« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

「白鷹伝 -戦国秘録」 山本兼一

Photo

祥伝社文庫 714
H19
420 初版

H21 2 5日第2

「鷹匠」「匠組」なる言葉をこの小説で初めて知った。
戦国時代の武将と「鷹狩り」がどうも一致しない。
しかし、これを読んで納得した。


著者は、流石に直木賞を受賞するだけあって、このデビュー作でも上手さを感じる。ワクワク、ドキドキ、この作品も読んだら最後、NON STOP!

これで信長3部作を読み終え、しっかり信長ファンになりました。
2004「火天の城」:
  信長の夢「安土城築城」を命ぜられた天下一の棟梁父子。

2006「雷神の筒」:
  信長の鉄砲隊を率いた「鉄砲 天下一」橋本一巳

あー早く「利休にたずねよ」文庫本にならないかなぁ・・・?bleah



内容(「BOOK」データベースより)
「利休にたずねよ」で第140回直木賞を受賞した著者の2002年デビュー作。
また「織田信長 三部作」の第一弾。
信長、秀吉、家康と仕えた天下一の鷹匠の生涯を描く時代大作。
浅井家鷹匠 小林家次は、小谷城落城の朝、狼を捕獲する白鷹を目撃する。その白鷹こそ伝説の「からくつわ」だった。捕虜となった家次に、敵将信長は「白鷹を捕らえてみせよ」と命じた。ここに、織田家鷹匠としての人生が幕を開けた…。白鷹との誇りをかけた対峙。

高貴で堂々とした風貌、しかも勇猛果敢なこと虎にも勝る。さらに、今回は雪のような奇跡の「白鷹」。
「そうか・・・・」
しかしながら、天下の信長、秀吉、家康と3代に仕えた天下一鷹匠、こんな人物が居たなんて、凄いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

「雷神の筒」 山本兼一

Photo

集英社文庫 667
2009/ 3/25
1



織田信長と橋本一巴と鉄砲、ポルトガル、種子島等、この当時の時代背景がよーく理解できた。
「そうか、この時代の戦は鉄砲無しには語れないのだな?」

通常「侍=刀」のイメージが強いが、鉄砲がなけりゃ戦には勝てなかった訳だ。
また、信長の時代からこんなに鉄砲が普及していたとは知らなかった。

更に、長年疑問であった「豊臣秀吉が、何故一百姓から信長の家臣にまでなりえたのか?」が理解できた。

しかし、この本による信長の性格は、如何ともしがたい。
どの世も家臣は辛いなー



■内容(「BOOK」データベースより)
織田信長はなぜ覇者になれたのか。若き日の信長に鉄炮を指南し、最強の鉄炮衆を創り上げた男の存在抜きには語れない。橋元一巴。初めは民を守るために鉄炮の改良と応用に打ち込んだ。塩硝のルートを求めて種子島に飛び、好敵手・雑賀孫市と出会う。主君が覇道を邁進する一方、悩みを深めた。疎まれつつも仕え続けた一巴の生涯を通じ、信長の天下布武への道を鮮やかに描いた斬新な長篇戦国絵巻。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

「道元”禅”の言葉」 境野 勝悟

Photo

―ゆっくり読む、ゆっくり生きる
三笠書房 知的生きかた文庫 600

本年1/10全国ロードショー、“道元”の生涯を描いた映画「禅」を観て感化。
名前は知ってはいたが、恥ずかしながらどういう人か一切知らず。そこで、
「是非にも 道元の本を読んでみたい」と。

以前本屋さんで目にしていたので、探して探して ご購入。

基本的にはバスタブに浸りながらゆーくり時間をかけ読みました。
こういう本はせこせこ読んではいけません。精神を落ち着かせるにはもってこいの本。
ちなみに、それがしが折り目をつけた場所をご紹介。



「人物身心の無常なるこれ仏性なり」
*真の幸福は生・老・病・死と苦楽の変化の果て築き上げるものだ(変化を恐れない)

「志の到らざることは無常を思わざるに依るなり」
*いさぎよく散ってしまうから桜は美しいのである(自分も「いつか死ぬ」と意識する)


「一心上乗なり」
*世間に向けている目を、自分に向ける(見方を変える)


「放てば手に満てり」
*「つかむ」のではなく「全てを捨てる」。そこから始まる

「山流水不流より、学入の門を開すべし
*自分の本来の在り方を、あるがままに生きる(理解できないものはそのまま受け止める)


「この心をおこせば、すでに一切衆生の導師なり」
「おのれいまだわたらざるさきに、一切衆生をわたさん」
*俗人の我欲ではなく、まずは「人のため」

■内容(「BOOK」データベースより)
「禅の教え」が手に取るように解かる本 禅の100
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

「信長・吉川 NHK土曜スタ参上」

Photo_4

「いや、カッコイイ!」 相変わらずのかっこよさ

本日、たまたま偶然に「NHK 土曜スタジオパーク」なるものを、初めて見た。

そう、「信長・吉川」出演とのことで。
年齢を重ねても魅力的なアーティストは、見ていてほんと気持ちが良い。
いつまでも拘りとヤンチャな開拓者精神の「吉川晃司」であって欲しいものでござる。
しかし、カッコイイな。
男から見ても実に魅力的である

Photo_5

その後、すかさず、信長のCDを大音量で聴いたのは言うまでもない!


そうか、このCDはもう5年も前か?今年25周年って言ってたからな。
このCD 昔のシングルBEST版のかき集めでなく、今の吉川で取り直してるから、カッコいいことこの上ない、完璧なROCKer 信長・吉川です。

Photo_6
Thank You」吉川晃司
20th Anniversary SELF COVER BEST ALBUM
(
完全限定盤) [Limited Edition]


CD (2004/ 9/ 8)  ・ディスク枚数: 3 ・フォーマット: Limited Edition ・レーベル: 徳間ジャパンコミュニケーションズ ・収録時間: 184

【初回限定盤特典:ライヴベストCD付き】
初回限定盤は、吉川晃司の真骨頂であるライブベスト音源を付属した豪華3枚組。未発表音源も含めCD化されていないレアトラックを収録。ライブ録音:'91.12.12 日本武道館、'94.5.29 横浜アリーナ、'98.8.18 日本武道館、'01.4.20 Shibuya-AX'02.10.19 NHKホール、'03.10.12 国際フォーラム より

CD内容:
吉川晃司20周年記念プロダクツ第2弾。今回のベストアルバムでは過去の楽曲をセルフカバー。村上“ポンタ”秀一、後藤次利、山木秀夫といった凄腕ミュージシャンとの一発録りに近いスリーピースセッションから、スタジオで緻密に練り上げたものまで、吉川晃司20年間の歴史を彩る名曲たちに新たな息吹を吹きかけたスーパーベストアルバム。※ 限定盤につき、なくなりしだい販売を終了。

■曲目リスト

ディスク:1
1. The Gundogs
2.
パンドーラ
3. ナイフ
4. アクセル
5. BOY'S LIFE
6. KISS
に撃たれて眠りたい

ディスク:2
1. Mis Fit
2. LUNATIC LUNACY
3. FANTASIA
4. FOREVER ROAD
5. WHISKY NIGHT
6. RADIO GUITAR

ディスク:3
1. TOKYO CIRCUS vs PRETTY DOLL
2.
ジェラシーを微笑みにかえて
3. You Gotta Chance ~
ダンスで夏を抱きしめて
4.
フライデー ナイト レビュー
5. HOT LIPS
6. Rainy Lane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ある公爵夫人の生涯」

Photo
The Duchess
監督・脚本:ソウル・ディブ
出演:キーラ・ナイトレイ/レイフ・ファインズ/ドミニク・クーパー
110
  2008 イギリス=フランス=イタリア
2009
411日 公開
公式サイト
:http://www.koushakufujin-movie.jp/

キーラ・ナイトレイ観たさに劇場へ。

その美貌と艶やかさ、豪華な衣装に見惚れつつ、華やかな生活の裏側にある 愛されぬ孤独。
これがダイアナ英・元王太子妃直系の先祖の実話であり、また故ダイアナとダブるからたまらない。
しかし、愛くるしい子供たちの顔に救われながらも、デヴォンシャー公爵が憎くてたまらない。
そうか、それだけレイフ・ファインズが好演したということか?しかし、憎たらしい。

Photo_2

■内容:
主人公・ジョージアナにキーラ・ナイトレイ。
18
世紀の英国。知性と美貌を兼ね備え、イギリス中の人々から愛されたジョージアナ・スペンサー。ダイアナ元王太子妃の直系の祖先でもある彼女の実話を映画化。華やかな生活とは裏腹に、真実の愛を求め続けるジョージアナの姿が、スキャンダラスに、かつ感動的に描かれている。
Photo_3
18
世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナは、世界で最も裕福な貴族の一人、デヴォンシャー公爵のもとに嫁ぐ。しかし、結婚後まもなく厳しい現実に直面。公爵は特に愛情を示すこともなく、ただ「男子の後継者を生むこと」だけを彼女に望む。さらに公爵は愛人が産んだ幼い娘の世話をジョージアナに押し付け、その後彼女が産んだ娘には何の興味も示そうとはしなかった。

本年度アカデミー賞衣裳デザイン賞を受賞した煌びやかな衣装の数々、壮麗なロケーション。

ある公爵夫人の生涯 - goo 映画
ある公爵夫人の生涯 - goo 映画

「ある公爵夫人の生涯」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

「ラ・フォル・ジュネル・オ・ジャポン2009」-熱狂の日-音楽祭

Up


「BACH ET L’EUROPE」

http://www.lfj.jp/lfj_2009/

東京でGWと言ったら、今やこれっ!


世界で最もエキサイティングなクラシックの音楽祭

朝~晩まで3日間167公演 1500人のアーティスト

今年はバッハ! テーマは「Bach is Back-バッハとヨーロッパ」
それがしは2つのコンサートへ、いざ出陣!

5/3 ホールB[126] *バッハ同時代の3作曲家
エウローパ・ガランテ
ファビオ・ビオンディ(バロック・ヴァイオリン、指揮)
演目:
・ヴィヴァルディ:シンフォニア ト長調RV149(カンタータ「ミューズたちの合唱」序曲)
・パーセル:弦楽組曲「アブデラザール、またはムーア人の復讐」ニ短調
・ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集作品4「ラ・ストラヴァガンツァ」より第4番イ短調RV357
・コレッリ:合奏協奏曲作品6-6



5/4 ホールA[213]
東京都交響楽団 小泉和裕(指揮)

演目:
・バッハ/ストコフスキー:前奏曲変ホ短調BWV853(オーケストラ版)
・バッハ/ストコフスキー:パッサカリアとフーガ ハ短調BWV582(オーケストラ版)
・バッハ/ストコフスキー:トッカータとフーガ ニ短調BWV565(オーケストラ版)
・バッハ/斉藤秀雄:「無伴奏ヴァイオリン・パルテイータ第2番ニ短調BWV1004」よりシャコンヌ((オーケストラ版)

Cd 

■そして、超大目玉!公式CD
この内容でぴったり1000円! クレイジーとしか言いようがない気前のよさ!
*会場ショップ、あるいは新星堂など一部のチェーン店でしか買えない。
しかも、即 完売!

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2009公式CD  収録内容】
1. 管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066から第1曲「序曲」
2. カンタータ「候妃よ、さらに一条の光を」BWV198から
3. ブクステフーデ:受難曲「われらがイエスの御体」BuxWV75から「御足について」
4. カンタータ「主よ、われ汝を求む」BWV150から「シャコンヌ」
5. オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調BWV1055aから「アレグロ」
6. イギリス組曲第2番イ短調BWV807から「ブーレI・II」
7. M.ヘス編曲:カンタータ「心と口と行いと命もて」BWV147から「主よ、人の望みの喜びよ」
8. ゴルトベルク変奏曲ト長調BWV988から「アリア」
9. イタリア協奏曲ヘ長調BWV971から「アレグロ」
10. 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調BWV1007より「前奏曲」
11. 「平均律クラヴィーア曲集」第1巻~第1番ハ長調BWV846から「前奏曲」
12. ラインケン:トリオ・ソナタ集「音楽の園」第4番から「ソナタ」
13. 管弦楽組曲第1番ハ長調BWV1066から「パスピエI・II」
14. ミサ曲ロ短調BWV232から「アニュス・デイ」
15. ミサ曲イ長調BWV234から「世の罪をのぞき給う者よ」
16. カンタータ「天の王よ、よくぞ来ませり」BWV182から「ソナティーナ」、「合唱」
17. ミサ曲ロ短調BWV232から「われらに平安を与えたまえ」
*(3、12曲目以外はJ.S.バッハの作品。7曲目はJ.S.バッハ作品を編曲したもの)

*帰宅後、即、大音量で聴きましたが、まさに「超・超ーお買い得CD」大満足happy01  浸れる78分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »