« 「下克上! 合戦の果ての琉球」 | トップページ | 「I’m Free」 »

2009年11月 1日 (日)

「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」

Up_2

監督:ケニー・オルテガ
振り付け:トラビス・ペイン
出演:マイケル・ジャクソン

20091028日より 新宿ピカデリーほか全国にて公開

配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

2009 アメリカ 111

公式サイト:http://www.thisisit-movie.jp/

感動しました!

ずーとこのまま終わらずに、日がな一日中このコンサート模様を観ていたい気分になりました。

コンサート映像というよりは、所謂「1つの芸術品」でしょう。

MJとスタッフの、お互いをリスペクトしながらのステージつくりが新鮮でした。

もちろん、MJの音楽、舞台に対する完璧主義もかいまみれました。

Photo_3 しかし、

亡くなってもこのような映像が残っていることは唯一救いです。また、あれで50?と考えてしまうほど、彼のパフォーマンスはやはり「芸術」以外にいいようがありません。

1960年代生まれで、青春をBest hit USAで過ごした人間にとって、「スリラー」の中の楽曲は、嬉しいかぎりでした。

2W限定作品です。是非、大きなスクリーンと音響設備の整った劇場でご鑑賞下さい。

しかし、あれで50歳? 信じられないパフォーマンス。いえいえ、「芸術品」ですね。

マイケルの深いこだわりが感じられる全世界待望のプレミアム映像がいよいよ日本上陸

解説:
2009
625日に急逝した“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン。本作は、ロンドンで実施予定だったコンサートの何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を、『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督・振り付けのケニー・オルテガが、死の直前までマイケルが行っていた猛特訓風景とその素顔を収めた貴重な映像の数々を基に構成。あたかも観客が、実現されなかったロンドンコンサートの最前列にいるかのような臨場感溢れる仕上がりになっている。また、舞台上の振り付けから照明、美術、ステージの背景となるビデオ映像の細部にいたるまで、マイケルのステージに対する深いこだわりが感じられる。(作品資料より)

Photo_4

|

« 「下克上! 合戦の果ての琉球」 | トップページ | 「I’m Free」 »

MOVIE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/46637804

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイケル・ジャクソンTHIS IS IT」:

« 「下克上! 合戦の果ての琉球」 | トップページ | 「I’m Free」 »