« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

「冬の標(しるべ)」 乙川優三郎

Photo_2

文春文庫 619
2005
1210日第1
単行本200212月 中央公論新社刊

一気に読みました。
悲しかったーweep

男でも自由に生きられない幕末の時代、小藩の武家の娘が南画家(水墨・淡彩で山水を描く)に成るべく我を通すが思い適うはずもなく、20年後、全てを捨て一人江戸へ。

今の世の片田舎にも通じる雁字搦めの生活、
したくもない結婚、出産、夫との死別、忍ぶ恋愛、家に縛られ義夫を看取り、義母との長い長い確執、などなど。そんな縛られた生活のかなでも絵を描くことを辞めなかった執念。
幼き頃、南画を志す身分の違う少年、少女3人が成長していく過程、幕末の世に翻弄されながら各々違う道へと流れていく。いずれも哀れで、読みながら一生懸命少年、少女を応援しちゃいました。

20年後3人が再会し書画会を開くが、そこの出品する絵一枚一枚を文章から想像しましたが、是非どんなものか見てみたい気がしました。勤皇派急先鋒の光岡修理の「逆の葱」は、想像しただけでも笑っちゃいますが是非見たかったですね・・・。

世の「仕来(しきた)り」&時代との葛藤物語。

いずれの世も生き難いものでござる。

■内容:

幕末、小藩の大番頭の娘・明世は南画の自由な世界に魅せられるが、世間の仕来りは女子が絵を描くことを許さない。結婚して夫と姑に仕えることを強いられた二十年を経て、明世はついに自らの情熱を追う決心をする
 封建の世に真の自立の道を歩もうとする一人の女性の、凄まじい葛藤と成長を描いた感動長編。(「BOOK」データベースより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第205回 二ツ目勉強会」

Photo

今月も行って来ました池袋演芸場「二ツ目勉強会」。

先月passでニヶ月ぶり。

世の中大不況で笑ってなんかいられませんから、せめて月に一度の2h半、思う存分腹から笑いたいものです。

さて内容、
今月の5噺はどれも面白い内容でした。

■柳亭こみち:「千早ふる」
こみちさんは昨年5月以来約1年ぶり(演目「堪忍袋」)。珍しい女性の噺家さんですが、落ち着いて安心して聴けますから私は好きです。
演目はお馴染みの「千早ふる」、何度聴いても面白い噺。ときに気になり「在原業平(ありわらのなりひら)」の百人一首調べちゃいました。

「千早振る 神代も聞かず 竜田河() 唐紅(からくれない)に 水くぐるとは」(古今294

【通釈】神々の霊威で不可思議なことがいくらも起こった大昔にも、こんなことがあったとは聞いていない。龍田川の水を美しい紅色に括り染めするとは

これを落語では、

知ったかぶりの隠居が、 「相撲取り龍田川/指名した花魁千早/妹・神代/女乞食/井戸に落ちて水くぐる」ってな噺に。最後の『とは?』に、「それは千早の本名だ!」。って
この噺 単純だけど最高です!


■鈴々舎風車:「ずっこけ」
私の大好きな噺家、風車さん。
もう上手いのなんのって絶品です、この方の酔っ払い。小僧も可愛いし。
しかも、開口一番からお客を「さっ!」っと引き付ける話術は「凄いな!」のひとこと。

はやり、独演の場数の違いなのでしょうか?他の二ツ目さんとはまったく次元が異なります。
しかし不思議なのは、ここまで上手いのにどうして「二ツ目」のままで「真打」じゃないの?
この世界も色々在って大変なのでしょうね?頑張ってください!応援していますから。

    三遊亭天どん:「大工しらべ」
この演目、誠に可哀想ですが昨年5月、上記「風車さん」で聴いていました。「風車さん」は噺がとても上手いので即比べてしまいました。
それはそれとして、この「天どん」さん。ちょっと気になりました。自宅に帰って調べるとその謎が解けました。「そうですか?高学歴()の教育学部卒。どうりで・・・・」

ちょっとキツイ感想で失礼。
この方、まず風貌がよくない。人を引き付ける様な親近感をい抱かせない、外見で嫌悪感を覚える。ここでまず噺家としてマイナス・スタート。そして「カツゼツ」が悪い。言葉が伝わってこない。そして、最悪なのがこれ!
 「人(お客)を見下している」

噺が上手い、下手以前の問題。本人は全く解かっていないと思いますが、「客に好かれて何ぼ」の世界ですからまずここから改めましょう。鏡に向かって練習したり、自分の噺を録音して聴いて見てほしいものです。

後半の噺のいいところが全く伝わってこず、今回は残念でした。
次回聴く機会を楽しみにしています。

***お仲入り****

■柳家ほたる:「ろくろっ首」
上記「三遊亭天どん」さんとは正反対、人懐っこい顔と丸っこい風貌、如何にも噺家さんっぽいキャラクターで最初から徳、1つの武器でしょう。ですから、多少とちっても許せちゃいました。
演目もよかったですね、また聴いてみたい噺家さんでした。名前も覚え易いし・・。

■柳家喬之進:「井戸の茶碗」
昨年6月以来(演目:仏馬)でしたね、喬之進さん。今回のトリですから自然と期待してしまいました。噺を聴きながら、「あれ? 聴いたことある噺けどストーリーが違うな?」と。
帰ってから調べると、「はてなの茶碗」とストーリーは違うけど話の筋が同じ。
「へー、落語って面白いな・・・」と、つまらないところで感心したりして。
話の展開としては今回の「井戸の茶碗」の方が面白いかも。侍のキャラクターが何ともいい。
噺に聴き入り十分満足しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

「20年ぶりの再会 雨の神保町」

Photo

たった2Hでしたが、今夜楽しいひとときを過ごしました。

思い起こせば20年ぶり。考えてみれば凄いこと! でも、あっという間の20年。
東京に居ると、こうしてまた仕事帰りに簡単に会えるから、人生は楽しい、面白い。

しかし、懐かしい。


元同僚、同じ会社で同じ部署にいた中の2名、それがしと計3名。
当時、所属事業部が解散して別々になり、その後連絡は全く取っていなかった。

しかし、今回の当城主「外注費0計画」の対策として、昔の伝手を探った縁でこうして再会することが出来た。世の中って凄いなー。「縁」って凄いなー。

面白いのは、20年ぶりの劇的再会なのに
「やぁー、お待たせ!」って、
これが20年ぶりに再会する挨拶か????

しかし、これでお互いが通じちゃうから嬉しい。
そして一気に20年前にtime trip。当時と何も変わっちゃいない、変わったのはそれがしの髪の色だけか?

当時は青春真っ只中。一生懸命働いて、朝まで遊び呆けてそのまま出社。とか、仕事の途中で脱け出し、飲んで騒いで仕事にまた戻るとか、はちゃメチャな時代。まして、ヤクザな所謂「業界」でしたから、昼夜逆転なんのその、寝ずに仕事やってまたまた遊びに行ってた、そんな時代。そんな同僚。それでもその当時の作品は現実に形として残っている。

「縁」は大切にしたいものですね。
一生に出会える人はたかが知れているのですから。



しかし3人寄ると、当時の人の名前が次から次へと出てくる。それも現実に繋がって。
さて、この3人から次回会うときは何人に話しが広がっていることだろう。
楽しみだ。

そして 乙川優三郎さんの言葉を思い出す。「蔓の端々」 講談社文庫

腹の見えぬ人間を頼るよりは自然に出会った人を大切にすることだ、人が一生の間に出会える人間は限られている。その中には縁がなく去ってゆくものもいれば死別するものもいる、結果、残るのは僅かな人数だが、それが利勘のからまぬ人たちだろう、それでよいのではないか

すごいなー、乙川さんは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

「甲斐性のない親の務めとは・・・」

*****武士の一文****2009/4/20篇

「人の上に立つ器量も、財を築く才覚もなかったせいで、そなたに身になるものは何も残せない。ならば身にならぬものも残したくはない。それが甲斐性もなかった親の務めだろう」


講談社文庫「蔓の端々」乙川優三郎 P375


*これはそれがしが死ぬ時に使う文言としよう、しかしマンションのローンは残るなー・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「辿り着いたのは-、ここが噂の・・・」

P1010020

月に一度の鎌倉de「華道」。
東京から1hかけて駅に着いたはいいが、

「え?・・・・あれ?・・・」

crying1週間間違えてしまった!
残念!!
馬鹿じゃん!?

まー、来てしまったものは仕方があるまい。
さーて、このまま引き返すのは「お馬鹿」*2乗

何をしようぞ?と思いしも、4年間毎月鎌倉に来てゆっくり散歩もしたことがない、
では、ブラりお散歩と参ろうぞ!

と、「鎌倉」から「北鎌倉」へぶらぶらゆっくり一駅歩くことにした。

そこで、こーんな景色やら、あーんな景色やPhotoら、足の向くまま気の向くまま。
今のこの時期、梅雨前の気候はお散歩には大変気持ちがいい。

時間に追われぬこんな過ごし方も時には大切である。
「美感を磨け! 感性を高めよ!」雑念が頭をよぎるが、それも一瞬のこと。
そして、何のことはない自然の景色に感動する。P1010021

さて、ゴール:北鎌倉駅を間近に、人の流れに足を任せると

Photo_2 eye何と!何と!! お武家様、びっくりしたのでござります!」
ここがかの有名な・・・・「縁切寺」、ひぇーcoldsweats02
へー、ここが・・・・・・・。

「まー、せっかくだし、一人だから、行って見るかっ」ってなことで、入館料 200円?100円?。

想像していた場所とはまったく違っていましたねー。
臨済宗 東慶寺 男子禁制の尼寺(明治に至るまで)、「駆け込み寺、縁切寺」として、あまたの女人を救済した寺。また、名だたる人のお墓、碑が沢山。
境内は非常にきれいに手入れされ、心地よく、落ち着く。単に「お寺」ではないところがいいですね。

Photo_3

しかし、こんな場所に「縁切り寺」があるとはびっくりしたなー
北鎌倉駅、徒歩3分。

結構、人もいますし暗い感じはまったくありません。
北条時宗夫人覚山尼、5世後醍醐天皇皇女のお墓は、自然に圧倒されて「すごい!」のひとここと。

お薦めするのもなんですが、皆さんもどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

「一生の間に出会える人間は限られている・・・」

***武士の1文*** 2009/4/17

「腹の見えぬ人間を頼るよりは自然に出会った人を大切にすることだ、人が一生の間に出会える人間は限られている。その中には縁がなく去ってゆくものもいれば死別するものもいる、結果、残るのは僅かな人数だが、それが利勘のからまぬ人たちだろう、それでよいのではないか」

「蔓の端々」乙川優三郎著 講談社文庫 P113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「蔓の端々」 乙川優三郎

Photo_2 

ツルノハシバシ

講談社文庫 667円

2003/ 4/14 1刷発行
20004月 講談社より単行本として刊行

超お薦め本!

言葉の一つ一つが重く、泣いてしまいますweep
映画になっても全くおかしくない内容、実に深い。



更に、一度読んだら止まらない! subwayNon stop暴走列車!
「どうして居なくなった? それでどうなった? 今はどうしている?」
この答えを探そうとどんどんページを捲ってしまう。
早く知りたい、早く読みたい、早く電車で没頭したい、このまま乗り続けていたい、降りたくない、macで読み続けていたい・・・。

いやー、睡眠や仕事どころじゃない!!実に危ない本wobbly シドニー・シェルダンに勝るとも劣らない。

でも、最終的にはこの著者独特の世界
「人とは?」に行き着くconfident
実に考えさせられる本です。十分すぎるくらい満足した本でした。

*この本の一番のポイントはここでしょう。
P376

人はどう生きようと最後には後悔するように出来ているのかも知れん、しかし生きている間は明日を見て暮すほうがいい、不幸や憎しみを忘れるのはむつかしいが、忘れなければ立ち淀むばかりだろう」
「しかし、よしんば忘れたとしても再び思い出さぬとは限りません」
「そういうこともあるだろ、だが一度忘れておけば次は軽くなる」


*この言葉が読み進めていく中で非常に重い言葉となっていく。

また、こういうのはどうじゃ?

P362

人は食わずには生きられない、着るものもいれば家もいる。そして、そのために働き続けて死んでしまう。まったく生きるために食っているのか食うために生きているのか分からん。貧乏人は生まれたときから食うために生き、最後は食わせるために死ぬんだ」「不幸なんぞ腹の足しにもならん」

*この箇所は悲し過ぎました。


■内容:
若き武士・瓜生禎蔵(うりゅうていぞう)は、剣術で身を立てようと武芸に励んできた。ある日突然、彼が妻にと想いを寄せていた娘・八重が、幼馴染みで道場仲間の黒崎礼助(くろさきれいすけ)と姿を消してしまう。しかも礼助には筆頭家老暗殺の嫌疑が。事の真相は?
藩内抗争に否応なく巻きこまれてゆく武士たちの苦悩と悲哀を描く傑作時代小説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

「イチローの流儀」 小西慶三

Photo

新潮文庫 400
平成214月1日発行
*平成18年3月 新潮社より刊行本

共同通信社の記者。オリックス時代から現在までイチローの試合をもっとも多く観続けてきた人。2000年からシアトル支局。

えてしてこの手の本は、内容が薄い。
しかし、この本はまったく異なる。

一般のスポーツ紙記者本なら購入してまでも読まないが、天下の共同通信社の番記者なら間違いない。

偏見の無い目で見た真実のイチローを知りたかった。
そういう意味で、実に満足!

よりイチローを理解することができます。

内容の濃い、充実した1冊。

是非お薦めです。

・そうか、そんなに小さい時からプロ用のグラブを持ったのか?
・そうか、そこが他の選手と違うわけだね?
・そうか、日産の「マーチ」ねー??? へー???
・そうかそうか、そういうことだったんだー
・株?株??!! へー、そんな小さいときから??? あらら?
などなど

しかし、イチローの徹底ぶりは凄いなー

そうじゃなきゃ、あんな風にはなれないよな

選手としての今は勿論だが、何れは来るであろう引退後のこの人の生き方に、今から興味深深! 

さて、何をするんだろう?

あと5年は早い話か?

余計なお世話か?

そりゃ失礼!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

「火天の城」 山本兼一

Photo

文春文庫 590
2007/ 6/10
1
2009/ 1/30
3

11回 松本清張賞 受賞作

実は、著者が受賞した、第140回 直木賞受賞作「利休にたずねよ」を読みたかったのだ。が、単行本が高くて買えずこの文庫を購入。

著者の作品は今まで読んだことが無かった。と、いうか、その存在自体を今回の直木賞受賞で知った。
ただし、興味を持って調べると意外や意外、織田信長3部作なるものや、実に興味深いものを書いている作家。
そこで、「織田信長」3部作のまずは1冊目。

Photo_4

流石に直木賞受賞作家、十分納得。

「いや、実に面白い! 文章が巧みで先々駆り立てられる。よし、次の本を購入しよう!」

うん!いい作家を見つけたぞ! 世は満足じゃ!!

Photo_3 しかし、「お城」なるものにはまったく、これっぽちも興味が無かったが、これを読んだら最後、そりゃ幻の城「安土城」は見たいですよ!!
「信長の館」も、「伊勢・安土桃山文化村」も世は行って見とうなった!

「信長の館」

http://www.hottv.ne.jp/~bungei/nobu/

「伊勢・安土桃山文化村」

http://www.ise-bunkamura.co.jp/map/index.html

■内容:
信長の夢、前代未聞七重御殿造りの幻の城「安土城」築城を命じられた棟梁親子が挑む一大プロジェクト。

それにしても信長、実に魅力的な人物だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

「怒りの不貞寝!」

ここ何日間、不貞寝をしておったのは、それがしで御座る。

「俸禄借り上げ10%」を城主から宣言され、

「やってられっか!」と、

まー、そんな感じで。

御触れの噂は年末からうすうす聞こえていたものの、
「ついに来たかー!おのれッー!」と。

しかし、10%は辛い。
どこをどうやって切り詰めろ!ッて言うの?

切り詰めるにも限度ってのがありますよ!

それでなくとも薄給侍、
やる気を一気に無くした。

この何とも言えない「やるせなさ」、ぶつけようの無い「虚脱感」、士気、モチベーションが一挙に下がった。

やたら石高は下げちゃ駄目でしょ?!昔も今も!

Photo

さーて、傘張りの内職でもするか?????

ナイ、ナイ?! じゃー団扇の紙貼り!

これも御座らん????

あらら・・、えーい、しゃらくせえ!討ち死にじゃ!

そうそう、


上海に愚痴電話、
「こっちも今月からですー」って嘆いておった。

世界は超―狭い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 9日 (木)

「花は散れど 美し」

Photo

これすごいでしょ? 解かります?

川面いっぱいに広がった桜の花びらの絨毯!

一面ピンク

美しいのなんのって! 表現のし様が無い

やー、自然ってすごいなー

Photo_2

桜は散っても 尚 美し。

それがしもこうありたいものです。

昨年もこれを見て思い出したのですが

方丈記(鴨長明) 

「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止まるためしなし。

世の中にある人と住家と、またかくの如し。 

こういうのを、さっと思い出すってもまた凄い!高校時代無理やり古典の授業で覚えさせられましたからね、何故か忘れないんです。

Photo_3

更に、この時期桜並木の下を歩くと、

これもまた凄い!「桜吹雪」

それこそ、坂本冬美の「夜桜お七」を思い出しました。

写真では解からないと思いますが、風が吹くと真横に花びらが飛び舞うのです。

「ダー!!!!」と。

やー、この目の前の一瞬の「自然の美」を撮れない自分が悔しい。

しかし、凄かった。

この川も一瞬の出来事なのです。その瞬間に遭遇しないと見れない。

あー、それがしはなんと幸せなのだ。

仕事をしながらこの景色を見れるなんて。Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「P.S. アイラヴユー」

Ps

監督・脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ
出演:ヒラリー・スワンク/ジェラルド・バトラー/ハリー・コニック

2007 アメリカ
20081018日公開

公式サイト:http://www.psiloveyou.jp/

んー、女性好みの映画?でしょうか????

途中、泣いている女性も多くいましたね。

それがしはこういう映画は駄目。理解できません!

Ps3

気持ちは解からなくも無いですよ? でも映画ですから過去ではなく明日をみなきゃ。

愛する人が亡くなって悲しむのは解かりますよ、でもまだまだ若くて綺麗な女性ですから、立ち直ってもっといい男と結婚する!ッてな内容のほうが良いですよ!絶対に!!

Ps1

ぐずぐず過去に思いを馳せてもしょうがないじゃん!

一時はそうかもしれないけど、立ち直って前向きに進んでいく女性の映画のほうが断然好きです。その方が痛々しくて泣けます!

んー、こういう映画 気分悪い!

Ps2

■ストーリー:
最愛の夫を亡くしたホリーは.失意で自宅に引きこもる。

しかし、ホリーの30歳の誕生日、届いた贈物は夫から。思わぬプレゼントに喜びと驚きを隠せないホリー。翌日から、次々と消印のない夫からの手紙がホリーのもとに届く。

愛する者を突然失った悲しみと、それを乗り越え新たなスタートを切るまでの心の葛藤。

ニューヨークの街並みとアイルランドの広大な風景が二人を包み込む。

主演は2度のオスカーに輝くヒラリー・スワンクと、女性に圧倒的な人気を誇るジェラルド・バトラーの二人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

「納棺夫日記」 青木新門

Photo

増補改定版

文春文庫 467

1996710 1
2009
310 22

19933月 桂書房刊行の一部のみを用い一部改定したもの。

ご存知の通り、本木雅弘さん主演 アカデミー賞受賞映画「おくりびと」の原案本。

「映画を観たらやはりこの本を読まなきゃ駄目でしょう?」、と言うことで購入。

しかし驚くのは、本木さんが15年前にこの本を読んでいたということ。

当時20代であったであろう人が、何故にこんな地味な本を?どのような経路でこの本に行き着いたのか?が非常に興味深い。

Photo_2

さて、この本は、小説でもなく、日記でもない。
しかし、職業柄事実がここに記されているので実に痛快で面白い!やはり現場の生の声は真実味があり、言葉の一つ一つが実に重い。

普通「死」は陰なるもので、一般の生活ではタブーとされ、自ずと避けるべき話題のひとつとなっている。また、その「死」を語る際は、通常「宗教」とどうしても絡んでしまいがちで敬遠される。

しかし、著者のように宗教が絡まず現場の人が語る「その現場」は、実にリアルで興味深い。

また、何と言っても面白いのは文中P82
「私が、この葬送儀礼という仕事に携わって困惑し驚いたことは、一見深い意味を持つように見える厳粛な儀式も、その実態は迷信や俗信がほとんどの支離滅裂なものであることを知ったことである。迷信や俗信をよくぞここまで具体化し、儀式として形式的できたものだと思うほどである。」

さらに強烈なのは、P135
「死は医者が見つめ、死体は葬儀屋が見つめ、死者は愛する人が見つめ、僧侶は死も死体も死者もなるべく見ないようにして、お布施を数えているといった現状があるかぎり、懇意地の宗教に何かを期待するほうが無理といえよう」

私が好きな部分は同じページに記されているこの部分
「生に絶対の信を置いてきた今日の人々にとっては、死は悪であり、忌み嫌うべきものであり、排除されるべきものである」
Photo_3
要するに、「人は生まれた瞬間から死に向かって生きており、常に死は生と裏腹で、近くに認め生きていかねばならぬ」と、いうことです。

しかし、

理論ではなく、現場にある事実に勝るものは無い。
こういう風に、現場の人間にこうも言われたんじゃお坊さんを始め各宗教家かもたじたじです。

自分の「死」を考える意味でも是非読んでおきたい一冊である。

*注:
3章の「ひかりといのち」は、色々な文献を持ち出したかなり難しい箇所です。興味の無い方は、ここはさらさらと読み流しましょう。でも、著者はこの仕事をやることで「死」というものをここまで掘り下げ、見つめたということです、頭が下がります。と、言うか、ここまで追求しないと目の前にある「死」というものを、職業にはできなかったのでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

「桜満開!4/3 江戸川公園 桜並木」

Photo  

文京区は「江戸川公園」の桜並木

本日4/3、「満開!」

4月最初の週末金曜、桜満開、晴天、風無し、夜も暖か!

これ以上無い「お花見日和」。

Photo_2

いつもは閑散としているこの遊歩道ですが、人・人・人。

今夜はさぞかし桜並木も喜んでいることでしょう。

Photo_3

週末土・日もまだまだ大丈夫そうです。

是非お出掛け下さい。Photo_4

*ここまで優雅に枝垂れる様は、早々にはありません。

また、枝の伸ばし方、花のマッスの強弱は、自然ならではの「美」を感じます。

これが川沿いにずーと続いているものですから、華道家なるものの端くれ、魅入ってしまいましたcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

「桜開花4/2 江戸川公園 桜並木」

Photo_5  

文京区は「江戸川公園」の桜並木

本日4/2の開花状況

本日晴れ。風強し。

たわわに花を付けた枝が大らかに揺れ動く様は、それはそれで風情がありました。

Photo_6

桜は今が一番見頃!

「夜桜で一杯」ってな考えは、とても寒いので無理です。

Photo_7

「お昼を桜の下で食べる!」が、いいようです。Up_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「桜開花情報 4/1 江戸川公園 桜並木」

Photo  

文京区は「江戸川公園」の桜並木

本日4/1の開花状況

Up

小雨のパラつく花冷えの一日でしたが、

結構上枝まで開花してきました。

多分、この時期が一番の観時。

明日、明後日は天気のようですから、昼休みにどうぞ!

Photo_3

Photo_2 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »