« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月30日 (水)

「上杉謙信 吉川英治著」

Photo_4

またもややってしまったup

weep

表紙が違うので別の本かと思った・・・・

とは言え、

我が殿の本、神妙に再読したのは言うまでもないwobbly

講談社 吉川英治文庫320

昭和50年11月1日第1刷
昭和57年11月18日第15刷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四度目の氷河期 荻原浩 著」

Photo_3
新潮文庫 781
平成21101日発行

やはり荻原浩は最高です!

文句なしに面白いgoodannoy!!

しかし、このタイトルからこのストーリーは想像出来なかったな・・・・

でも、サチはかわいいchick、とんでもなく可愛いlovely、しかも最高に面白いしlovely

お馴染み「荻原ワールド」全開ものです!!
十分納得しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「彦左衛門外記 山本周五郎 著」

Photo_2
新潮文庫 476
昭和56925
平成17825 26

「さぶ」を読みたかったのですが、本屋の棚に無かったのでこれを買いました。

ちょっと私には辛い内容でした。

面白さが解からない・・・・coldsweats02


んー、当分 山本周五郎は遠慮することにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「野村ノート 野村克也 著」

Photo
小学館文庫 580
2009/11/11
初版

特別好きな監督でも、好きな球団でもありません。が、

立ち読みしていたら結構面白かったので即買ってしました。

でも、実はこの人凄い人だな。野球人の本じゃなく、サラリーマンが読むべき本です。

ちなみに私、三箇所も本の角を折りました。


■その1p183
 人間には自分の思うようにならないことがふたつあるという。
・1つは「人間はひとりでは生きていけない」
・もうひとつは「自分の思うようになることはほとんどない」

と、いうことだ。
*へー・・・・・、そうか???

■p15

心が変われば・・・・・

p209:
無意識(潜在意識)と有意識(顕在意識)


この本は何度読んでもためになります。面白いから一気に読みました。

また、選手の名前が実際に出てくるから更に面白い。

「そうかー、清原は・・・・かー・・。確かに・・・言えます。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「香港のホテル:NEWTON INN NORTH POINT」

Dsc01364

私の次に利用するツーリストの為に、このホテルの情報を記します。
利用日は2009/12/11~14の情報。

・ホテル名:ニュートン・イン・ノースポイント


・場所:香港島

88 chun yeung street,north point Hong Kong
http://www.agoda.jp/asia/hong_kong/hong_kong/newton_inn_hotel.html#Photos

    最寄り駅:北角(north point)

■交通の便&周辺情報:
1)地図で見ると中環(centroal)から遠い様に思われますが、7つ目先の駅、非常に近い。また、地下鉄、バス、トラムが頻繁に走っており待つことはまったくない。東京の地下鉄なんてものではありません。次の便が直ぐ来ます、直ぐ! これにはびっくり!Dsc01394

2)ホテルはノースポイント(北角)駅から徒歩12~13分。

トラムでセントラルに向かうには、便利です。ここ(北角)が始発です。
ツーリストですから、安くて長閑な地元の乗り物:トラムを利用しましょう。どこまで行っても$2ですから。地下鉄より断然安い!ゆーくり20~30分と考えておきましょう。Dsc01368

■感想:
HISの三泊四日で使用、三ツ星ホテルならこの程度でしょう。

五つ★高級ホテルでもなく、繁華街の中にあるわけでもありません。

「地元の人々の生活を知る」という意味で、駅からここにたどり着くまでを楽

しみ、生活を味わうと言う意味では、これほど適したホテルはありません。

駅からホテルまで、ホテルの周りには地元の沢山の店がありますし、ホテルの前に沢山の露天市場がズラーっと、スーパー、7-11、ジャスコ、マック、パン屋さん、ドラッグSなどなどまったく生活に困りません。私が心配していたパン屋さんは結構沢山あり、日本のヤマザキもホテルに向かう道沿いにありました。当然、全て現地価格ですから皆安い!


*注意すべきは、このホテルにはレストラン、食堂がありません。
着いたら即、目の前のスーパーでミネラル、果物、アルコールなど夜食、朝食類を確保しましょう。ドリップ式のコーヒーは売っていませんから持参しましょう。

表通りには24Hのマックもあります。 食べ物やさんは沢山あります。
高級中華料理ではなく、地元の人、カップル、家族などなどが行く店が沢山あり、その目的により店を選ぶことが出来ます。

安くて美味しい店は外から見ててもお客さんが沢山入っているので解かります。どこも日本語メニューは見かけませんが、漢字なら雰囲気で解かります。失敗したら失敗したでそれもok!と割り切りましょう。

Dsc01373_2 *写真の品はワンタン麺。日本円で30円くらい。味はまあまあです

高層ホテルの為、室内のトイレはちょっと心配かな?恋人同士の場合、「小」は良いが、「大」は2Fのビジネスフロアーのトイレを使用しましょう。

またこの2Fは、PCの無線LANが使用出来、コンセントも机も自由に使用できます。室内では回線が切れ切れになりますからご注意を。

何れにせよ、高級ホテルの料金を払わない人には、所謂「普通のホテル」です。
但し、国内、東京のホテルよりは全然広いのでその点はご安心を。最上階のプールは工事中で使用できませんでした。

お年寄りでないなら、+ホテル代1万円/日 出して繁華街の高級ホテルに泊まるよりは、こういう普通のホテルに泊まって、地元の人々の生活を見たほうが面白いと思います。また、そのお金を食事や自分へのお土産に使うほうが賢明です。
但し、「1回きりでもうここには来ない!」と言う方々や、日本では泊まれない5つ★にどうしても泊まりたい方はその限りではありません。ものの考え方次第ですね。


気温は日中18~20℃はありましたが、観光のバスの中、百貨店、スーパーは寒いですから気をつけて!こっちの人は冬でも親切に冷房を入れています(消すことはないらしい)。ちなみに、私 ジャケットを着ていましたがそれでも「超さむ」でした。冷房を消して!と言えませんでしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

「“2010 年始ミステリーツアー”北京 詳細着!」

HIS2010年始ミステリーツアー

行き先が「北京!」は、先般の通り。

その詳細が本日到着。

内容は以下の通り

■航空便:

行き:2010/1/5成田発:ANA17:2520:30北京着

帰り:2010/1/8北京発:ANA08:4513:05成田着

■日程:
1日目:移動のみ
2日目:終日観光
  故宮博物館/景山公園/天壇公園(世界遺産)他
   *昼(広東料理)・夜(北京料理)付

3日目:終日自由

 4日目:移動のみ


■ホテル:
YAN  XIANG HOTEL(
燕翔飯店) *三ツ星ホテル
朝食3回付

■他:
嬉しいのが、
・朝食付きということ
・二日目の昼食はともかく、夜も付いている事
・飛行機が往復ANA(日本の航空会社はサービスがまったく違いますから)
*二万円でこれですから十分!。国内旅行でこの金額じゃ交通費込みの一泊温泉でしょうからね。

後は気温の問題。今の北京は、北海道以上らしい。最高+1.7最低-7℃

寒いのが大嫌いなそれがし。さて、何を着ていく?
懐かしのアメリカン・ボンバー・ジャケットでも出すとするか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

「“2010 年始ミステリー・ツアー” 行き先決定!」

HIS 2010 年始ミステリーツアー

「アジア4日間」1/3~5出発

行き先の連絡が来ました!

行き先は、

なんとsign02

あの「北京」shock

昨年10月、同じく、「ミステリー・アジア4日間」で当日キャンセルした正に同じ場所。

今回こそは当日キャンセルにならないように注意せねば!

    詳細は今週末に来るらしい

楽しみだ!

と、言いながら、多分同じコースか?

でも、昨年のコース詳細は捨ててしまったからな・・・・・coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

「2009/12月 HIS香港4日間 帰国」

Dsc01389

行って来ました!「香港」。

「上海」はビジネス&PVで何度も行ってますが、「香港」は初めて。

プランは
2009/12/11()~14() 三泊四日

HIS「香港 自在プラン」+フライトアレンジ+¥8,000で、「行き午前発」に。

航空会社はキャセイ・パシフィック(CX501/CX520)

ホテルはエコノミー(香港島:NEWTON IN NORTH POINT
*金曜日発で若干高く、\36,800+\8,000で、食事なし
私がフリーで予約した翌日、新聞一面広告で「お徳用食事付き」プランが掲載されました。まー仕方ないか!???

■初日:成田発10:4515:05香港着(4.5hの旅
ホテル入りは、各ホテル回りまわって最後2000頃?(昼食飲茶付き)
成田午前発でもこの時間!まー仕様がないと諦め。但し、夜は長いので初日の夜でもしっかり探索できました!
Dsc01393_4 

  ■2日目:市内観光。8:40集合の夕方DFS解散。
昼食は九龍島の繁華街 シャングリラ・ホテルの近くで、十分満足した食事(品数、量、味)でした。
HISの昼食ってかなり満足です。上海の時もそうでしたが。これは最初から安心していました。

6名と少なかったので丁度よかった(大勢や叔母さん連中だと疲れるので・・)。

*オプションで「ファンタジー
of 香港」\1000参加。現地集合で20:30~ 約50分間。Dsc01382

私、中国雑技は好きなので・・・。でも中身はショーでした(観客5名のまさに貸切り)。観客が少なく演者が可哀想・・・・。

*夜は充実、なんてったって「香港」と言えば、「夜景」。香港のクリスマス・ヴァージョン夜景。おー、これが噂の$100万の夜景か???最高です!

    3日目:自由行動
朝から行動しました。とにかく、歩く、歩く!
実に有意義な一日。
「オープン・TOPバス&女人街探索」=¥3,500
*ちょっと内容の割には高かったな!

まー、何事も経験で・・・・。
DFS19:10集合で、各ホテル送り2100には着。
その後、食事&夜の街探索に出かけました!

Dsc01404_2

   ■ 4日目:AM7:00ロビー集合

香港10:20-15:20成田。
自宅には1700には着いていました。こんな感じの帰国は非常に楽ですね。

まずは、簡単な報告まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »