« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

「露の玉垣 乙川優三郎 著」

Photo

史実を短篇にしたという。

8編のどれもが、この著者に掛かると名作になる。
それがしが登城した近辺の話であり、その風景を思い描きながら読んだ。

中でも、
・「新しい命」は、身につまされ、

・「きのうの玉蔭」は、武士らしい繊細な優しさを見せられ、


・「晩秋」では、それがしに老後を指南され、


・「静かな川」では、これぞ武士!を考えさせられた。

地味な内容ではあるが、小藩の武士の「サムライ魂」を見せられ、考えさせられる内容である。


新潮社文庫 514
平成227月1日発行 初版

■内容:
度重なる水害や飢饉に喘ぐ越後新発田藩。若き家老・溝口半兵衛は財政難に立ち向かう一方で、二百年に及ぶ家臣の記録を書きはじめる。後に世臣譜と題される列伝は細緻を極めて、故人の人間像にまで及ぶ。そこにあるのは身分を越えた貧苦との闘いであり、武家の葛藤であり、女たちの悲哀であり、希望である。すべて実在した人物を通して武家社会の実像を描く、全八編の連作歴史小説集。 BOOK」データベースより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

「利休にたずねよ」 山本兼一 著

この本が文庫で発売になるのを待っていた。

PHP文芸文庫創刊として2010/10/15の発売当日、すかさず本屋さんへ。
この著者の本は数冊読んでいるので安心して購入。
直木賞受賞は遅かれ早かれ取るものと、さほど驚きはしない。
しかも、この作品で受賞!は、かなりいいかもしれない。


さて、内容。


さすがである!
利休に違わず、一分の隙も無い。
通常の小説とはせず、この体裁。
しかも、その順がなかなかのもので、うならせる。
読み終わってから、また直ぐに読み直し、
「おー!」と、その細部に感嘆した。


以前同じく、直木賞を受賞された(H19、第137回)今井今朝子著「吉原手引草」も似たような形式だったと覚えている。この際、そのレベルの低さにそれがし怒り心頭だったが、今回は十分堪能した。

しかし、

茶道と華道、深・薄の違いはあれ、同じ「美を追求するもの」として、
その考え方が十分理解でき微笑ましく思った。
まさにその散り方、この上なく「あっぱれ!」



「一旦その世界に入り込むと抜け出せない 美の力」を嬉しく共感しながら、著者の表現力に脱帽である。


茶道に興味があるなしに関わらず、人一人の生き様として、是非、お進めの一冊。
しかし、武士の端くれであるそれがし、これぞ「散り際の美学」を実感!
脱帽!!



■第140回直木賞受賞作
PHP文芸文庫 838円
2010
1029日 第1版第1
2008
11月PHP研究所から刊行


Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

「アディダス」 adidas フルイド トレーナー M

Pa0_0003

色:レッドS09/メタリックシルバー/ブラック
最新2010年秋冬モデル

Pa0_0001

一目で気に入った!
即 GET!

それがし、通常25.5㎝であるが、
このスニーカー、見てのとおりサイドが細い。

何と!
履き心地でjustサイズを選んだら、
27.0㎝に
netなど穿かずに買うと、必ず後悔します。

Pa0_0004

*ご購入の際の注意1点:
タウン用として履くには冬場はちょっとキツイかも・・・・・(実感)。

黒い部分がメッシュです!
かなりスースーします。
昼間はいいですが、夜は冷えます。

因みに、
12月の北京へ行く際に履きたかったのですが、無理!

でも、タイミングよくイトーヨーカドーでなぜが20%引きの日だったのでお安く変えました!

比類ない屈曲性により,あらゆるトレーニングでのフレキシブルな動きを可能としたニューコンセプトモデル。

・素材:アッパー合成繊維/人工皮革  ソールゴム(ノンマーキングラバー)
・寸法:ヒールの高さ約2.5センチ
・商品詳細:プラットフォームの厚さ:1.5cm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

「脱藩サムライ ここにあり」

Up_3既読本がupされず

自室に溜まり

リビングの本棚へ移動できず。

連休を利用し、

片付けようと思ってはみるものの

気持ばかりで

行動されず


これ ひとえに、「某そのもの」

脱藩サムライ ここにありcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »