« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

「老いの才覚 曽野綾子著」

Photo

今一番売れている本であり、
ここ最近、
「老いに向かい、人生をいかに楽しく生きるか」に興味があるので、
早速購入し、即、一日で読んだ。

■結論:
面白かった!
私、こういう考え方、大好きです。
万人に是非とも薦めたい本です!

1
冊で、7箇所、折を入れた場所がありますのでご紹介を。

1.「くれない族」は老化の始り:
・・・してくれない?連れてってくれない?買ってきてくれない?
 *アホんだら!馬鹿か!自分でやれ!年齢問わずこういう人任せなヤツは大嫌い!

2.「どうして豊かさを感じられないのだろう?」
→貧しさを知らないから豊かさがわからないのです。
*納得!

3.昔の老人には「遠慮」という美しい言葉がありました。
*確かになくなりましたね「遠慮」、日本独特の文化なのに・・。遠慮深い人って謙虚で良いですよね?何時からだろう、こういう人がいなくなったのは・・・

4.「自分の財産というのは、深く関わった体験の量だと思っています」
→いい年寄りはその量が多い。
*それがしも、そうありたい!

5.「人は、その時その時の運命を受け入れる以外に生きる方法がありません」
→だから、その時々、その人なりに出来ることをやればいいのだと思います。
*確かに!

6.「分相応」を知るということは、長く生きてきた者の知恵のひとつだと思います。
*確かに!私、「分相応」って大好きな言葉です。

7.「小金のある小市民」
→そこそこの生活が出来きて、今日はうなぎを食べたい、ちょっと温泉旅行などそれが叶うくらいの程度が最高です。
*あれ?それがしのこと????そうかそうか、このくらいが最高なのね?

8.最後3ページのブラジル人の詩
「神われらと共に」(浜辺の足跡)
これはクリスチャンには知れた詩ですが、何度読んでも良い詩です。



2010/9/20
初版
2011/4/5 21

KKベストセラーズ 新書¥762



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

なんてったって、サラリーマン

今、

5月25日

日にちが変わったばかり。

昨日給料明細を貰った。

今、何とはなしに確認したら

出勤日が15日だった。

そう、GWがあったからだ。

しかし、

給料は通常の金額が入金。

あー、サラリーマンは

やっぱりいいなー

我慢、我慢、

我慢がお金を生むんだなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

「2011GW 沖縄deダイビング!no.3 海中写真」

Kumanomi2011051今回カメラをレンタルし撮影しました。
しかし、なかなかうまく撮れませんweep

「アドバンス」取得の際の1つで、
「アンダー・ウオーター・フォトグラフィー」を選びましたが、
いざ実際にやってみると
陸上での写真と異なりその難しさが解りますpunchannoy

Taigun1

今後はいろいろな雑誌、写真をそういう目で見て勉強し、
自分の撮りたい写真が撮れる様に

なろうと思う今日この頃sweat01

海の中では、「撮りたい!」と思うシーンと沢山遭遇します。
そういう意味で、向上心を駆り立てられますねcoldsweats01

しかし、撮った写真を改めて見ると、
悔しさ一杯で、情けないhappy02

Photo_3

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

「2011GW 沖縄ダイビング!no.2 林賢バンド」

Photo_6

やっぱり、訪沖で「林賢バンド」は外せない!

と、言うことで2011/5/4
いざ、「カラハーイ」の林賢バンドコンサートへ

Photo_7

今回は、GW後半に大阪、東京公演が続くので、
構成が今までとガラリと変わっていましたね。
今回の方がノリが良い!
Photo_8また、大きなホール公演前ということで、
メンバーも気合が入っていたのでしょうか??
満足満足!
やはり、地元、沖縄で林賢バンドを生で聴くのは最高!

Photo_5相変わらず、
カオルさんのパフォーマンスは観ていて気持ちがイイ。
また、ドラムのしゅんすけ君、
急に身長が伸びましたね?
顔もシャープになってきたし。先々楽しみです。


Photo_9

Photo_10 【アメリカン・ビレッジもどんどん拡大中!】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2011GW 沖縄deダイビング!no.1」

PhotoGW34日で沖縄&慶良間ダイビング。
沖縄の梅雨は、例年GW明け。しかし、
今年は、GW前に「梅雨入り宣言」
しかし実態は、本土の梅雨とは違って、
どんより曇り空と小雨、時たま日が射すなど
天気予報の「雨」とは異なりました。
さて、その中でのFUNダイビング。

Photo_2【座間味島の蒼】


■日程詳細
5/3() ANA 135 羽田15:25 - 18:00 那覇
5/6() ANA 128 那覇14:35 - 16:55 羽田

・天気:小雨&曇り(5/45/5
・ダイブショップ:サニーズ(北谷)
5/4:1)砂辺no.1
    2)砂辺no.1
5/5:3)渡嘉敷島:アリガー南
   4)座間味島:ドラゴンレディー
   5)座間味島:唐馬(とうま)

       

【座間味の海のUP】Up_3

Photo_4

さてさて、

やはりダイビングは本数を重ねることが大事であることを実感。
昨年11月、本年2月、3月、そしてこのGWと、続けて潜ることで精神的には余裕。
また、本数を重ねる毎に自分の成長と課題を実感。
この「成長期」が多分一番楽しい時期なのでしょう。

しかし、もっともっと上手くなりたいなー

【慶良間へGO!】

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

2011年 藤沢周平映画 「小川の辺」

Yaminoana「闇の穴」 藤沢周平著

2011
年7月2日 藤沢作品「小川の辺」映画公開ということで、
改めてこの小説を読み直してみた。
原作は、新潮文庫「闇の穴」に収録短篇7編の中の1篇。

■「小川の辺(あたり)」

「藩のために」と上申したにも関わらず、逆に藩主批判と取られ、
謹慎後、脱藩した腕の立つ義理の弟とその妻。

その妻は、自分の妹である。

討手が病となり帰ってきたことで、自分にその役目が回ってきた。


下命を辞退しては家に影響が及ぶ。
何の罪もない義理の弟を斬らねばならないのか?

妹は小さい時から剣士として育てられ、気が強い。
ただでは済まないことは見えている。

義弟を仕留め、その後、妹をも斬らねばならぬのか・・・・。
そして、その妹を子供の時から慕っている先代からの奉公人の若党の息子が同道。

武士の世界の悲哀。
良い者が悪とされ、間違っっても従わざるをえない上・下の世界
この時代、何処に嘆きを吐きだせば良いのか・・・
矛盾した世の中に、人々は何に救いを求めるのか・・・・

たった38ページの短篇を映画にすると言う。
さて、どこまでこの行間を表現できるのか、
楽しみである。

     「小川の辺」38
この作品は著者49歳の作品。
昭和
51(1976)、小説新潮5月号に掲載。

   この丁度2年前にサラリーマンを辞め、作家に専念。

   この年、練馬区大泉学園に引っ越しています。
この頃は精力的に次々と作品を仕上げていました。
同年の著書で私が好きな作品は、

  「雪明かり」 「かどわかし」 「長門守の陰謀」 「用心棒日月抄」。

■新潮文庫 ¥438
昭和60 925日発行
平成18113039

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年7月 »