこうありたい!
(本文より)
「この際だから聞いておくが、・・・、・・・・・。」
「あの男と、何かあったのか?」
「何にも。ただ一度、試合をしていただいただけでございますよ」
「ほう、一度だけ?試合を?」
「どうせ、そのようなことだろうと思った」
「・・・」
「では、行って来る」

*このやり取りが、なんとも面白いのである。侍・夫の見栄と、実直な剣士・妻、笑っちゃいます。

    「鷦鷯(みそさざい) H2.6月:
討手として現れたのは憎まれ金貸しの倅、そして先日出遅れた娘にちょっかいを出していた若侍。
これから踏み込もうとする際、娘の父親に向け一言、
「品どのはお変わりありませんか」
「そのふやけた顔をひきしめろ」と叱咤。

このなんともいえないユーモアは、藤沢作品ならではのもの。面白いよなー


    「岡安家の犬」 H5.7/22
それがしなら、何があろうと絶対許さないけどなー。
さすがに110石を頂く家柄、それがし 平侍とは心の広さが違う。

    「静かな木」 H6.5月:
これは年齢を重ねないと書けない作品ですね。
ふと気になり調べてみた。著書67歳の作品。「やっぱり・・・」。
実に説得力がある。
(本文より)
福泉寺の欅も、この間吹いた強い西風であらかた葉を落としたとみえて、空にのび上がって見える幹も、こまかな枝もすがすがしい裸である。
-あのような最期を迎えられればいい。
木の真実はすべての飾りをはらい捨てた姿で立っている、今の季節にあるという感想を捨てきれない。ただしそれは老年の感想というべきものかも知れなかった。
この後3年で、著者は亡くなっている。合掌

    「偉丈夫」 H8.1月:
これ、面白いなー、そして、実に奥深い。
著者 亡くなる1年前に書いた作品。
自らを投影しているのかもしれない。

|

« 「ブーリン家の姉妹」 3rd | トップページ | 「なんと!一声 ▲160,000両」 »

藤沢周平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/44431090

この記事へのトラックバック一覧です: 「海坂藩大全 下」藤沢周平:

« 「ブーリン家の姉妹」 3rd | トップページ | 「なんと!一声 ▲160,000両」 »