« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月23日 (水)

「グアムdeダイビング myお土産 ダイバー・キティ」

003

ここにも居たか?!eye



キティちゃん!happy01


GUAMSAIPAN ダイバー」バージョンpisces

ダイバーで、



キティerなら

買わない訳はない!bleah

004

ABCストアーにて$8.49

かなり嬉しいflair



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

「グアムdeダイビング myお土産 その1」

ずーと封印していた、
「時計好き」coldsweats01

Photo
これを見た瞬間、
封印が、一気に解かれたlovely

なんとっ!

名前が

「ドリーム・ホワイト」snow
Up

遊び時計ですが、
すっかり、仕事にもしていっている今日この頃bleah

この時計をする人は
そうそういないでしょう、
多分

Swatch

記念?の11本目。
なんとも、嬉しいhappy01 

ちょっと、火が再点火しそうで
おそろしくもあるcoldsweats02


商品の詳細

DREAM WHITE

ブランド:

SWATCH(スウォッチ)

製品型番:

YCS511G

型番:

YCS511G

風防素材

アクリル強化ガラス

表示タイプ

多針アナログ表示, クロノグラフ, アナログ表示

バンド留金タイプ

三つ折れ

ケース素材

アルミ

ケース直径・幅:

39 mm

ケース厚:

13 mm

バンド素材・タイプ

ステンレススチール

バンド長

メンズ

バンド幅

20 mm

バンドカラー

ホワイト

カレンダー機能

日付表示

本体重量

215 g

クオーツ

防水性能

99 feet

メーカー保証

メーカー保証2


・ケースサイズ:45.6×12mm
・防 水   :日常生活防水性
・腕周りサイズ:最大20.5cm
・スイス製
ASIN: B001BZGA8Y
発売日: 2008/8/8

商品の説明

26個の透明クリスタルをちりばめ、彫刻を施したベゼルとポリッシュ仕上げのスチールケースにポリッシュステンレスとホワイトセラミックのブレスレットをアレンジ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

「11月 グアムdeダイビング1」

002潜って来ました!
今年二回目のグアム、

今回の日程はこんな感じ。
2011/11/2(
)11/6() 45
■コンチネンタル航空
 11/2日 成田20:5501:25グアム
 11/6日 グアム7:009:30成田
遅い便で行って、朝早い便で帰ってくる!
今回はかなり時間を有効に使いました。

     宿泊先:
ウエスティンリゾートホテルhttp://www.westin-guam.com/
前回泊の「ハイアットリージェンシー」より、このホテルの方が良かった。
ハイアットは部屋が広いのですが、諸々の設備や施設がいまいちでしたから。
003

     

ダイブ・ショップ:
ジェントリー・ブルー
http://www.gentlyblue.com/
前回利用し様子が解るので、今回はまったく問題なし、安心でした。
ただ、今回失敗したのが追加の3本目ダイブの予約。
最初からハヤブサによるボートダイブ3本で予約すべきでした。
グアムは基本が2本潜りだから、帰ってきて、食事して、ログつけて、そこから追加でビーチからの3本目だと、時間がもったいない。最初から3本の方が落ち着けます。
次回は、その様に是非予約したいと考えました。

001

ダイブポイント:


「初日」:気温32℃、水温:29℃
  1)ブルーホール:max36m。この地形ポイント、最高!
  2)バラクーダロック:いまいちピンとこなかった
  3)ピティーボムホール:ビーチからのエントリー、透明度が悪くいまいち。
「2日目」:気温33℃、水温:29℃/ドリフト・ダイブ
  1)シャークスピット:戦争時のゴミ投下場所
  2)ギャブギャブ2:いまいち記憶にない。
*2日めは、ポイント移動中に釣れた大きなサワラ?(70~80cm)を船上で捌いて食しました。流石に鮮度が良く、美味しかった。
*2日とも天気がよく、最高に気持の良いダイブでした。
 しかし、グアムのダイブは毎回天候に恵まれ、最高だなー。満足満足。
 次回は、ハヤブサ乗船3本ダイブだ!

004
そうだ、
初日の1本目、Max39.2mと、ブルーホールのあまりの美しさに、最後エアーがなくなり、予備空気源(オクトパス)をインストラクターにお借りしました。ヤバヤバ・・
気をつけないと! 教訓、教訓・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

「パラ・パラ・パラオ 恐怖のオシッコtime編」

Shop_2大変お世話になった 大事なshop紹介を忘れていました。
今回のshopは、
「アクア・マジック」www.aquamagicpalau.com

このshopは、某が毎月購入している「月間ダイバー」で、
パラオ特集といえば毎回このshopが使われ、スタッフが親切そうだったから。

で、実際は・・・、
やはり大正解!

shop
の目の前からボートが出ます、先ずは便利。
但し、大変だったのが、そのボート。
初日は天気が悪く、途中から大雨。
実はこのボート、両サイドに風除けがありません。
モロにその雨風を全身に受け、超寒っ!

それでなくても超寒がりの上杉侍の某、
バスタオルに包まり、必死に耐え忍ぶ。
よくよくみると、パラオのボートは皆、風除けがない??
ウインドブレーカは、必需品です。必ず持参しましょう。

Shop

更に、更に、
このボート、
トイレがありません!
海の中でのオシッコタイムは、かなり安易に考えていました。
大海原での一時はさぞや気持がいいのかと思っていたら、大間違い!
2
回挑戦して2回とも駄目。
これには経験と慣れが必要なようです。

要するに、足が大地についておらず、海中に浮いたままでオシッコをするので、踏ん張りが利かない。
また、ウエットスーツで身体が圧迫され、更に海水の圧力もあるため、オシッコが出ないのである。
これには、私泣きました。

0

男女皆が皆、海に飛び込みオシッコをするのですが、
それがし、海の中で全くオシッコが出ない。
仕方なく諦めボートに戻るが、また海中へ。しかし、駄目。
もうここは我慢するしかなく、パラオのポイントからshopまで1h。
しかも、ボートの上は寒く、段々下腹は膨れてくるし、気分は悪くなるは、高速で揺れるし、
後はもう、現実を忘れて眠るか、神様に祈るか・・・・・

そうこうして、島が見えてき、shopが見えてき、上陸して、即効誰より一番でトイレに駆け込んだのは言うまでもない。

たかがオシッコ、ここまで死ぬ思いをしたのはこの歳になって初めて。
しかし、人間の体とは不思議なもの、また、自然は雄大であり、厳しいものだ。
でも、「海の中で圧迫されてオシッコが出ない」とは、
誰がそんなことを想像できる?
実に不思議な体験であり、教訓でもあった。

そうだ、大事な点!
1)アクア・マジックさんは大変親切で至れり尽くせりです。
Setting
もタンク換えも全てやっていただけます。海から上がって、疲れた後のタンク換えは大変ですから、助かります。また、安心です。

2)2日間とも、夜の食事は街に繰り出しshopの方々とダイバーで楽しく食べました。
パラオはそれほど開けた観光地ではない為、お店探しは大変です、その点、大変助かり、楽しく食事が出来ました。感謝感謝!

また、アクア・マジックさんにお世話になります。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

「水中カメラset ご購入!」

Photo

パラオから帰国後、
その、あまりにも情けない写真群に、
悔しくて、
情けなくて、
即、
MY
水中カメラをご購入。
予算はハウジング込みのSETで¥60,000でしたが、
やはり、良い物は良い。
見ると欲しくなって、その上のクラスをご購入!coldsweats01

腕がなく、更に機械音痴のそれがしsad
カメラの性能に頼らざるを得ないweep

しかし、
取引交渉ごとはしっかりしていますから、
グリップ(¥18,900)やコイル(¥3,000?)、メモリー(¥?)はしっかりサービスgood
*実践で、グリップ&コイルは非常に助かり、楽に潜って撮影することが出来ました。特に、コイルは必需品です。

Photo_3

■オリンパスXZ-1
2011年2月発売
http://olympus-imaging.jp/product/compact/xz1/index.html

■ハウジングPT-050(オリンパスXZ-1用防水プロテクター)

http://olympus-imaging.jp/product/compact/accessory/underwater/pt050/index.html

発売日:2011年2月18日

Photo_5

ATグリップ【Athena 】 DX-1G/2G用【Type2】

mic21オリジナル SEA&SEA DX-1G/2G専用のATグリップです。オリンパスの防水プロテクターPT-048にも使用可能。適度な重量があり、水中でも握りやすく、フィット感抜群のグリップ。

0612037066

LR-1300 ステンレススナッピーコイル
BCDに装着するためのツール

*カメラ仕様:
F1.8-2.5の大口径レンズと1/1.63型高感度CCDで一眼に迫る高画質と高級感をコンパクトに凝縮した「OLYMPUS XZ-1 
メーカー型番 : XZ-1
CCD : 1/1.63
 高感度CCD、カメラ部有効画素数1000万画素
 
レンズ構成 : 811枚(非球面レンズ6枚) 
焦点距離 : 6-24mm35mm判換算 : 28~112mm)、ズーム倍率 光学ズーム4 デジタルズーム(静止画)4 
開放F : ワイド端F1.8-テレ端F2.5
撮影範囲(レンズ先端より) : 通常 : 60cm-無限大、マクロ : ワイド10cm-無限大、 テレ : 30cm-無限大、スーパーマクロ : 1cm-60cm(ワイド端固定)
 
静止画記録画像形式 : RAW12bit ロスレス圧縮)3648×2736JPEG3648×2736~640×480JPEGRAW
動画記録方式 : AVI Motion JPEG 30fps)※一部のアートフィルターを除く、記録画素数 HD : 1280×720 アスペクト16 : 9 SD : 640×480 アスペクト4 : 3VGA)、最長記録時間 HD7 SD14 ※一部のアートフィルターを除く

音声録音 : 音声記録方式 WAVEフォーマット準拠 ステレオリニアPCM/16bit サンプリング周波数44.1kHz、最長記録時間 静止画 : 最長30 動画 : 撮影時間に応じる
記録媒体 : 内蔵メモリー(ユーザー使用領域)約54MB、対応記録メディア SDメモリーカード(SDHC/SDXC対応)
ディスプレイ : 3.0型有機ELディスプレイ 61万画素 
手ぶれ補正 : DUAL ISCCDシフト式手ぶれ補正と高感度の併用)※動画時は電子手ぶれ補正となります
AF
方式 : CCDコントラスト検出方式、フォーカスモード シングルAF/マニュアルフォーカス(MF/マクロ/スーパーマクロ/追尾AFAFイルミネーター有
測光方式 : 324分割デジタルESP測光、中央部重点平均測光、スポット測光 
ISO
感度(標準出力感度) : 静止画 オートISO100-800/マニュアルISO100-6400 動画 ISO200-1600
シャッター速度 : 60-1/2000秒、バルブ最長16
 
電源 : 電池 LI-50BACアダプター F-3AC(別売)
撮影可能枚数 : CIPA準拠) 320
 
サイズ 110.6×64.8×42.3mmCIPA準拠 幅×高さ×奥行き 突起部含まず) 
同梱品 : リチウムイオン充電池(LI-50B)、本体内充電用ACアダプター(F-2AC)、USB/ビデオマルチケーブル、ショルダーストラップ、レンズキャップ、ソフトウェアCD-ROM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

「パラ・パラ・パラオdeダイビング2写真2」

更に、下手くそ写真を追加。
雰囲気だけでも伝われば・・・・・と

【ブルーコーナー】:岩場にしがみ付いて崖下を見下ろし、魚の大群を観察。
ナポレオンとダイバー(ナポレオンの大きさが解りますね)

Photo_5

ナポレオンのUP。これはちょっと迫力がありました。
*因みにこれは、upと言えどもupで撮っていません。彼が目の前を通ったところを撮影。

Up

サメと、ナポレオンと、ダイバー(なかなかいいタイミングの3ショット)Photo_6

バラクーダの大群(よく見えませんね!?)
*私、魚には興味が無いのですが、こういう大群は珍しいので「撮れ!」とインストラクターに催促されて、いやいやながら?に撮ったショット。
確かに、この群れは、すごいことは凄かった!

Photo_7

しかし、
パラオまで行って、この程度の写真。
海の蒼さがまったく出ていないので、帰宅して、撮ったものを見てがっくり!!!
これが、レンタルカメラの悲しいところ。
使い方が解らないまま、その場で撮影ですから。
まして、機械大音痴のそれがし、ここまでが「限界」weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パラ・パラ・パラオdeダイビング2写真」

記録として、
悔しさ一杯の、下手くそ写真を公開しましょう。

【ブルーホール】
ブルーホールを潜行し始めたところで、上部を撮影。
入り口にサメが見えます。

Photo_2

ブルーホールを潜行しているダイバー達を撮影
*この大きさだとなんだかよく解りませんね。

Bh

ブルーホールの底から上空?を撮影
*このショットは気に入っていますが、人物の入り方が中途半端。
連写すれば良い写真になったかも・・・・・

Photo_3

サメ・サメ・サメPhoto_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »