« 「利休にたずねよ」 山本兼一 著 | トップページ | 「年末年始は“大連”がお薦め」 »

2010年10月31日 (日)

「露の玉垣 乙川優三郎 著」

Photo

史実を短篇にしたという。

8編のどれもが、この著者に掛かると名作になる。
それがしが登城した近辺の話であり、その風景を思い描きながら読んだ。

中でも、
・「新しい命」は、身につまされ、

・「きのうの玉蔭」は、武士らしい繊細な優しさを見せられ、


・「晩秋」では、それがしに老後を指南され、


・「静かな川」では、これぞ武士!を考えさせられた。

地味な内容ではあるが、小藩の武士の「サムライ魂」を見せられ、考えさせられる内容である。


新潮社文庫 514
平成227月1日発行 初版

■内容:
度重なる水害や飢饉に喘ぐ越後新発田藩。若き家老・溝口半兵衛は財政難に立ち向かう一方で、二百年に及ぶ家臣の記録を書きはじめる。後に世臣譜と題される列伝は細緻を極めて、故人の人間像にまで及ぶ。そこにあるのは身分を越えた貧苦との闘いであり、武家の葛藤であり、女たちの悲哀であり、希望である。すべて実在した人物を通して武家社会の実像を描く、全八編の連作歴史小説集。 BOOK」データベースより

|

« 「利休にたずねよ」 山本兼一 著 | トップページ | 「年末年始は“大連”がお薦め」 »

乙川優三郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/49900627

この記事へのトラックバック一覧です: 「露の玉垣 乙川優三郎 著」:

« 「利休にたずねよ」 山本兼一 著 | トップページ | 「年末年始は“大連”がお薦め」 »