« 「花月秘拳行 火坂雅志 著 」 | トップページ | 「武士道 新渡戸稲造」 »

2009年11月23日 (月)

「春夏秋冬 Hilcrhyme」

Photo

ユニバーサルJ

2009/9/30発売

¥1,000

ヒルクライム

作詞:toc

作曲:DJ katsu

かなり久々にCDシングルを購入。

その位インパクトありましたね、この曲。

2ヶ月前ラジオslateから流れてきて「良い曲だなー」と

ジャンルは全く違うけど、サザンの曲に通じるものがある。

サビのメロディが良い、詩が良い、覚え易い、後引く楽曲。

Webのレビューで面白かったのは、「***に似ていて低能・・」みたいなコメントが少なからずあったこと。

こいつら馬鹿じゃないのかな?pout

どんなことでも最初は真似から入るもの。特に日本人はそうでしょ?そうやって戦後復興してきたんじゃない?まして、言ってみれば「邦楽」なんてみんな「洋楽」の真似じゃん? Jpop全てそうじゃん!

でも、「良いものは良い!」って認める心が欲しいもの。

人間「素直」が一番。いいものは素直に受け入れなきゃ

だって、

    CDシングル」買わない人間が買っちゃうんだし

    「クラシック」が好きな人間が「ラップ」買っちゃうんだし

そういう人間にこのCD買わせちゃうだからこの曲は凄い!ということです。

でも、本当に、久々に、素直に、「良いメロディ」だと思いました。

調べたら、「義と愛」の国:上杉の侍と解かった。
あらら、同郷・・・。

どうりで感じるものが一緒だ。

notes「秋は紅葉に目が止まる、冬にはそれが雪で白く染まる」

雪国snowの人にしか解からない「感性」ですねwink

|

« 「花月秘拳行 火坂雅志 著 」 | トップページ | 「武士道 新渡戸稲造」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/46841062

この記事へのトラックバック一覧です: 「春夏秋冬 Hilcrhyme」:

« 「花月秘拳行 火坂雅志 著 」 | トップページ | 「武士道 新渡戸稲造」 »