« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

「沖縄でアドバンスGET no.3 おまけのショット」

P1040120今回2011/3/18~3/21沖縄で取得したPADI「アドバンスド・オープン・ウォータ」
おまけのショットを公開

0.巻頭ph:慶良間のボート3ダイブ目
選択科目:「アンダーウォーター・フォトグラフィー」
幻想的な海の藍ショット
*私、こういうの好きです。でも全然まだまだ力不足です

1.今回はこのボートで慶良間へ出発Photo_2

2.「青の洞窟」入り口:Photo

恐怖の100段!20kg以上の機材を背負ってここを上り下りしないと、あの幻想的な「青の世界」を体験出来ません。体力勝負ですから、午前中の1本目を是非お薦めします。

3.おまけのおまけ:
上杉の脱藩侍 慶良間のボートのうえに見参!
Photo_3

*力不足:
まだまだ沢山の写真はあるのですが、海の中の写真は如何せん技術不足でお見せできる代物でないことが解りました。次回のGW沖縄、頑張って撮影してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

「沖縄でアドバンスno.2  クジラ」

Photo_4ボートで「慶良間(ケラマ)」へ行く途中でした。
ボートの中が、ざわざわし始めて、何事?と思ったら
「クジラ!」
「おーっぅ!」
ってなことで、20分くらい一緒に。
「ダイビングでクジラ遭遇」とは、ラッキーなようです。

Photo_5
と、いうか、私、
あまり魚?には興味が無いので、人々が感動するほど感動はしない。
それより、私、水中の綺麗な「蒼」を観て、中で感動していたい。

ここの階段を上り下りして「青の洞窟」へPhoto_6
「行きはよい良い、帰りは恐い」、
重い機材背負っての登りは流石にキツイ!魔の100段?

しかし、この「蒼色」
感動します!

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「沖縄ダイビング ”アドバンス”GE―T!」

Photo


2011/ 3/18

(金)~ 21(月)
3
4日で、沖縄は北谷でダイビング

JAL925 羽田16:0018:50那覇着(\19,400
JAL900 那覇  8:1510:30羽田着(\22,400)
 
あの、3.11の地震の1週間後でしたが、
周りの自粛ムードをヒシヒシと感じながらの「訪沖」。
でも、空港は三連休前とあって、ちゃんと賑わっていました。

また、寒い東京とは異なり、沖縄はブーゲンビリア&ハイビスカスの咲く初夏
気温22℃、水温21℃
「やっぱり、沖縄はいいなー!」

さて、今回の目的は、
昨年11月に取得したPADI「オープン・ウォーター・ダイバー」の次の、
PADI
「アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」ライセンス取得。

Photo_2

ここまで持っていれば、世界のどこの海へでもGO!GO!
もーあとは、経験本数のみ。これからは、行きたい海に行きます!
と、言いながらも、費用と有休日数の拘束はありますが・・・・Photo_3

「アドバンス」取得内容は、
必修2+選択3=計5科目(学科&海洋実習5ダイブ)。
私は以下の科目を取りました。
■必修:
1)アンダーウォーター・ナビゲーション
2)ディープ・ダイビング
■選択:
3)ボート・ダイビング
4)ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー
5)アンダーウォ-ター・フォトグラフィー
で、
必死の追い込み勉強の甲斐あって、どうにか取得!

1)は、方向音痴の私ですが、見事に、元の場所に戻れました。
2)は、流石に30m潜ると頭の回転が鈍ることを経験しました。が、その静寂の世界は好きです。
3)のボートは、2月にグアムで経験した為、余裕。
4)は、巻頭写真の通り。まだまだ、課題でもあります。
5)は、難しい。「好きこそ物の上手なれ」で、何事も経験、嵌る予感はしました。
あの「青の洞窟」は、きれいに撮りたいものです。

さて、さて、今回取得の金額ですが、
講習費(40,000)+申請料(3,675)+クラブハウス宿泊(4,000*3)+ボート乗船(6,300)+カメラレンタル(2,100)+飛行機往復=ざっくり10万円

でも、
この時期の沖縄はそれほど人も多くなく、ゆったり出来ます。
また、クジラもマジかで遭遇し、念願の慶良間(ケラマ)も潜れたし。満足満足

とりあえず、まずはここまで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

コトバも 無し!

Dscn0264

なんと!情けな・・・・・

見ての、とおり、

言葉がない

本屋さんで「上・下」巻を購入し、
カバーをかけて貰って、
上巻を読んで、
次に、下巻を読んで、
読み終わって、カバーを取ったら、

あーら不思議、

「別の本」でした!

情けないやら、

あきれちゃうやら。

読み終わって、並べてみるまで全く気がつかなかった。

呆れた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »