« 「P.S. アイラヴユー」 | トップページ | 「怒りの不貞寝!」 »

2009年4月 9日 (木)

「花は散れど 美し」

Photo

これすごいでしょ? 解かります?

川面いっぱいに広がった桜の花びらの絨毯!

一面ピンク

美しいのなんのって! 表現のし様が無い

やー、自然ってすごいなー

Photo_2

桜は散っても 尚 美し。

それがしもこうありたいものです。

昨年もこれを見て思い出したのですが

方丈記(鴨長明) 

「行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく止まるためしなし。

世の中にある人と住家と、またかくの如し。 

こういうのを、さっと思い出すってもまた凄い!高校時代無理やり古典の授業で覚えさせられましたからね、何故か忘れないんです。

Photo_3

更に、この時期桜並木の下を歩くと、

これもまた凄い!「桜吹雪」

それこそ、坂本冬美の「夜桜お七」を思い出しました。

写真では解からないと思いますが、風が吹くと真横に花びらが飛び舞うのです。

「ダー!!!!」と。

やー、この目の前の一瞬の「自然の美」を撮れない自分が悔しい。

しかし、凄かった。

この川も一瞬の出来事なのです。その瞬間に遭遇しないと見れない。

あー、それがしはなんと幸せなのだ。

仕事をしながらこの景色を見れるなんて。Photo_4

|

« 「P.S. アイラヴユー」 | トップページ | 「怒りの不貞寝!」 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/44621111

この記事へのトラックバック一覧です: 「花は散れど 美し」:

« 「P.S. アイラヴユー」 | トップページ | 「怒りの不貞寝!」 »