« 「20年ぶりの再会 雨の神保町」 | トップページ | 「冬の標(しるべ)」 乙川優三郎 »

2009年4月30日 (木)

「第205回 二ツ目勉強会」

Photo

今月も行って来ました池袋演芸場「二ツ目勉強会」。

先月passでニヶ月ぶり。

世の中大不況で笑ってなんかいられませんから、せめて月に一度の2h半、思う存分腹から笑いたいものです。

さて内容、
今月の5噺はどれも面白い内容でした。

■柳亭こみち:「千早ふる」
こみちさんは昨年5月以来約1年ぶり(演目「堪忍袋」)。珍しい女性の噺家さんですが、落ち着いて安心して聴けますから私は好きです。
演目はお馴染みの「千早ふる」、何度聴いても面白い噺。ときに気になり「在原業平(ありわらのなりひら)」の百人一首調べちゃいました。

「千早振る 神代も聞かず 竜田河() 唐紅(からくれない)に 水くぐるとは」(古今294

【通釈】神々の霊威で不可思議なことがいくらも起こった大昔にも、こんなことがあったとは聞いていない。龍田川の水を美しい紅色に括り染めするとは

これを落語では、

知ったかぶりの隠居が、 「相撲取り龍田川/指名した花魁千早/妹・神代/女乞食/井戸に落ちて水くぐる」ってな噺に。最後の『とは?』に、「それは千早の本名だ!」。って
この噺 単純だけど最高です!


■鈴々舎風車:「ずっこけ」
私の大好きな噺家、風車さん。
もう上手いのなんのって絶品です、この方の酔っ払い。小僧も可愛いし。
しかも、開口一番からお客を「さっ!」っと引き付ける話術は「凄いな!」のひとこと。

はやり、独演の場数の違いなのでしょうか?他の二ツ目さんとはまったく次元が異なります。
しかし不思議なのは、ここまで上手いのにどうして「二ツ目」のままで「真打」じゃないの?
この世界も色々在って大変なのでしょうね?頑張ってください!応援していますから。

    三遊亭天どん:「大工しらべ」
この演目、誠に可哀想ですが昨年5月、上記「風車さん」で聴いていました。「風車さん」は噺がとても上手いので即比べてしまいました。
それはそれとして、この「天どん」さん。ちょっと気になりました。自宅に帰って調べるとその謎が解けました。「そうですか?高学歴()の教育学部卒。どうりで・・・・」

ちょっとキツイ感想で失礼。
この方、まず風貌がよくない。人を引き付ける様な親近感をい抱かせない、外見で嫌悪感を覚える。ここでまず噺家としてマイナス・スタート。そして「カツゼツ」が悪い。言葉が伝わってこない。そして、最悪なのがこれ!
 「人(お客)を見下している」

噺が上手い、下手以前の問題。本人は全く解かっていないと思いますが、「客に好かれて何ぼ」の世界ですからまずここから改めましょう。鏡に向かって練習したり、自分の噺を録音して聴いて見てほしいものです。

後半の噺のいいところが全く伝わってこず、今回は残念でした。
次回聴く機会を楽しみにしています。

***お仲入り****

■柳家ほたる:「ろくろっ首」
上記「三遊亭天どん」さんとは正反対、人懐っこい顔と丸っこい風貌、如何にも噺家さんっぽいキャラクターで最初から徳、1つの武器でしょう。ですから、多少とちっても許せちゃいました。
演目もよかったですね、また聴いてみたい噺家さんでした。名前も覚え易いし・・。

■柳家喬之進:「井戸の茶碗」
昨年6月以来(演目:仏馬)でしたね、喬之進さん。今回のトリですから自然と期待してしまいました。噺を聴きながら、「あれ? 聴いたことある噺けどストーリーが違うな?」と。
帰ってから調べると、「はてなの茶碗」とストーリーは違うけど話の筋が同じ。
「へー、落語って面白いな・・・」と、つまらないところで感心したりして。
話の展開としては今回の「井戸の茶碗」の方が面白いかも。侍のキャラクターが何ともいい。
噺に聴き入り十分満足しました。

|

« 「20年ぶりの再会 雨の神保町」 | トップページ | 「冬の標(しるべ)」 乙川優三郎 »

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/44838422

この記事へのトラックバック一覧です: 「第205回 二ツ目勉強会」:

« 「20年ぶりの再会 雨の神保町」 | トップページ | 「冬の標(しるべ)」 乙川優三郎 »