« 「さすがに限界 耳鼻科へGO!」 | トップページ | 「海坂藩大全 上」 藤沢周平 »

2009年3月13日 (金)

「椿 山」 乙川優三郎

Photo_2

文春文庫 ¥448
2001
1110日第1
2005
625日第9

道理すら曲げてしまう「身分」というものの不条理を知る、下級武士の子。

生きることの切なさを清冽な筆で描ききる表題作など含む全4編。

■「ゆすらうめ」:
6
年の年季を終え再び色茶屋に戻らぬように心を砕く番頭。しかし、家の為に堅気の世界からまた戻ってきてしまったおたか。喜んだのも束の間、真に美しいおたかに涙・・
Photo_3

■「白い月」:
賭博好きのぐうたら亭主と別れることの出来ないおとよの愛憎。
どこかで読んだことがあり様な内容だった。

■「花の顔」:
老人介護問題は、今も昔も大変です。

■「椿 山」:
さすがに表題作、力のある作品でした。
下級武士の子として理不尽を味わい、出世に賭ける覚悟をした青年。家族にも心を閉ざし、孤独に生き、手段を選ばず藩政の中枢にまで登り詰める。が、最後思い切り泣かせてくれる。
「何と申されました?」 この言葉には、涙・涙・涙・・・

子供のころの無二の親友、その百姓の親友に憧れの女性を奪い取られ絶縁していた。が、最後は二人の為に死を覚悟で剣を抜く。

これは良い小説です

Photo_4

|

« 「さすがに限界 耳鼻科へGO!」 | トップページ | 「海坂藩大全 上」 藤沢周平 »

乙川優三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/44328187

この記事へのトラックバック一覧です: 「椿 山」 乙川優三郎:

« 「さすがに限界 耳鼻科へGO!」 | トップページ | 「海坂藩大全 上」 藤沢周平 »