« 「沖縄でアドバンスGET no.3 おまけのショット」 | トップページ | 「2011GW 沖縄deダイビング!no.1」 »

2011年5月 3日 (火)

2011年 藤沢周平映画 「小川の辺」

Yaminoana「闇の穴」 藤沢周平著

2011
年7月2日 藤沢作品「小川の辺」映画公開ということで、
改めてこの小説を読み直してみた。
原作は、新潮文庫「闇の穴」に収録短篇7編の中の1篇。

■「小川の辺(あたり)」

「藩のために」と上申したにも関わらず、逆に藩主批判と取られ、
謹慎後、脱藩した腕の立つ義理の弟とその妻。

その妻は、自分の妹である。

討手が病となり帰ってきたことで、自分にその役目が回ってきた。


下命を辞退しては家に影響が及ぶ。
何の罪もない義理の弟を斬らねばならないのか?

妹は小さい時から剣士として育てられ、気が強い。
ただでは済まないことは見えている。

義弟を仕留め、その後、妹をも斬らねばならぬのか・・・・。
そして、その妹を子供の時から慕っている先代からの奉公人の若党の息子が同道。

武士の世界の悲哀。
良い者が悪とされ、間違っっても従わざるをえない上・下の世界
この時代、何処に嘆きを吐きだせば良いのか・・・
矛盾した世の中に、人々は何に救いを求めるのか・・・・

たった38ページの短篇を映画にすると言う。
さて、どこまでこの行間を表現できるのか、
楽しみである。

     「小川の辺」38
この作品は著者49歳の作品。
昭和
51(1976)、小説新潮5月号に掲載。

   この丁度2年前にサラリーマンを辞め、作家に専念。

   この年、練馬区大泉学園に引っ越しています。
この頃は精力的に次々と作品を仕上げていました。
同年の著書で私が好きな作品は、

  「雪明かり」 「かどわかし」 「長門守の陰謀」 「用心棒日月抄」。

■新潮文庫 ¥438
昭和60 925日発行
平成18113039

|

« 「沖縄でアドバンスGET no.3 おまけのショット」 | トップページ | 「2011GW 沖縄deダイビング!no.1」 »

藤沢周平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/51562579

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 藤沢周平映画 「小川の辺」:

« 「沖縄でアドバンスGET no.3 おまけのショット」 | トップページ | 「2011GW 沖縄deダイビング!no.1」 »