« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年4月

2010年4月17日 (土)

「名古屋 今度は、うな重!」

5日の内

何と!今週は3日間も名古屋。

さて、今日のお昼は「うな重!」

やはり、小牧の「日栄」さん
名古屋の「うなぎ」は確実に癖になります。

もしかして、浜松の「うなぎ」より好きかも・・・

あの炭火焼のカリカリ感は、結構、かなり好きです。

名古屋に行ったら、「うなぎ」をお試しに

因みに、¥2000前後でした(*自分で払わないので金額をみなかった・・)

今日もご馳走になりました。ですから、写真も撮れま10

大変恐縮です

謝謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

「名古屋 ひつまぶし!」

名古屋と言ったら「ひつまぶし!」でしょ?

と言うことで小牧の「日栄」さんへ
名古屋で食べる「ひつまぶし」は初めてです、それがし

浜松で邪道ながら「ひつまぶし」は食べていますが・・

やはり、これは「地元」で、「地元の味」を食べないとね!

で・・、名古屋の味は・・・・、
「うなぎ」の焼き方がまったく違う!
しっかり、焦げ目がついて皮の部分がカリカリしているのが、浜松との違いです。

しかし何と言っても、
「うなぎにお茶漬け」とはいかにも凄い発想だよなー

でも、うなぎのたれの甘みに、薬味を入れて、ワサビでお茶漬け、この山葵が決め手ですね、この品は。

美味しく頂きました。あっぱれ完食でした!
2350
円でしたか?お昼には贅沢ですね
ご馳走になりました!
ありがとうございました!


今度はうな重を頂きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

「名古屋 味噌煮込みうどん 本店」

Photo_3

名古屋へ月~火の二日間出張でした。

名古屋と言ったら「味噌煮込みうどん」

「味噌煮込みうどん」と言ったらここ!
「山本屋本店 大門本店」

行って来ました!

ここが発祥地の様です。
ご馳走になったので値段は忘れましたが、多分1,200円前後と思われます。

一夜漬けのお新香が食べ放題でした。
店員さんの教育が行き届いていて気持ちがよかった。

土鍋で出てきますがうどんがシコシコ硬いのが特長の様です。



それがし肉が嫌いですので、鶏肉は避けました。
名古屋コーチンの鶏肉入りが売りのようです。

また、その卵を鍋に落としかき混ぜて食べると、赤だしの汁がまろやかになって美味しいらしいのですが、それがし生卵があまり好きではないので、「卵抜き」と伝えると、店員さんは「????」の顔をしました。(沖縄で、ソーキそばの肉なしを平気で頼んでいますから、こんなことは全然平気です~)

やはり、赤出の汁をそのまま飲むと、やはり「濃い口」でちょっと辛い味でした・・・・。

http://www.yamamotoyahonten.co.jp/yamamotoya.html

まー、名古屋に来たらとりあえず食べないとね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

「ショパンCD付で大お得!」

Srai

本日発売の月刊誌「サライ 5月号」(小学館)は大お得!

何と!ショパンの名曲集1150分が付いて、780円。

そうです!
今年の「ラ・フォル・ジュネル」熱狂の日
音楽祭テーマは「ショパンの宇宙」ですから!

Photo

【サライ5月号 特別付録収録曲】
1.幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66

2.ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11第2楽章ロマンツェ

3.ワルツ大1番変ホ短調作品18「華麗なる大円舞曲」

4.マズルカ第43ト短調作品67-2

5.前奏曲第7番イ長調作品28-7

6.夜想曲第2番変ホ短調作品9-2

7.ワルツ第6番変ニ長調作品64-1「子犬のワルツ」

8.練習曲第3番ホ長調作品10-3「別れの曲」

9.ポロネーズ第6番変イ長調作品53「英雄」

10.子守唄変ニ長調作品57

11.ピアノソナタ第3番ロ短調作品58第4楽章フィナーレ


*1.6.9曲目は嬉しいですね。

特に9で水谷豊を思い出す方はそれがしと同じ年代層です。

さて、月刊誌の「奈良」特集を読まずにショパンに浸ろう!

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

「桜 一句献上」

Pap_0108

・願わくば 花の下にて春死なむ その如月の望月の頃 (西行)
・散る桜 残る桜も 散る桜 (良寛)
・逝く空に 桜の花が あれば佳し(三波春夫)

それがし 脱藩者とは言え「上杉侍」の端くれ、桜の花には一方ならぬ思いがござる。
毎年 神田川に枝垂れる江戸川公園の桜並木を城の窓から見下ろし、お昼はその桜の下で、1週間の移り変わりを観て来た身。
今年はその桜を観ることができない・・・・。

http://rock-c2.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-0394.html


そこで今年、
お江戸は深川「門前仲町」の桜並木。

http://www.mon-naka.com/sakura/

ここは藤沢周平さんの作品によくでてくる「富岡八幡」、「深川不動尊」があるところ。
結構風情があり。もちろんまさに満開!
しかし、携帯の写真じゃ上手く再現できないのが残念でなりませぬ。

そうそう、3句目の亡くなられた三波春夫さん。
それがし その昔よく行っていたビリヤードやさんで三波さんとよくお会いしていました。テレビでは画面いっぱいで大きな人でしたが、実際には小柄な方でびっくりしました。
考えてみれば、三波さんも「上杉侍」でしたね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »