« 「一命 滝口康彦著」 | トップページ | 「パラ・パラ・パラオdeダイビング1」 »

2011年9月25日 (日)

「真夏の島に咲く花は 垣根涼介著」

Photo本読みにとって、
自分好みの新しい作家を捜すのは、
なんとも困難極まりない。

が、
これが、「当る」とこれほど心地いいものはない。
が、逆も当然の事ながらある。
そういう、2著者である。

先ずは、
これから楽しみが増えた著者
「真夏の島に咲く花は」
読む本がなく、本屋をぐるぐる回っていたら、
一発で目に止まったこの表紙。
如何にもそれがしに「買ってくれ!」と言わんばかりのもの。
著者プロフィールをみる。
山本周五郎賞受賞、とある。
「間違いはないな」と、ご購入。

南の島「パラオ」に向かうには丁度良い内容で、最後はパラオで読み終えた。
本の内容はフィージーを舞台にしているが、パラオの風景とダブル。
心地よい内容であった。
登場人物:現地人の「チョネ」、
それがしも、彼のように自然でいられるだろうか?
また、結末、良昭の行動、判断は、
最後として心地よい。

講談社文庫 743円
2010/2/13
第1刷
*読み終え後、次作「君たちに明日はない」を購入したのは、言うまでもない。、

さて、
逆のパターン
「濤(なみ)の彼方 妻はくノ一10」風野真知雄著
角川文庫 514
平成238月25日 初版

この著者は、著書も多く、前々から気になっていた。
で、試しに購入し読んでみた。

「かなりのハズレ」であった。
がっかりはするが、
まー、これもまた勉強。
「シリーズ累計100万部突破」の帯を疑う。
自分の興味の有る「未読著者」の中の一人が削除された。

51ysztp3l__bo2204203200_pisitbstick

|

« 「一命 滝口康彦著」 | トップページ | 「パラ・パラ・パラオdeダイビング1」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

lisaさん
こんばんは

そう、この表紙
一目みて買っちゃいました。

確かに、この写真だけで癒されます。
それがしも、こういう写真を撮りたいのですが、
なかなか思うように簡単には撮れないのです。

写真は難しいcoldsweats02

投稿: rock-c | 2011年9月27日 (火) 01時59分

表紙を見ているだけで癒されますね。
最近、なかなか装幀が良い本に出会えていません。
こんな本なら、ぱっと手に取りたくなりますね。

投稿: Lisa | 2011年9月25日 (日) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/512989/52827898

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏の島に咲く花は 垣根涼介著」:

« 「一命 滝口康彦著」 | トップページ | 「パラ・パラ・パラオdeダイビング1」 »