« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月27日 (月)

「愛を読むひと」

Photo_4

監督:スティーヴン・ダルドリー
原作:ベルンハルト・シュリンク
出演:ケイト・ウインスレット/レイフ・ファインズ/デヴィッド・クロス

2008年  アメリカ=ドイツ  124
2009619日より公開
in TOHOシネマズスカラ座

おもいっきり 涙をポロポロ流しましたweep

こんな「秘密」が最後に出てくるとは・・・。

全く知らずに観ていた。

びっくりした!

そうか、そこでこのコピーだった訳だ

「誰にも言えない秘密があった…」

それは、主人公二人に言えることだったのだ。

参りました!

よくよく出来た映画でした。

これならアカデミー賞主演女優賞とってもおかしくないです!ケイト・ウインスレット。

さて、この映画はどうしても観たかった映画でした。
公開終了まであと1週間と迫り、ついに劇場へ。一日の公開本数も2回と絞られた影響でしょうか?終演間際でしょうか?満席でしたfull
Photo_5
しかし、終わってみれば後悔。
「あー、もう1回、あの秘密を知りながら観直したかったなー」と。

どうぞ、未だこれを観ていない方は是非に!
彼女の行動を全然違う考え方(解釈)で見ていたので、この秘密を知ってホントにびっくりしました。というか、こういう事実があるのを全く想像していなかったので・・・。

でも、私、こういう映画大好きです。
ある事実が人の人生を変え、性格をも変えさせ、それに縛られながら生きていく。時が過ぎ、はじめに戻れ,解放される日がやって来る。Happy endと思いきや・・・・。しかし、ケイト・ウインスレットの老い役が非常に悲しい。2007年のエディット・ピアフ「愛の賛歌」を思い出した人は私だけか???

Photo_6

■内容:
1958
年のドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、請われるままに始めた本の朗読によって、2人の時間はいっそう濃密なものになるが、ある日、ハンナは忽然と姿を消す。1966年、大学で法律を学ぶマイケルは傍聴した法廷の被告席にハンナを見つける。裁判に通ううちに彼女が必死に隠し通してきた秘密にようやく気づき、衝撃を受けるのだった。

与えられた職務を全うした1人の女性。決して許されない罪を犯したのだとしても、彼女は彼女のなすべきことをしたのだ。本作の主題はホロコーストの追及や、禁断の愛を描くことではない。そのとき、もしハンナあるいはマイケルの立場だったら何が出来たかを、観る者ひとりひとりに問う人間性についての映画なのだ。原作はベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」。念願のアカデミー賞主演女優賞に輝いたケイト・ウインスレットによって、弁解を一切しない孤高の女性ハンナの人物像が小説よりも明確に浮かび上がる。相手役の新人デヴィッド・クロスも好演。監督は『リトル・ダンサー』の名匠スティーヴン・ダルドリー

「愛を読むひと」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

愛を読むひと - goo 映画
愛を読むひと - goo 映画

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦場のピアニスト サントラ」

Photo

 -THE PIANISTSoundtrack

実は、このサントラを先ずは購入したかったのである。
が、なかなか見つからず、アシュケナージ「ショパン:夜想曲集(12曲)」を購入した経緯がある。
その中の1曲「 夜想曲第20番嬰ハ短調 遺作」を聴き、満足したのではあるが、やはりこのサントラにはかないません!

5曲目:「バラード第1番ト短調作品23
これは、この映画のハイライト・シーン。
隠れ屋敷にいるところをドイツ人将校に見つかり、殺されるのを覚悟の上で引いた曲。切ない旋律の中に、音楽家としてのプライド、ピアノを弾ける喜び、悲哀、あの場面が蘇ります。また、原作では「夜想曲第20番 遺作」を弾いたのであったが、この映画の中ではこの曲に変わった、ということも初めて知りました。しかし、出来上がってみれば映画としてはこの曲に説得力がある。Photo_3

89曲目:「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調作品22(キラール)
この曲もいい場面で使用されていました。
ピアニストがドイツ軍から過酷な労働を強いられる場所から逃げ出し、なりを潜めた隠れ部屋にピアノが1台。しかし、音は出せない。蓋を開け、想像の中でピアノを奏でる。豊かな協奏曲の中にあってピアノの繰り返しのメロディーが悲しさを蘇らせる。

11曲目:「 マズルカ第13番イ短調作品17-4*シュピルマンによる1948年録音」
そうか、これがこの映画の「その人」シュピルマンか・・・。当人の1948年の録音を聴けるとは、何とも言いようがない。
Photo_2

■収録曲:

1. 夜想曲第20番嬰ハ短調(1830)(遺作)
2.
夜想曲第19番ホ短調作品
72-1
3.
夜想曲第13番ハ短調作品
48-1
4.
バラード第2番ヘ長調作品
38
5.
バラード第1番ト短調作品
23
6.
ワルツ第3番イ短調作品34-2「華麗なる円舞曲」

7.
前奏曲第4番ホ短調作品28-4
8
9. アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調作品22(キラール
)
10.
ムーヴィング・トゥ・ゲットー:19401031

11.
マズルカ第13番イ短調作品17-4
*シュピルマンによる1948年録音mono

■内容
カンヌ映画祭で大賞に輝いたロマン・ポランスキー監督作品の「戦場のピアニスト」サントラ。劇中に流れるショパンの小品、映画音楽界の大御所キラールのスコア、モデルとなったシュピルマンによるショパンのマズルカを収録(「CDジャーナル」データベースより)

Amazon.co.jp
   
ポーランドの有名な作曲家・ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンがナチス統治下のワルシャワのゲットーで生き残った話をロマン・ポランスキーが描くのに、監督の深奥部にある情熱が注ぎ込まれるのも当然のことだろう。監督自身、囚人番号7の少年としてクラクフのゲットーを脱出したことがあるのだ。この音楽家の、第2次世界大戦中に迫害されたユダヤ系ポーランド人のあいだでの音楽的ヒーローとしての地位を凌駕(りょうが)するのは、シュピルマンのレパートリーの中核をなした作曲家、ショパンのそれだけである。それゆえこの映画のスコアはショパンの音楽を中心に回っている。現代ポーランドのピアニスト、ヤーヌシュ・オレイニチャクは音楽上の先祖でもあり祖国の先祖でもあるショパンに熱烈なオマージュを捧げており、夜想曲嬰ハ短調の忘れがたい旋律がこの映画の歴史的およびドラマ的なトーンを定めている。かつてポランスキーの協力者であったヴォイチェフ・キラール(「ナインスゲート」「死と乙女」)のサウンドトラック用音楽は、ここでは感情のこもった「ムーヴィング・トゥ・ザ・ゲットー」が使われているが、この曲はキューの役目をして、サウンドトラックがトラブルを起こす時と場所を控えめな上品さで伝えてくれる。このディスクには、1948年にワルシャワで録音された、シュピルマン自身によるショパンのマズルカ、作品174の貴重な演奏がリマスターされて収められている。(Jerry McCulley, Amazon.com)

 

収録時間: 58 分¥2520   2003/ 1/27 
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

「ショパン:夜想曲集(12曲)」

Photo_8

-アシュケナージ(ピアノ)-
CHOPIN NOCTURNES Selection
VLADIMIR ASHKENAZY

夜想曲集(選集)
1~5.8.10.13.15.16.19.20
レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック

2009.05.20
¥1,800
収録時間: 62

ASIN: B001RVITKO

Dvd_2

「戦場のピアニスト」を観て,

即刻自宅のCDラックをあさった。


ショパンのCDは沢山あるものの、この「ノックターン20番」が何故か無いweep

当然のことながら、すかさずCDやさんへ走ったのは言うまでも無い。

n-nn、このCDはいいぞbleah
へー、最近の企画ものだー。

ここしばらくはこのCDに浸ろう

■収録曲:

1. 第1 変ロ短調 作品91

2.  2 変ホ長調 作品92

3.  3 ロ長調 作品93

4.  4 ヘ長調 作品151

5.  5 嬰ヘ長調 作品152

6.  8 変ニ長調 作品272

7.  10 変イ長調 作品322

8.  13 ハ短調 作品481

9.  15 ヘ短調 作品551

10. 16 変ホ長調 作品552

11. 19 ホ短調 作品721

12. 20 嬰ハ短調 遺作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦場のピアニスト」

003


製作国 : ポーランド=フランス

2002上映時間 : 148

公式サイト:http://www.pianist-movie.jp/

2003215日より 日劇1ほか全国東宝洋画系にて公開

監督:ロマン・ポランスキー
原作:ウワディスワフ・シュピルマン
出演:エイドリアン・ブロディ/トーマス・クレッチマン/フランク・フィンレイ

Photo_6

ピアニスト:シュピルマン(ユダヤ系ポーランド人)の実体験であるという。
やはり音楽の力は偉大である。

その後「ショパン ノクターン第20番 遺作」
nedless
は言うまでも無い。

腕の腕章と旋律があまりにも痛々しい・・・。

002

■内容:
巨匠ロマン・ポランスキーが自身の原点と向き合った渾身の1作
1940年、ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻した翌年、ユダヤ系ポーランド人で、ピアニストとして活躍していたウワディク・シュピルマンは家族と共にゲットーへ移住する。ゲットー内のカフェでピアニストそしてわずかな生活費を稼ぐも42年にはシュピルマン一家を含む大勢のユダヤ人が収容所へ送られた。だが運命の悪戯か、ウワディク一人が収容所へ連れられる人々の列から外れ、収容所送りを逃れることができた。しかし彼にも、生きるも地獄捕まるも地獄の日々が始まる…。

Photo_7


ロマン・ポランスキー監督が、実在したポーランド人ピアニスト、シュピルマン氏の自伝に、自身もポーランド人でありゲットーから脱出し戦争を生き延びた苛酷な体験を重ね合わせて撮ったのが『戦場のピアニスト』。ナチスの残虐な蛮行にも派手な演出をさけ、ありのままに描いているところがまたリアルで見ている者に恐怖を与える

2002年カンヌ映画祭で見事パルムドールを受賞した。ブロディ自身によるピアノ演奏シーンは圧巻

Dvd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いざ、遠江へ」

Photo_5  それがし、
ここのところ心身ともに疲労「大」!

そこでこの週末
相模、駿河、甲斐の国々を超え、

はるか遠江の国の海へいざいかん。

途中、今川も北条も武田も、はては徳川にも見つからずに潜入。

Photo_2 

それがし、侍といえどもやはり生身の身、
精神的疲れには勝てぬ。


マイナス・イオンを身体が欲しがり

無性に海が恋しくなったのでござる。

Photo_3 さて、人間というものは異なるもの。
何か小さな楽しみを作ると、どうにか不安定な精神が持ちこたえられるようになっているらしい。

ほんの気ままな小旅行記。

*写真も悲しげな夕暮れの時の海。この直後、雨・雨・雨・・・。いと悲しweep

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

「20年ぶりの再会No.2」

Photo_2

今回も20年ぶり再会の話  happy01

しかし、人というのは歳を重ねても変らないものである。
実際に会うと20年も経ったとは思えなかった。


で、その瞬間、
「やぁーpaper」ってな感じで。


ところは東中野の美容室。

http://www.mecca-of-hair.com/


相手は店のオーナー。
原宿店の店長時代から既に
20年が経過。この間 長期のご無沙汰。
何があって会わなかった(会えなかった)訳じゃないが、若いころは誰しも忙しすぎたのである。仕事もプライベートも。


20
年も経てば人はどうにか落ち着く。そういう年代になったのである。
と、いうことで、今回の再会。

「あれ?それがしと同じ歳だっけ? あーあ、1歳違いだったっけー?」から始まって、
ものの数分で、すっきりとした髪に!

「やっぱり美容師さんは上手いなー」と、関心bleah

はたまた、ここに当時の仲間がCUTしに来ていたり、懐かしい名前が上がると実に嬉しいもの。
今度はその彼&彼女に会いたいものだ。
それこそ20年以上ぶりになる。

さて、会えるか? 楽しみだ。

しかし、昔の友人はやっぱりいいなーwink

皆さんも是非ご来店を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

「Business で GO! おまけ編」

P1010025

と、言うことで今回のお土産はこんな感じ。
既に写真には無く、人手に渡ってしまったものもあり。

・チョコレート 65元*2

・鉄観音茶 90

     ・ファッション誌(男・女各20元)*2

    ・ 空港袋 2

     ・小袋 (68元*2) *中身はシルク

     ・香水 483



     今回の大収穫はCHANEL香水。
丁度、今使っている[BVLGARI Pour Homme]がなくなりそうだったのでGood タイミングでした。

CHANEL ALLURE HOMME

EAU DE TOILETTE  VAPORISATEUR SPRAY 100ml

FR3145891214604

定価 10,500


Photo_2

女性版と同様、トップ、ミドル、ラストといった定義がなく、4つのノートのうちどれが最初に香るかは人によってそれぞれ異なるという、画期的な香水。ALLUREとはフランス語で「魅惑、魅了」という意味。魅力とは、個性であるというテーマに基づいた、調香師ジャック・ポルジュの意欲作。基調はフレッシュ・スパイシー・ウッディ。

4つのノート
・1つめはフレッシュ。マンダリン、ベルガモット、コリアンダーが、力強くて行動力に満ちた若々しさを表します。
・2つめはセンシュアル。トンカビーン、ラブダナム(シストローズの製油)などを用い、エキゾチックでミステリアスな大人の官能を引き出します。
・3つめはウッディ。アトラス山脈産シダーやベチバーなどが、芳しい憩いの香りを広げます。最後はスパイシー。マダガスカル産ピンクペッパーが、雄雄しい風に跳ね回ります。

スクエアカットのボトル、シャンパンメタリックのキャップ、タバコブラウンのパッケージ。シャープでシンプルな男性美を象徴します。香りが個性を刺激して、確固たる成功を導き出す、あなたをさらに一段高めてくれる香水です。

■次に「中国といえば、全身マッサージ」
今回もやりました!2set(48分*2)=96元=¥1500

極安でしょ??
でも今回のマッサージerは偽者でした。
「もっと ちゃんと、しっかり揉んでよっpoutimpact!」ってな感じ。

前回も、前々回もマッサージerに恵まれしっかり全身のこりが解れたのに・・・。
今回もきちんとやって欲しかったなー・・、本当に疲れていたから、特に足裏マッサージはちゃんとやっと欲しかったー。期待していたのですが・・。

まー、しょうがないか?安いから諦めるとしよう。

他にも楽しいお土産話はあります。が、これは直接話します。

と、いうことで「BUSINESS で GO CHAINA 福建」は終了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Business de GO! でたー!旅と言えばハプニング」

- welcome happening!-

旅に「ハプニング」は付きもの

それをどうやって克服するか?またその時をどう楽しむか?

これが醍醐味。実に楽しい。

と、言うわけで早速airplane帰国便「大大遅れ」!

本来、中国国内航空 「福州13:4515:00上海(浦東)」、国際便乗換え「上海17:0521:00成田」予定。
ところがですお館様、いくら待てども最初の飛行機が来ないのです
sad

「福州→上海便」は、「上海→福州」の折返し便。上海からの便が遅れれば当然、帰り便も遅れる。成田直行便なら多少の遅れは問題ないが、それがしの場合、2h後に国際便乗継ぎが控えている。

1h待てども「出発時間未定」表示。ここで次の手を打たねば当日日本に帰れない。上海に泊まってもいいが翌日午後一で大事な商談が入っている。夜中になろうがどうしても日本に帰らねばならないangry


さてさて、頭をフル回転dash

■まず、上海発の夜便をGETせねば。
調べる。同じAIR CHAINでその後の成田行便なし。
翌朝一ならあり。但し成田13:00着。駄目punch


■次に、別航空会社、成田着なしpunchannoy
関西空港着ならあり(ANA)。よし、これを取るflair
最悪、新大阪泊で朝一新幹線bullettrain→東京なら間に合うconfident

■次、関空→羽田。
関空22:00発が羽田最終便(JAL)。駄目もとで、予約!good

さて、後は野となれ山となれ、神のみぞ知る。

■結果!

福州→上海。着後、バッグをGETし走るrunsweat01。ひたすら空港内を国際便CA乗換え走る!

やはり駄目×sad、間に合わず。

次、ANAチケット購入。
搭乗手続き。最終案内でぎりぎり間に合う
coldsweats01

キャビンアテンダントさんの日本語に安堵。
「おー、さすがはANAfuji,やはり言葉が通じるっていいなー」
機内もきれい、広い、座席で映画が観れる。wineワインは飲み放題。食事も美味しい。

あー、やっぱり名のある会社の飛行機はいいなー、食事はフランスワイン赤、2drinkwinewinelovely

そうこう良いながら、「関空」着。

バッグGET! 税関、検疫。次に国内便乗換え。館内走るrun!ひた走るdashsweat01

JALチケット購入、搭乗手続き。ここでも最終案内。滑り込みセーフgoodcoldsweats01

何と!国際便到着~国内便乗込みまで ものの30weep

凄いなー、

「なせば成る、なさねば成らぬ何事も、成らぬは人のなさぬなりけり!」

その通り!

と、言うことで、最終的にはこんな乗換えに

1) MU5600 福州 14:5016:15上海(浦東第1ターミナル)
2)ANA154
上海(浦東第2T  18:2021:25関西空港
3) JAL194
関西空港 22:1023:20羽田

     飛行機は新幹線と違ってただ時間内に乗り込めばいいものでないから大変。時間があって実は無い。搭乗手続き、荷物預け、検査、出国手続き等々。

そうこうして、羽田空港外に出たのが23:30nightclock


「あー、どうにか帰れた!」

自分のプラン、一分も狂わず予定通りにことが運んだ。

「世は実に満足じゃ!」


爽快な疲労感でendend

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

「BusinessでGO! 中国3日目」

三日目

今日も暑かったー!

死んじゃいそうです・・・weep

やること沢山あって体力消耗!

一日中汗かいて、ミネラルがぶがぶ飲んで、体重一気に減っただろうなー。


それがし、結構な潔癖症ですから汗は大変。

ギャツビー拭き拭き、シーブリーズ・シュッ、シュッツ!

異常な日本人だと思われているでしょうに・・・happy02
まー、どうにでもしてくれ!この暑さ!

*参考:
1)スーパーでミネラル550ml=1=15円。安いね!

Photo

2)中国へのお土産は、キムタクのギャツビー拭き拭き&男・女洗顔クリーム。


そうこうして、明日は帰国。午前中まで仕事して、午後一から空港。

帰国は夜中だ。リムジンバスは無いだろうなー

■本日理由あって、朝食抜きshock
自室で日本から持ち込みのコーヒー&SOYJOY&お菓子のケーキ。
理由:
mm-
、言えません!三ツ星はこんなもんでしょう!

*おまけ:dinnerでの会話。
「日本人で一番有名な人は?」
あゆちゃん、酒井法子だって!
へー?????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »